【警告!】育毛サロン・発毛サロンに“絶対”に通わない方が良い理由

育毛サロン発毛サロン増毛サロン

 

育毛剤を使用しているけど、全然薄毛が改善しないという人も多いと思います。

 

そして、そういった人たちが次に考える対策として多いのが『育毛サロン』や『発毛サロン』に通うことです。

 

しかし、ハッキリ言って育毛サロンや発毛サロンには絶対に通わないほうが良いです!

 

なぜなら、育毛サロンや発毛サロンで薄毛が改善する可能性は極めて0%に近いので、ただお金を搾り取られて終わってしまうからです。

 

なので、もし育毛剤を使っても薄毛の改善が見込めないからと言って、育毛サロンや発毛サロンに行こうか悩んでいるのであれば是非この記事参考にしてみてください。

育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンは無意味!

バツ02

 

 

恐らく、多くの人は薄毛を改善する場合、育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンに行く前に育毛剤やスカルプシャンプーを使用していると思います。

 

そして、育毛剤やスカルプシャンプーを使用して、あまり薄毛が改善できなかった為に、その次のステップとして育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンを考えるわけです。

 

しかし、ハッキリ言って育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンは無意味です。絶対に育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンに通わないほうが良いです。

 

なぜなら、科学的な根拠に基づいた診断や治療法を行うAGAクリニックとは違い、それぞれの業者が何の科学的根拠にも基づかない独自で開発した育毛剤やシャンプー、マッサージなどを高額で売りつけるだけのサービスだからです。

 

中には、AGAクリニックと育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンを同じようなモノとしてとらえているのですが、AGAクリニックと育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンは全く別物です。

育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンは床屋と変わらない

 

最近ではテレビCMなどでもAGAクリニックが宣伝されるようになった、薄毛を病院で治すことが出来るという認知度もかなり高まっています。

 

しかし、しの一方でAGAクリニックと育毛サロンや発毛サロン・増毛サロンがごっちゃんになって認識している人も多いです。

 

ですが、ハッキリ言ってAGAクリニックと育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンは天と地ほど離れた存在のモノです。

 

  • AGAクリニック・・・病院
  • 育毛サロン・・・ただのお店
  • 発毛サロン・・・ただのお店
  • 増毛サロン・・・ただのお店

 

AGAクリニックというのは、わかりやすく日本語に直すと男性型脱毛症の為の病院という意味になるので、いわゆる薄毛を病院で治すということになります。

 

一方で、育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンというのは、サロン=客間・広間などの意味となり、ヘアサロン(床屋)などお店と大して変わりません。

 

実際に、AGAクリニックには医師が在籍し、科学的根拠に基づいた治療を行うのに対して、育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンは一切科学的根拠に基づかない独自の方法で育毛・発毛・増毛を行います。

 

つまり、育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンは一般人より少し髪の毛のことに詳しい床屋のおじさんがあなたにシャンプーや頭皮マッサージ、育毛剤を勧めているのとあまり変わりません。

育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンの怪しい実態

国民生活センター

 

育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンについて詳しく調べてもらうとわかるのですが、正直言って薄毛が改善したといっている人はほぼいません。

 

仮に、薄毛が改善したといっている人がいるのであれば、それはステマ以外の何物でもありません。

 

なぜなら、育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンはAGAクリニックとは違って、医学的根拠に基づいた薄毛改善に効果的な薄毛治療薬を処方することはできず、効果があるかどうかも分からない育毛剤やシャンプー、頭皮マッサージを永遠に繰り返すだけだからです。

 

その結果、抜けた髪の毛が改善するどころか、頭皮か傷つけられた薄毛が悪化したり、不当に高い料金を請求されたりする人も続出しています。

 

また、消費者の相談を受けている『国民消費者センター』にも、育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンに関する相談が数多く寄せられているのも事実です。

 

そして、国民生活センターは育毛サロン・脱毛サロン・発毛サロンに対して以下のような問題点を紹介しています。

問題点1:医学的根拠のない診断を行う

育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンなどスタッフは仮に白衣などを着ていたとしても、医師ではありません。

 

つまり、薄毛に関する医学的根拠に基づいた診断をすることが出来ません。

 

にもかかわらず、『○○脱毛症』などと診断し、消費者の不安を煽ることで自社サービスを契約させようとしているケースが多くみられます。

 

問題点2:不適切な勧誘を行う

現在発毛効果が認められている成分は医薬品成分であるミノキシジルに限られます。

 

つまり、それ以外の成分を使用しても発毛効果は期待できない為、法律によって『髪の毛が生える』や『もとの髪の毛にもどる』といった発毛効果があるかのように誤認させて勧誘することは違法です。

 

にもかかわらず、多くの育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンでは髪の毛が生えるかのように消費者を誘導して契約を結ばせることも多いです。

問題点3:高額な商品を購入させられる

育毛サロン・発毛サロン・脱毛サロンでは独自に開発した育毛剤を使用しているケースがほとんどです。

 

ただし、独自に開発しているといっても、それらのヘアケア商品の効果に医学的な根拠は一切ない点に注意しなければなりません。

 

にもかかわらず、サロンに訪れたお客さんに上手く宣伝して、一般的に販売されているヘアケア商品よりも高額な値段で商品を販売します。

 

勿論、一般的な商品よりも効果額ですが、効果はありません。

問題点4:長期契約を途中解約できない

育毛というのはAGAクリニックで治療を受けた場合でも効果が出るまでに数カ月は必要です。

 

それをいいことに、育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンは『薄毛への効果は短期間では効果を実感できない』などと説明して、長期契約を消費者に結ばせるのです。

 

しかし、いくら継続しても効果が出ないと変に思った消費者は契約の途中解約をしたい旨を伝えても、育毛剤などのヘアケア商品が既に納品済などといろいろな理由をつけた途中解約ができないようにしていることも多いです。

 

まとめ:育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンに通うぐらいなら何もしない方がマシ!

ここまで、育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンに通わない方が良い理由について解説してきました。

 

ここまで読んだあなたであれば理解してもらえていると思いますが、育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンに通ったところで、医学的根拠のない費用が高いだけの施術を行われて、一切効果の期待できないサロンの費用を払い続ける羽目になります。

 

なので、ハッキリ言って育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンに通うぐらいであれば、何もしない方がマシです。

 

ただし、中にはどうしても育毛剤などを使っても全然薄毛が改善されないのけど、何とかして薄毛を改善したいという人もいると思います。

 

そういう人は、育毛サロンや発毛サロンや増毛サロンではなく、AGAクリニックで薄毛治療をすることをおすすめします。

 

AGAクリニックというと、少しハードルが高いかもしれませんが、育毛サロンや発毛サロン、増毛サロンに通おうと思うぐらいであればそこまで抵抗はないと思います。

 

何より、AGAクリニックで治療を受ける場合には、医学的根拠に基づいた診断や治療を行って貰うことができるので、かなり高確率で薄毛を改善することが出来ます。

 

また、最近では病院に行かなくてもスマホで診察を行ってくれる遠隔診療というサービスも出てきているので、毎回クリニックに通うのは面倒という人にもお勧めです。

 

\月々3,400円~&遠隔診療対応/

AGAクリニックの詳細はこちら

コメントを残す