リデンを使って「効かない」とは言わせない!リデンの効果的な使い方

リデン効かない使い方

 

リデンの口コミを見ていると、『リデンを使って効果を実感することが出来た!』『リデンで薄毛が改善した』という良い口コミがある一方で、『リデンを使ったけど効かない!』『リデンは全然効果がなかった』という口コミをしている人がいるのも事実です。

 

なぜ同じ育毛剤を使用して真逆の口コミがされるのでしょうか?

 

育毛剤というのは製品の特性上、使用する人の薄毛の状態や体質、使用方法などによって効果が大きく変わってきます。

 

もちろん、リデンが全ての人に効果があるというわけではないのですが、リデンの口コミを見ていると『リデンを使ったけど効かない』といっている人の中には、正しい使い方でリデンを使用していない人がかなり多いと感じます。

 

正直いって、どれだけ良い育毛剤を使用したとしても、正しい使い方をしなければ効果が半減もしくはそれ以下になってしまうことも十分に考えられます。

 

そこで、この記事ではリデンを使って効かないと口コミしている人の特徴や、リデンの効果的な正しい使い方について詳しく解説していきます。

 

もし、あなたがリデンを使っていても『効かないと』と思っているのであれば、本当に正しい使い方が出来ているのかを確認してみてください。

リデンを使って効かないと言っている人の特徴

 

リデン

リデンにはリデンシルという育毛業界でも話題の新成分が配合されています。

 

このリデンシルは臨床試験データによると、18歳~70歳の男性被験者26人にリデンシルを84日間使用してもらったところ、全体の平均で26%の髪の毛が増加したという試験結果が出ています。

 

つまり、平均で26%の髪の毛が増加しているということは、リデンシルを使用した人のほとんどは育毛効果が実感できているということが言えます。

 

なので、リデンシルが配合されているリデンを使用しても効かないという場合には、以下に該当するケースが多いです。

  • リデンの使用期間が短い
  • かなり薄毛が進行している
  • 男性型脱毛症(AGA)ではない

 

上記はリデンを使っても『効かない』『効果なし』と口コミしている人の共通する特徴で、これらのどれか1つでも該当する場合にはリデンを使用しても効果を実感することが出来ません。

 

逆に、上記のどれにも該当しないのであれば、リデンを効果的な正しい使い方で使用することでリデンの育毛効果を実感することが出来ると思います。

リデンの使用期間が短い

リデンに限った話ではなく、育毛剤全般に共通して言えることは使用期間が短すぎると育毛効果を実感することが出来ないということです。

 

これは、髪の毛の成長がヘアサイクルと密接に関係していることからも分かります。

 

髪の毛というのは≪生える⇒成長する⇒抜ける⇒生える≫というサイクルを繰り返します。そして、このサイクルのことをヘアサイクルと呼びます。

 

このヘアサイクルには成長期・後退期・休止期の3つの期間が存在し、それぞれの期間で髪の毛の状態は変わります。

■成長期(3~6年)・・・髪の毛が生えて成長する期間。

■後退期(2週間)・・・髪の毛の成長が止まる期間。

■休止期(3~4ヶ月)・・・髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生える準備期間。

 

そして、育毛剤を使用した場合に、成長期の髪の毛に関しては育毛促進効果が期待できますが、後退期や休止期の髪の毛は育毛促進されたところで成長期に戻ることはありません。

 

つまり、育毛剤を使い始めた時に後退期や休止期にある髪の毛は、その後3~4カ月かけて髪の毛が抜けてから生えるという過程を迎えるので短期間では効果を実感できないというわけなのです。

 

育毛剤を使用する場合には最低でも3~6カ月は継続して使用する必要があると言われるのはこのためです。

かなり薄毛が進行している

リデンは医薬部外品の育毛剤なので、かなり育毛効果が緩やかです。

 

なので、頭皮がかなり見えてしまっている薄毛の人がリデンを使用したとしても、育毛効果を実感することが出来ない可能性が高いといえます。

 

なので、そういった人は医薬部外品よりも効果が来た出来る医薬品育毛剤を使うか、AGAクリニックで薄毛治療を受けることをお勧めします。

 

因みに、薄毛の改善が期待できる順番に並べると、AGAクリニックの治療⇒医薬品育毛剤⇒医薬部外品育毛剤となるのですが、副作用のリスクが高い順番に並べるとAGAクリニックの治療⇒医薬品育毛剤⇒医薬部外品育毛剤となります。

 

つまり、薄毛を改善する効果が高ければ高いほど、副作用のリスクも高くなり、育毛効果が緩やかであればある程、副作用のリスクも低くなるということです。

 

