リデンシルで得する人、損する人|効果・口コミ・副作用を徹底検証

リデンシルってどんな成分なの?

ミノキシジルのような副作用はないの?

リデンシルって本当に効果あるの?

 

最近、育毛業界での話題の新成分『リデンシル』。

 

なぜ、ここまで注目を集めているのかというと、あの育毛成分で有名なミノキシジルの2倍の効果があるにも関わらず、ミノキシジルのような副作用はないのだとか…。

 

しかし、ミノキシジルの2倍の効果があるのにミノキシジルのような副作用がないと言われても、普通は信用できないですよね?

 

むしろ、そんな都合のいい成分はないだろうと疑ってしまいます。

 

実際に、私はリデンシルという成分の存在を知った時に完全に“リデンシルって怪しいな…”って疑っていました。そこで、リデンシルについて徹底的に調べてみたのです。

 

すると、ミノキシジルの2倍の効果までは期待できないとしても、ミノキシジルのような医薬品成分を配合している育毛剤以外に配合されている成分よりは育毛効果が期待できる上、副作用の心配はないという事がわかりました。

 

ただし、注意してほしいのは全ての人にこのリデンシルという成分がおすすめだというわけではなく、リデンシル成分を使う事で得する人と損する人の両方がいるということです。

 

具体的にリデンシルを使用して得する人と損する人は以下のような感じです。

 

得する人
  • 育毛剤の副作用が心配な人
  • 薄毛がそこまで進行していない人
  • 他の育毛剤で効果を実感出来なかった人
損する人
  • 医薬品育毛剤を使っても副作用がない人
  • かなり薄毛が進行している人
  • 育毛剤にお金を掛けたくない人

 

そこで、この記事では私がリデンシルについて徹底的に調べた情報と、なぜ上記のようにリデンシルを使用して得する人と損する人がいるのかを徹底的に解説していきたいと思います。

リデンシルとは?どんな成分?原料はなに?

リデンシルとはスイスのインジェム社(induchem)が開発した成分で、その成分の原料となっているのはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、塩化亜鉛、グリシンの4つの成分です。

 

そして、このリデンシルというのは原料の世界におけるノーベル賞とも言われるほどの権威のある世界最大級の化粧品原料の展示会において銀賞を獲得するという快挙を成し遂げている成分です。

 

では、なぜリデンシルはそんなすごい賞を獲得することが出来たのでしょうか?それは他の育毛成分では期待できない効果が期待できるからのようです。

リデンシルは効かない?効果なし?期待できる3つの育毛効果とは?

リデンシルにはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、塩化亜鉛、グリシンの4つの成分が原料となっているのですが、それらの成分にはそれぞれ以下のような効果が期待できます。

チャ葉エキス(EGCG2)による頭皮の炎症の原因を抑制

チャ葉エキス(EGCG)は抗酸化作用に優れた効果があり、頭皮の炎症を抑える働きがあります。

 

頭皮が炎症を起こすと毛根がダメージを受けたり、頭皮の炎症を修復する為に栄養素が使われることによってヘアサイクルが乱れてしまう原因になります。

 

なので、チャ葉エキス(EGCG)の抗酸化作用によって頭皮の炎症を抑えて正常な頭皮環境を維持することが出来ます。

塩化亜鉛とグリシンにより健康な髪を生成

髪の毛というのは99%がケラチン(硫黄を含むたんぱく質)で構成されています。

 

そして、グリシンはケラチンの主成分あり、塩化亜鉛はケラチンを生成するの必要な成分です。

 

つまり、グリシンと塩化亜鉛が配合されていることによって健康的な髪の毛を生成することができるというわけです。

セイヨウアカマツ球果エキス(DHQG)による毛乳頭の細胞を活性化

頭皮にはバジル領域(幹細胞)という髪の毛を生成する細胞を作る領域(細胞)があります。

 

そして、セイヨウアカマツ球果エキス(DHQG)はこのバジル領域(幹細胞)を活性化させる働きがあり、バジル領域(幹細胞)が活性化されることで髪の毛を生成する細胞が増殖して育毛促進を行います。

 

