【男女年齢別】つむじが薄い原因と効果的な対策・改善策を徹底解説!

つむじ薄い

 

つむじというのはなかなか自分で確認することが出来ない場所なので、自分のつむじが薄くなってきているかどうかを判断することは難しいですよね?

 

中には、スマホで自分のつむじ部分を撮影したり、合わせ鏡で自分のつむじを確認した時に、

 

え?自分のつむじってこんなに薄いの?

 

とショックを受けたという人も多いと思います。

 

ただし、つむじが薄いといっても年代によってつむじの薄いという進行状況も違えば、男性女性によってもつむじの薄毛に効果的な対策・改善策にも違いがあります。

 

そこで、この記事ではつむじが薄いという基準や、つむじが薄くなる原因、男女年齢別の薄いつむじ対策や改善方法などを徹底的に解説していきます。

つむじが薄いか薄くないかの基準は?

最初にも少し話しましたが、つむじというのは自分で確認することが難しい場所なのでつむじの変化を自分で確認することはかなり難しいです。

 

それこそ、定期的につむじの写真を自分で撮影して変化の様子を比較しないと、つむじが本当に薄くなってきているのか判断のしようがありませんよね?

 

もしかしたら、もともとつむじが薄かったということも十分あります。

 

そこで、つむじが薄いのか薄くないのかの基準について通常のつむじと比較してみました。

普通のつむじ 薄いつむじ
髪の毛の太さ 周りとおなじ太さ 周りよりも細い
髪の毛のコシ コシがある コシがない
髪の長さ 周りと同じ長さ 周りより短い
頭皮 つむじ部分だけが見える つむじ部分の周辺まで見える

薄毛というのはいきなり髪の毛が抜けて生えなくなるわけではありません。

 

髪の毛というのは太く長く育っていた髪の毛が、いつしか細く短くしか育たなくなり、最終的に髪の毛が生えてこなくなるというように少しずつ段階を踏みながら薄くなっていくのです。

 

つまり、自分のつむじがもともと薄いのか、それとも薄くなってきているのかを判断する基準としては“つむじに生えている髪の毛と、その周辺の髪の毛を比較する”ことでわかります。

 

  • つむじの髪の毛が周りの髪の毛よりも細く、短く、コシがない⇒このような状態でつむじ周辺の頭皮が見えているようであればつむじが薄くなってきている可能性があります。
  • つむじの髪の毛が周りの髪の毛と同じ太さ、長さ、コシがある⇒この場合は仮につむじ周辺の頭皮がい見えていたとしても、もともとつむじが薄かった可能性が考えられます。ただし、だからといって油断は禁物です!

生まれつきもともとつむじが薄い人もいる

生まれつきオデコが広い人もいれば、オデコがかなり狭い人もいますよね?

 

それと同じで、生まれつきつむじが薄い人もいれば、つむじがの頭皮が全く見えないぐらいフサフサな人もいます。

 

なので、つむじが薄くて地肌が目立っているからといって一概につむじが薄くなってきているとは言えません。

 

もちろん、もともとはそこまでつむじの地肌が目立っていなかったのに、以前よりつむじが薄くなって地肌が目立ってきているのであれば薄くなってきているといえます。

 

ただ、昔のつむじの写真を持っている人は少ないの思うので、過去と現在のつむじの状況を比較して判断することが出来る人は少ないです。

 

なので、それよりは、薄毛のサインともいえる髪の毛の変化を基準にして、自分のつむじはもともと薄いのか、それとも薄くなってきているのかを判断することをお勧めします。

なぜつむじ周辺だけ薄くなる?つむじが薄い原因とは?

つむじ薄い

 

特に男性に多い薄毛の種類として生え際からの薄毛とつむじからの薄毛、両方からの薄毛が考えられます。

 

ただ、これらで注目すべきは、どれだけ髪の毛が薄い人でも生え際やつむじ以外の側頭部や後頭部の髪の毛は残っているケースが多いです。

 

勿論、中には側頭部や後頭部の髪の毛も抜けてしまっている人もいますが、大半の人は側頭部や後頭部が残っているます。

 

そこで、疑問思うのが、『なぜつむじ周辺だけ薄くなるのか?』ということだと思います。

 

これは、つむじ周辺に5αリダクターゼという酵素が沢山存在することが原因です。

 