なので、かなり薄毛が進行している人は副作用のリスクがあってもAGAクリニックの薄毛治療や医薬品育毛剤を使用しなければ改善しませんし、逆に初期~中期の薄毛の人であれば副作用のリスクがない医薬部外品育毛剤で改善する可能性があるというわけです。

 

しかし、リデンを使用して効果がなかったといっている口コミの中には、明らかにAGAクリニックか医薬品育毛剤でなければ薄毛を改善することが出来ないほど薄毛が進行しているにも関わらず、リデンを使用しているので効果を実感できなかったという人が結構多いです。

男性型脱毛症(AGA)ではない

日本の成人男性がなる薄毛の大半は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる薄毛です。

 

この男性型脱毛症の最大の原因はテストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びついて生成されるジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉男性ホルモンが脱毛指令を発信することです。

 

そして、リデンにはこの男性ホルモンの働きを抑制する成分と、育毛・発毛促進する成分を配合し、男性ホルモンの原因を解消するために開発されています。

 

一方で、円形脱毛症やストレスによる急激な抜け毛の増加など、男性型脱毛症ではない薄毛にリデンを使用したとしても効果を実感することはできません。

 

なぜなら、円形脱毛症やストレスによる急激な抜け毛の増加は、男性型脱毛症の原因とは違うからです。

 

この点をしっかり理解せずに、リデンはどんな薄毛にも効果があると思い込んで使用している場合には、リデンを使用したとしても効かないのは当たり前です。

リデンの効果的な正しい使い方

リデン15

 

上記では、リデンを使用しても効果を実感することが出来なかったという人の特徴や共通点について解説してきました。

 

そして、もし上記のどれにもあなたが該当しないのに育毛効果を実感することが出来ていなにのだとすると、それはリデンの使い方が間違っている可能性が考えられます。

 

なので、以下で紹介するリデンを効果的な使い方でリデンを使用してみてください。

  1. シャンプー前の予洗いを行う
  2. シャンプーで頭皮の汚れを落とす
  3. シャワーでしっかりと洗い流す
  4. 髪の毛をしっかりと乾かす
  5. リデンを髪ではなく頭皮に塗布する
  6. 頭皮マッサージを行う
  7. 最低でも3~6カ月間毎日続ける

Step1:シャンプー前に予洗いを行う

シャワーで少し髪の毛を濡らしてからすぐにシャンプーをするのではなく、シャワーでしっかりと髪の毛や頭皮を3~5分程度予洗いする必要があります。

 

予洗いとは、シャンプーなどを使用せずにシャワーのお湯だけで髪の毛や頭皮を洗うことです。因みに、予洗いだけで髪や頭皮の汚れの8割は洗い流せるといわれています。

 

そして、この予洗いを行うことでシャンプーの泡立ちがよくなり、よりきめ細やかな泡が出来るので頭皮や毛穴の汚れをしっかりと洗い落とすことが出来るのです。

Step2:シャンプーで頭皮の汚れを落とす

予洗いでしっかりと髪や頭皮の汚れを落とした後は、シャンプーを行います。

 

シャンプーはいきなり頭皮につけるのではなく、手のひらで軽く伸ばして泡立ててから頭皮につけるようにします。

 

シャンプーをいきなり頭皮につけると、毛穴に詰まりやすくなってしまい、頭皮トラブルやリデンを使用した際に成分が頭皮に浸透されにくくなってしまいます。

 

そして、シャンプーで髪の毛を洗うときは指の腹で頭皮をマッサージして汚れを優しく押し出すイメージで洗っていきます。

 

頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので、くれぐれも爪を立てて、頭皮をゴシゴシ洗わないようにしてください。

Step3:シャワーでしっかりと洗い流す

実はシャンプーで一番大事なのがシャワーです。

 

ステップ1でも紹介したように、頭皮の汚れというのは基本的に予洗いで大半は洗い流せています。

 

ただし、ヘアワックスやヘアスプレーなどのスタイリング剤などは油なので、シャワーだけでは洗い流せないため、シャンプーでしっかりと洗う必要があります。

 

しかし、シャンプーもしっかりと洗い流せていなければ、毛穴に詰まったり頭皮トラブルの問題になるのですすぎ残しがないようにしっかりと5分程度かけて洗い流す必要があります。

 

個人的にはシャンプーの時間よりもすすぎの時間の方が長くてもいいぐらいだと思います。

Step4:髪の毛をしっかりと乾かす

洗髪後は髪の毛を乾かします。

 

男性の場合は女性とは違って髪の毛が短いので、ドライヤーなどで髪の毛を乾かさずに自然乾燥させる人も多いと思います。

 

しかし、頭皮に水分が多くあると、菌が繁殖しやすく頭皮環境的にはあまりよくありません。

 