因みに、このバジル領域(幹細胞)は皮膚や血液などの人の体のあらゆる場所に存在する万能細胞と1つとして捉えられていたのですが、頭皮の毛根付近にまで存在することは知られていませんでした。

 

しかし、2000年頃に頭皮にもバジル領域(幹細胞)があると分かって以降、バジル領域(幹細胞)を中心とした再生医療による毛髪再生分野の研究がかなり進んでいます。

他の育毛成分とは違った最先端の再生医療からのアプローチ

参照:毎日新聞

 

なぜ、リデンシルが最も注目を集めている点というのがこのセイヨウアカマツ球果エキス(DHQG)による毛乳頭細胞の活性化が最先端で応用されている再生医療の観点から育毛にアプローチしている成分だからです。

 

近年では化学技術が目覚ましく発展し、AGA治療に関しても再生医療が導入されています。

 

中でも、特に注目を集めている研究が患者の幹細胞(バジル領域)を培養して作った髪の毛を生成する細胞頭部に移植し、毛髪を再生させるという研究です。

 

そして、リデンシルに配合されているセイヨウアカマツ球果エキス(DHQG)は再生医療と同じ観点で、バジル領域(幹細胞)に働きかけて髪の毛を生成する細胞を増殖させることで育毛をアプローチします。

 

つまり、今までの育毛剤に配合されているような血行促進や頭皮環境の改善といった育毛へのアプローチとは全く別物なのです。

リデンシルの育毛効果を臨床試験データで検証

リデンシルには育毛効果が期待できると言われても、何の証拠もなければ信ぴょう性はないですよね?

 

ただ、リデンシルの開発メーカーであるインジェム社(induchem)はリデンシルの育毛効果に関する臨床試験データをしっかりと公開しています。

 

対象:薄毛が一定以上進行している18~70歳までの男性26名を対象とした臨床試験。
検証方法:毎日1回リデンシルを3%配合している薬液を使用した13人と、何の有効成分も配合されていない薬液を使用した13人の84日間の髪の毛の成長率や脱毛の減少率を比較。

 

上記はインジェム社が行った臨床試験の内容です。そして、以下がそのリデンシルを3%配合した薬液を使用した人と、プラセボ(何も配合されていない薬液)を使用した人を比較した試験結果です。

毛髪の成長率の臨床試験比較結果

上記は成長期にある髪の毛の毛髪成長の促進率を比較したグラフで、左側がプラセボをした人たちの成長期の髪の毛髪成長率で、右側がリデンシル3%を配合している薬液を使用した人の成長期の髪の毛髪成長率です。

 

この臨床試験データではリデンシル成分を3%配合した薬液を使用した人の方がプラセボを使用した人よりも毛髪の成長率が9%アップしています。

脱毛の減少率の臨床試験比較結果

上記は休止期にある髪の毛の脱毛の減少率を比較したグラフで、左側がプラセボをした人たちの休止期の髪の脱毛減少率で、右側がリデンシル3%を配合している薬液を使用した人の休止期の髪の脱毛成長率です。

 

この比較試験結果でのリデンシルを3%配合した薬液を使用した人の方がプラセボを使用した人よりも休止期の髪の脱毛率が17%も減少していることが分かります。

84日間の臨床試験比較結果

そして、毛髪成長率と脱毛率をトータルで比較した場合には髪の毛の増減において、プラセボを使用した人よりも3%のリデンシル配合の薬液を使用した人の方が成長期と休止期の毛髪の増減率において29%も多いという結果になっています。

リデンシルがミノキシジルの2倍の発毛効果があるという噂は嘘?

 

さらに、インジェム社が公開しているリデンシルの臨床試験データの中にはリデンシルとミノキシジルを比較した試験データが公開されています。

 

その試験データというのが上記のグラフで、左が未使用(何も使用しない状態)、真ん中がミノキシジル1%、右がリデンシル1%を含む薬液を10日間使用した場合の毛髪成長率を比較したものです。

 

この臨床試験結果によると、ミノキシジルを1%配合している薬液を使用した場合の毛髪成長率がプラセボと比較すると118%なのに対して、リデンシルを1%配合している薬液を使用した場合にはプラセボと比較すると毛髪成長率が214%となっています。

 