男性の薄毛というのは大半の人が男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる薄毛なのですが、この男性型脱毛症は体内にあるテストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が脱毛指令を発信することで起こります。

 

つまり、側頭部や後頭部には5αリダクターゼがあまり存在しないので、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されず、髪の毛が抜けずに成長し続けるというわけなのです。

 

因みに、この5αリダクターゼというのはつむじの他に生え際や前頭部などにも多く存在するので、男性型脱毛症の人は生え際・つむじから薄毛が進行する人が多いというわけなのです。

10代の高校生や20代大学生でもつむじが薄くなる可能性がある

つむじ薄い

 

上記ではつむじが薄くなるのは、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼが結合することで生成されるテストステロンが原因だといいました。

 

つまり、体内にジヒドロテストステロンが生成されるようになると、薄毛が進行してつむじが薄くなる可能性があるというわけです。

 

そして、このジヒドロテストステロンというのは10代の高校性や20代の大学生ぐらいから体内で生成され始めるのです。

 

というのも、実は髭やすね毛、胸毛、ワキ毛などの成人男性に近づくにつれて生えてくる体毛というのはこのジヒドロテストステロンが発毛指令を出すことで生ているのです。

 

ここで疑問思った人も多いと思います。

 

頭皮ではジヒドロテストステロンが脱毛指令を出して、体毛ではジヒドロテストステロンが発毛指令を出しているというのは矛盾していますよね?

 

実は頭皮に存在する5αリダクターゼと体毛が生える部分に存在する5αリダクターゼには違った種類の酵素なので、作用が異なるというわけなのです。

 

実際に体毛と髪の毛では毛質が違うことからも分かるように、同じ毛と言っても生成のされ方が少し違うわけです。

 

そして、髭やすね毛、体毛なのが濃くなるのは年齢差はあるものの大体10代後半の高校生から20代前半の大学生ぐらいですよね?

 

つまり、体にジヒドロテストステロンが生成され始める為に、10代後半の高校生から20代前半の大学生でもつむじが薄くなる可能性があるというわけなのです。

女性のつむじが薄い原因は2つある

つむじ薄い

 

最近では女性の中にも薄毛を気にしている人がかなりふえてきましたが、女性のつむじが薄くなる原因は2つあります。

 

それは、びまん性脱毛症と女性男性型脱毛症です。

 

びまん性脱毛症とは更年期前ころから女性ホルモンのバランスが崩れ髪の毛全体が薄くなったり、髪の分け目がうすくなったりする薄毛のことです。

 

一方で、女性男性型脱毛症というのは、男性ホルモンの影響で男性型脱毛症と同じく女性が薄毛になってしまう薄毛のことを言います。

 

びまん性脱毛症に関しては男性の薄毛とは違い、あくまでも全体的に薄くなるのにたいして、女性男性型脱毛症に関しては男性と同じくつむじや生え際などの部分的に薄くなるという傾向があります。

 

因みに、女性にも男性ホルモンが存在しますし、男性にも女性ホルモンが存在するので、女性が男性型脱毛症になることは全然おかしくありません。

 

むしり、最近では女性男性型脱毛症の女性も増えて生きているのが現状です。

 

なので、女性がつむじの薄毛を治すにはびまん性脱毛症なのか、女性男性型脱毛症なのかで少し対策や改善方法が変わってきます。

男女年齢別の薄いつむじの効果的な対策・改善方法

それではここからは、実際に薄いつむじをどのように改善・対策していけばいいのかという具体的な方法を男女別・年齢別で解説していきます。

【男性編】薄いつむじの効果的な対策・改善方法

10代~20代男性

チャップアップ

10代から20代男性のつむじが薄いというのは薄毛が進行しているというよりは、将来的につむじが薄くなる予備軍であることが多いです。

 

なので、出来るだけ早い段階で育毛剤をつむじ部分だけでも使用しておくことをお勧めします。

 

因みに、薄毛対策というと、スカルプシャンプーと考える人がいるのですが、スカルプシャンプーには一切育毛効果はないので無意味です。

 

また、薄毛というのはケアが早ければ早いほど効果が期待できるので、もし将来つむじが薄くなるのを予防したいという場合には出来るだけ早く使用したほうが良です。

 

中でも、チャップアップという育毛剤は副作用がない上に、育毛の専門医が推奨している育毛剤で、効果に満足できなかった人の為に全額返金保証制度も設けているの試してみる価値はあると思います。