また、頭皮に水分が残った状態でリデンを使用したとしても、リデンの成分があまり浸透しません。

 

なぜなら、頭皮に水分が多くある状態というのは、水を多く含んだスポンジと同じ状態で、それ以上水分を吸収しません。

 

なので、仮に髪の毛が短かったとしても、しっかりとタオルで頭皮や髪の毛の水分をふき取った後に、ドライヤーで乾かしてください。

Step5:リデンを髪ではなく頭皮に塗布する

いよいよここで、リデンを使用します。

 

リデンを使用する際にはスプレータイプだからと言って、髪の毛に吹きかけるのではなく、出来るだけ頭皮に吹きかけるようにしてください。

 

頭皮全体を育毛したいという理由から、頭全体に育毛剤をスプレーする人が言うのですが、頭全体に育毛剤を吹きかけたとしてもあまり意味はありません。

 

なぜなら、育毛剤というのは頭皮から浸透されるのであって、髪の毛から浸透されるわけではないからです。

 

花に水を上げるときに花びらに水は上げないですよね?

 

根っこの部分に水を上げなければ花が枯れてしまうのと同じで、育毛剤も髪の毛の根の部分頭皮や毛根部分にめがけて育毛剤を塗布する必要があります。

Step6:頭皮マッサージを行う

髪の毛は頭皮の血液によって栄養が運ばれます。つまり、頭皮の血流が悪ければ髪の毛に十分な栄養が行きわたりません。

 

勿論、リデンには頭皮の血行を促進する成分も配合されていますが、その成分の効果だけに頼るのではなく、しっかりと頭皮マッサージをすることで頭皮に結構を促進するようにしてください。

 

そして、頭皮マッサージを行う時も指の腹を使って、頭皮を優しくもみほぐすイメージでマッサージしてください。

 

因みに中には、ヘアブラシなどで頭皮をトントン叩いて頭皮の血行を促進すると、育毛に効果的だという間違った情報を信じている人がいますが、尖ったもので頭皮を叩いて刺激したとしても血行は促進されません。

 

むしろ、頭皮を傷つけて頭皮トラブルのもとになってしまうので、絶対にやめましょう!

Step7:これを最低でも3~6カ月間毎日続ける

そして、1~6までのステップを最低でも3~6カ月継続して行う必要があります。

 

育毛でもダイエットでもなんでもそうなのですが、継続しなければ一切効果がありません。

 

1~2か月育毛剤を使用しただけで薄毛が改善するのであれば、恐らく世の中には薄毛の人はほとんどいないと思います。

 

なぜなら、1~2か月ぐらいであれば誰でも続けられるからです。

 

題は3~6カ月間を面倒臭くても継続して行えるかです。

 

髪の毛のヘアサイクルから考えても、育毛効果が実感できるまでには3~4カ月かかることは明白です。

 

なので、その3~4カ月の効果が出ない期間にやめてしまっては元も子もありません。

 

リデンを購入するなら定期コースで購入するのがおすすめ

リデン

 

今回紹介したリデンの正しい使い方でリデンを使用することで、リデンを使用する多くの人が効果を実感することが出来ると思います。

 

しかし、リデンは育毛業界でも話題の新成分が配合されているので、他の育毛剤よりも価格が高いです。

 

なので、リデンを購入するのであれば単品購入ではなく、定期コースで購入することをおすすめします。

 

定期コースは4回目からしか解約できないという条件はあるのですが、通常価格よりも3,000円安い価格で購入出来る上に、永久返金保証制度も設けられています。

 

しかも、4回目以降の価格に関しては、更に1,000円安い8,900円で購入することが出来ます。

 

そもそも、リデンを購入して使ったとしても、最低3~4カ月は継続して使用しなければ育毛効果があるのかないのかを判断することは出来ません。

 

つまり、どっちにしても3~4本はリデンを購入しなければいけないのであれば、永久返金保証も利用出来て価格の安い定期コースで購入した方がお得なのは確実だと思います。

 

まとめ

リデンは臨床試験データがしっかりと示されている点では、他の何の根拠も示されていない医薬部外品育毛剤よりは効果が期待できるのは間違いないと思います。

 

ただし、リデンはあくまでも医薬部外品育毛剤なので緩やかな効果しか期待はできません。

 

なので、かなり薄毛が進行している人に関してはリデンを使用して『効かない!』という結果になる可能性が高いので、医薬品育毛剤かAGAクリニックで薄毛治療をすることをおすすめします。

 

そして、逆に薄毛の予防や初期~中期の薄毛の人に関しては、リデンは医薬部外品育毛剤の中で最も育毛効果が期待できる育毛剤だと思います。

 

\最大3,900円OFF&永久返金保証付き/

リデンを最安値で購入できる通販はこちら

 

 

コメントを残す