そして、この比較試験データが元となってリデンシルはミノキシジルの2倍の効果があると噂されるようになったのです。

 

しかし、私はリデンシルにはミノキシジルの2倍の効果はないと思っています。その理由を以下に簡単に解説します。

培養した細胞を使用した比較データ

まず、上記のミノキシジルとリデンシルの比較試験データというのは人の頭皮に使用して得られた臨床試験データではなく、人の頭皮と同じような培養した細胞を用いた実験で得られたデータだという事です。

つまりは、人の頭皮で同じような毛髪成長率が起こるとは限りいません。

そもそも試験期間が短すぎる

リデンシルの毛髪成長率や脱毛減少率の比較試験では84日間と長期間で比較試験を行っていたにも関わらず、ミノキシジルとリデンシルの比較試験においては行かんが10日間というかなり短い期間で行われています。

つまり、10日目以降ではリデンシルよりもミノキシジルの方が毛髪成長率が大きな数値になる可能性も十分あり得ると思います。

2倍なのは毛髪成長率だけ

確かに、上記の比較試験データではリデンシルがミノキシジルの2倍の数値を出していますが、あくまでも“毛髪成長率”においてだけ2倍なのであってそれ以外の数値は明らかにされていません。

 

そして、ミノキシジルが薄毛治療において特に期待されている効果というのが発毛促進効果であり、リデンシルには発毛促進効果は今のところ認められていません。

 

つまり、毛髪成長率という1点においてはリデンシルはミノキシジルの2倍かもしれませんが、薄毛を改善する効果というトータル的な点で考えた場合にはミノキシジルの方が優れていると思います。

実際に、日本国内のAGAクリニックで薄毛を治療する為に使用されている成分はリデンシルではなくミノキシジルであるところを考えると、リデンシルがミノキシジルの2倍の効果という噂は嘘だという事は明らかだと思います。

リデンシルにミノキシジルのようなかゆみやかぶれ初期脱毛などの副作用はある?

リデンシルに上記のような育毛効果が期待できるのであれば、ミノキシジル成分が配合されている育毛剤と同じようなかゆみやかぶれ、初期脱毛のような副作用があるのではと不安に感じる人も多いと思います。

 

しかし、リデンシルにはミノキシジルのような副作用は一切ありません。

 

というのも、リデンシルはミノキシジルのような医薬品成分には分類されておらず、人体に大きな影響を与えるような危険な成分ではない為、リデンシル配合の育毛剤は医薬品育毛剤にとして販売されています。

 

医薬品育毛剤であれば未成年や女性の使用が禁止されたりもするのですが、リデンシルにはそういった利用制限などもありません。

 

ただし、逆に言うと副作用がないという事は体に与える影響が小さいということを意味するので育毛効果に関しても医薬品よりは劣るというわけです。

リデンシルとキャピキシルはどっちの方が優れた成分なのか比較

リデンシルと並んで育毛業界でも話題の新成分であるキャピキシル。名前も少し似ているし同じような効果が期待できる成分なのかなと感じてしまいますよね!
中にはリデンシルも使ってみたいけど、キャピキシルとどちらが良いのかで迷っている方もいると思います。しかし、どちらを使ったほうが良いかというと個人的にはリデンシルの方が良いと思います。その理由を以下に簡単に説明します。

リデンシルは銀賞、キャピキシルは銅賞

インコスメティックという原料の世界におけるノーベル賞との呼び声も高い世界最大級の化粧品原料展示会があるのですが、そこでリデンシルは銀賞を受賞しキャピキシルは銅賞を受賞しています。

 

つまり、インコスメティックの審査基準においてはキャピキシルよりもリデンシルの方が成分として優れていると判断されたという事がわかります。

リデンシルは医薬部外品、キャピキシルは化粧品

日本国内ではリデンシル成分を配合している育毛剤もキャピキシル成分を配合している育毛剤もたくさんあります。

 

そして、リデンシルが配合されている育毛剤の大半は医薬部外品に分類されているにも関わらず、キャピキシル成分を配合している育毛剤は漏れなく化粧品に分類されています。

リデンシルは再生医療、キャピキシルは従来のアプローチ

リデンシルは上記でも解説したようにバジル領域(幹細胞)に働きかけることで毛髪を生成する細胞を生成するという再生医療に近いアプローチで育毛促進を行います。

 

一方でキャピキシルに関しては血行促進や男性ホルモンの働きを抑制といった従来の育毛成分と同じようなアプローチで育毛促進を行います。

 

どちらが優れているというのは一概には言い難いですが、今育毛業界が注目しているのは従来型の育毛アプローチではなく再生医療によるアプローチであることは間違いありません。

 

リデンシル配合の育毛剤は女性が使っても効果的ある?副作用は大丈夫?