 

詳細はこちらをクリック

 

30代~40代男性

スカルプDメディカルミノキ5

 

30代から40代の男性になると薄毛も少しずつ進行してきているので、予防というよりは改善をしていく必要があります。

 

具体的には発毛効果が認められているミノキシジル成分を配合している医薬品育毛剤を使用することをお勧めします。

 

最近ではリアップX5の他にメディカルミノキ5やリグロEX5などのミノキシジル配合の発毛剤も多く販売されているので、それらの育毛剤を使ってみることをおすすめします。

 

ただし、30代から40代の男性の中でも、かなりつむじが薄い人に関しては次の50代以降の効果的な対策・改善方法を行うことをお勧めします。


詳細はこちらをクリック

 

50代以降の男性

AGAクリニック

 

50代以降の男性になるとかなりつむじ部分の地肌が露出している傾向が強く、ミノキシジル成分配合の発毛剤を使用してもあまり効果を実感することが出来ない可能性が高いです。

 

なので、そういった人が薄いつむじを改善するためにはAGAクリニックで薄毛治療を受ける必要があります。

 

AGAクリニックというと、病院に通わなければいけないから面倒と考える方もいるのですが、最近はスマホを使用して自宅で遠隔診療してもらえるようなAGAクリニックもあるのでそういったサービスを利用するのも良いと思いますよ。

 

特に、今回紹介した薄いつむじの対策・改善方法のなかで一番つむじの薄毛の改善の可能性が高いのがAGAクリニックの薄毛治療だといえます。

 

詳細はこちらをクリック

 

【女性編】薄いつむじの効果的な対策・改善方法

20代~30代女性

マイナチュレ

 

20代~30代の女性の場合は基本的にはつむじの薄毛予防や、妊娠出産によるホルモンバランスのみだれによってつむじが薄くなっている可能性が考えられます。

 

なので、そういった女性には副作用の心配が一切いらない女性専用の育毛剤の使用をおすすめします。

 

詳細はこちらをクリック

 

40代~50代女性

リアップリジェンヌ

 

40代~50代の女性の場合はびまん性脱毛症か男性女性型脱毛症の可能性が考えられます。

 

なので、そういった方には女性専用に販売されている発毛効果が認められているミノキシジル成分を1%配合したリアップリジェンヌの使用をおすすめします。

 

ただし、リアップリジェンヌは医薬品育毛剤に分類される副作用の危険性がある育毛剤なので、もし副作用が心配だという人は20代~30代の女性のところで紹介した育毛剤を使用しても良いと思います。

 

詳細はこちらをクリック

 

50代~60代女性

女性の薄毛治療

 

50代~60代の女性でびまん性脱毛症や女性男性型脱毛症がかなり進行してしまって、つむじが薄くなり地肌がかなりめだっているほど薄毛が進行している場合には発毛効果が認められているミノキシジル成分配合のリアップリジェンヌを使用しても薄毛は改善しません。

 

なので、かなりつむじの薄毛が進行してしまっている方は女性専用の薄毛治療クリニックで薄毛治療を受けることをおすすめします。

 

医師に診断してもらいながら薬を処方してもらうことができるので、かなり高確率でつむじの薄毛を改善することができます。

 

詳細はこちらをクリック

 

まとめ:自分は本当につむじが薄いのかをしっかり判断して対策・改善策を行う

最後に今回の内容を簡単にまとめたいと思います。

 

まず、自分のつむじが薄くなっているかどうかの判断基準は、つむじ部分の髪の毛とその他の部分の髪の毛の太さ・長さ・コシに違いがあるかを比較してください。

 

もし、周りの髪の毛よりも細かったり、短かったり、コシがない場合にはつむじ部分が少しずつ薄くなってきている可能性があります。

 

そして、実際に自分のつむじの状態をしっかりと判断したうえで、予防する必要があるのか?改善する必要があるのか?治療する必要があるのかを判断して自分に合った対策・改善策をとる必要があります。

 

また、もし仮に今は大丈夫でも、薄毛というのは病気と同じで初期に対策をとることで改善する確率が格段に上がるので、薄毛予防に早すぎるということはありません。

 

将来つむじが薄くなる不安があるのであれあば、出来るだけ早い段階で対策を講じておくことをお勧めします。

コメントを残す