 

大正製薬から販売されている医薬品育毛剤のリアップX5はミノキシジル成分を5%配合している育毛剤で、ミノキシジル配合濃度は最高濃度です。

 

そして、ミノキシジルが高濃度で配合されているという事は、育毛効果もそれだけ期待できるわけです。

 

しかし、このリアップX5は女性の使用を禁止しています。なぜなら、ミノキシジル成分というのは男性よりも女性が使用した場合の方が副作用の危険性が高いからです。

 

そして、そういったこともあり、大正製薬から女性専用のミノキシジルを2%配合したミノキシジル育毛剤のリアップリジェンヌを販売しています。

 

しかし、リデンシルについては仮にリデンシルを5%配合している育毛剤を女性が使用したとしても全く副作用の心配はありません。

 

その証拠にリデンシルが配合されている育毛剤のほとんどは男女兼用の育毛剤として販売されています。

 

また、期待できる育毛効果に関してもミノキシジル成分と同じく、女性がリデンシルを使用した場合には男性以上に効果が期待できます。

リデンシルの2chでの口コミの評判は?

 

リデンシルの口コミ評価をしりたいのであれば、ネットで口コミサイトなどを確認するよりも大手掲示板の2chで評判を確認した方がよりリアルな情報をゲットでいます。

 

そして、実際に2chでの口コミを確認してみるとリデンシルの評判は上々でした。以下、2chでのリデンに関する参考になる口コミをいくつか抜粋しています。

13:毛無しさん:2018/09/21(金) 22:44:40
リアップX5からリデンシル育毛剤(プランテルEX)に乗り換えてもうすぐ2カ月が経過。ハッキリ言って目に見えた変化は実感できていないが、抜け毛はかなり減ったように体感的には感じている。
また、使い心地もリアップX5みたいなべたつきはないので就寝前や出勤前に使用しても違和感はない。
まずは3ヵ月使って見て効果があるかないかの判断をしようと思う。

42:毛無しさん:2018/09/25(水) 00:28:05
ぶっちゃけ育毛効果で言えばミノキシジルが一番いいに決まってる。ただし、ミノキシジルは肌が弱い人の場合は頭皮が荒れたり痒くなったり、かぶれたりする。
私の場合は頭皮がかゆくなるタイプで掻いてしまって頭皮に赤みが出てきている。
ただ、ミノキシジルの効果は実感できているので辞めるのには抵抗があったので、朝にリデンシルを使って夜のミノキシジルを使うようにしている。
結果的にミノキシジルの副作用も軽減されて、育毛効果に関しても今までとは変わりなく実感できている。

79:毛無しさん:2018/09/28(土) 14:13:21
かなり薄毛が進行しているならリデンシルを使っても無駄!それなら、AGAクリニックでミノタブとかフィナステリドを使った方がいい。
ただ、頭皮に髪の毛が残っていて最近地肌が目立ってきたっていうレベルの薄毛の人ならリデンシルはミノタブとかフィナステリドのような副作用の心配がないのでいいと思う!

93:毛無しさん:2018/10/02(水) 20:06:02
ぶっちゃけて言うと全くリデンシルには期待してなかったけどロゲインからリデンシル配合の育毛剤に乗り換えたら想像以上に効果があってビックリした。
医薬部外品育毛剤でもここまで育毛効果が期待できる時代まで来てるんだな・・・

123:毛無しさん:2018/11/20(火) 22:44:40
某ユーチューバーの動画をきっかけでリデンシル配合のリデンを使用していたのですがそこまで育毛効果を実感することが出来ませんでした。ただ、リデンよりもリデンシルを高濃度で配合しているプランテルEXに乗り換えてから少しずつ薄毛が改善し始めてきています。
恐らく、リデンシル自体の効果は本物だと思うけど濃度が薄いリデンシル育毛剤はあまり効果がないかも!

上記のようにリデンシルは辛口で有名な2chでも比較的に高評価を受けています。

 

ただ、やはりリデンシルよりもミノキシジルの方が育毛効果が期待できるというのが大多数の意見であり、実際に私自身も同感です

 

なので、かなり薄毛が進行していて本気で薄毛を治療したいのであればリデンシルよりもミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品育毛剤を使用することをおすすめします。

 

しかし、一方でミノキシジルからリデンシル育毛剤に乗り換えた人の評判がかなり良いので、ミノキシジルやフィナステリドの副作用が原因で継続して医薬品育毛剤を使用できないという人はリデンシルに乗り換えてみるのもアリですね!

リデンシル配合の育毛剤比較ランキング(値段・効果・口コミ・保証で比較)

以下ではリデンシル成分を配合している育毛剤の値段、効果、口コミ、保証制度などの様々な点を比較して、どのリデンシル育毛剤が最もおすすめなのかランキング形式で紹介します。
もし、今後リデンシル配合の育毛剤を購入しようと考えている方は以下のランキングを参考にしてみてください。

プランテルEX

  • 全額返金保証
  • 送料無料
  • 定期購入可能
  • 初回から定期解約可能

リデンシル配合の育毛剤の中でもダントツ1番人気の育毛剤の『プランテルex』。配合されているリデンシルの濃度は5%とほかのリデンシル育毛剤を圧倒。さらに、リデンシル以外に配合されている育毛成分に関しても優れた成分が配合されている。

ココがポイント!

  • 最高濃度リデンシル5%配合
  • 特許出願成分ペブプロミンα配合
  • 初回からでも定期解約可能
価格 13,800円
定期価格 9,700円
効果
口コミ評価
全額返金保証 30日間(手数料無料)

Deeper3D

  • 全額返金保証
  • 送料無料

育毛業界で話題の新成分であるリデンシルとキャピキシル成分を両方とも配合している育毛剤の『deeper3d』。配合されている成分は1位のプランテルexに勝るとも劣らない劣らないが値段が高いと言うところがマイナスポイント。リデンシルだけではなくキャピキシルもきになると言う人は試してみても良いと思います。

ココがポイント!

  • リデンシル5%配合
  • キャピキシル5%配合
  • 全額返金保証7日間
価格 14,100円
定期価格 取り扱いなし
効果
口コミ評価
全額返金保証 7日間(サンプル品のみ)

リデン

  • 全額返金保証
  • 送料無料
  • 定期購入可能

ユーチュバーの動画などでも度々宣伝されている育毛剤の『リデンシル』。知名度て言うとプランテルexよりも高いですが、リデンに配合されているリデンシルの濃度は3%。しかも、リデンシル以外に配合されている成分は他の育毛剤にも配合されているような成分ばかりなので、リデンを買うぐらいならプランテルexを買った方がいいです。

ココがポイント!

  • リデンシル3%配合
  • 永久全額返金保証付き
  • 全額返金保証手数料1,000円
価格 12,800円
定期価格 9,800円
効果
口コミ評価
全額返金保証 無期限(手数料1,000円)

まとめ:リデンシルで得する人と損する人はこんな人!

ここまでリデンシルについての効果や口コミ、副作用などについて私が徹底的に調べた内容について解説してきました。

 

記事を読んでいもらえたのであればリデンシルについて少しは分かって頂けたのではないでしょうか?最後にもう一度リデンシルを使って得する人と損する人について振り返って締めくくりたいと思います。

 

あなたがリデンシルを使って得する人なのか損する人なのか判断する上での参考にしてもらえれば幸いです。

 

得する人
  • 育毛剤の副作用が心配な人
  • 薄毛がそこまで進行していない人
  • 他の育毛剤で効果を実感出来なかった人
損する人
  • 医薬品育毛剤を使っても副作用がない人
  • かなり薄毛が進行している人
  • 育毛剤にお金を掛けたくない人

 

コメントを残す