メソセラポススカルプリキッド購入前に知っておくべき5つのコト。

最近は雑誌などでも取り上げられているメソケアプラスから新発売された『メソセラポススカルプリキッド』。

 

なにやら配合されている成分が凄いとかで結構話題みたいですね。

 

しかし、育毛業界というのは正直言ってなかなかブラックな業界なので一体どこまで本当なのか微妙なところです。

 

そこで、メソセラポススカルプリキッドについて徹底的に調べて感じたのは購入前に知っておくべき5つの事があるということです。

 

その5つのこととは・・・

  1. AGAクリニックで治療するのがベスト
  2. 育毛剤を使うならミノキシジル育毛剤がいい
  3. 成長因子はガイドラインで推奨度C2判定だけど・・・
  4. 成長因子は死活する
  5. メソセラポススカルプリキッドは化粧品

 

なので、もしあなたがメソセラポススカルプリキッドを購入しよか悩んでいるのであれば上記の5つのことをしっかり理解しておく必要があります。

 

以下でこの5つの点について詳しく解説していきます。

知っておくべきコト①:薄毛を治療するならAGAクリニックがベスト

もしあなたが本気で薄毛を治療したいのであれば育毛剤を使うのではなく間違いなくAGAクリニックで薄毛治療を受けることをおすすめします。

 

そもそも薄毛の原因は色々あるなどと言われています。例えば、ストレスだったり、食生活だったり、運動不足だったり、たばこだったり、頭皮環境が悪いだったり・・・

 

だだし、これらはスカルプケアシャンプーや育毛剤を販売しているメーカーが自分たちの販売する商品を使っても効果がなかった場合の言い逃れのために言っているだけに言っている嘘です。

 

ハッキリ言いますが、薄毛の原因は9割以上は男性ホルモンと酵素が原因です。

 

男女問わず、人の体には男性ホルモンが存在します。中でも特に代表的な男性ホルモンがテストステロンという男性ホルモンで、このDHTが頭皮の前頭部や頭頂部などに多く存在する5αリダクターゼという酵素と結合することでジヒドロテストステロン(DHT)というより強力な男性ホルモンに変化します。

 

このDHTが毛髪の成長を抑制して脱毛シグナルを発信することで薄毛が進行します。

 

そして、この男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待できる成分はフィナステリドやデュタステリドといったAGAクリニックで処方される治療薬しか今のところはありません。

 

そして、今現在市販されている育毛剤の大半は頭皮の血行促進や頭皮環境の正常化などを目的とした成分が配合されており、男性ホルモンの働きを抑制するのに効果的な成分が配合されている育毛剤はありません。

 

つまり、薄毛を治療するなら選択肢はAGAクリニックで治療するしかないのです。

 

また、AGAクリニックの場合にはフィナステリドやデュタステリドで男性ホルモンの働きを抑制して抜け毛を抑制し、ミノキシジルタブレット(通常:ミノタブ)で発毛促進を行う事でかなりの高確率で髪の毛が生えてきます。

 

最近では、AGAクリニックに通院しなくてもスマホを使った遠隔診断なんかも出来るようになっているので以前ほどAGA治療のハードルは高くなくなってきているのでおすすめです。

知っておくべきコト②:育毛剤を使うならミノキシジル育毛剤がいい

薄毛は気になるけどAGAクリニックで治療するほどは進行していない場合には育毛剤を使用するという選択肢もあります。

 

ただ、育毛剤を使用するなら間違いなくリアップX5やメディカルミノキ5などのミノキシジル成分を配合した育毛剤を使った方が良いです。

 

最近では色々な新成分が配合された育毛剤が数多く販売されていますが、そのほとんどの育毛剤は実際のところ本当に効果があるのかの科学的根拠はありません

 

そこで、参考になるのが日本皮膚科学会が公表している男性および女性脱毛症診ガイドラインです。このガイドラインは化学的根拠に基づいて、薄毛治療にはどのような成分が有効なのか明示しています。

そこには先ほど紹介したAGAクリニックで使用されるフィナステリドやデュタステリドが推奨度A(強く推奨する)で紹介されています。

 

そして、このフィナステリドやデュタステリドと同じ薄毛治療に効果的な推奨度Aとして紹介されているのがミノキシジル外用です。

 

つまり、ミノキシジル成分が配合されているリアップX5やメディカルミノキ5は他の育毛剤とは違い科学的根拠に基づいて育毛効果が期待できるというわけなのです。

知っておくべきコトその③:成長因子はガイドラインで推奨度C2判定

基本的に薄毛に悩んでいるならAGAクリニックで処方してもらう薬を服用するかミノキシジル育毛剤を使用するのがベストな選択です。

 

ただし、AGAクリニックで処方してもらう薬やミノキシジル育毛剤には副作用が起こってしまい、使用を断念せざるを得ないような人もいます。

 

では、そういう人はどうするべきなのか?それは成長因子配合の育毛剤を使用するという事です。

 

なぜ成長因子?さっき紹介していた男性および女性脱毛症診ガイドラインでは推奨度C2(勧めない)として紹介されているのに・・・、と思った方も多いかもしれません。

 

ただ、上記のガイドラインはあくまでも科学的の基づいた机上のガイドラインであって、現場レベルのAGAクリニックなどで使用されている育毛成分は上記のガイドラインとは少し違います。

 

中でもAGAクリニックなどでも今注目を集めているのがHARG療法という成長因子を利用して毛母細胞に直接働きかけることで毛髪の成長にスイッチを入れる再生医療です。

 

つまり、現場で処置を行うドクターの中ではガイドラインでは推奨はされていないものの、成長因子に効果があるという事は認知されているのです。

 

そして、成長因子が配合されている育毛剤というのがメソセラポススカルプリキッドというわけなのです。

 

という事は、AGAクリニックで処方してもらう薬やミノキシジル育毛剤で副作用が起こってしまい、使用を断念せざるを得ないような人にはメソセラポススカルプリキッドはおすすめだと言えます。

 

知っておくべきコトその④:成長因子は失活する

ただ、成長因子が配合されている育毛剤はメソセラポススカルプリキッド以外にもいろいろ販売されています。

 

それなのに、なぜメソセラポススカルプリキッドがいいのかというとメソセラポススカルプリキッドに配合されている成長因子は失活しない成長因子だけを厳選して配合しているからです。

 

実はこの成長因子というのは保存が難しく、1カ月経過すると20%、3ヵ月経過すると70%が失活する(成分の効果がなくなる)という臨床試験データも出ています。

 

しかし、多くの成長因子を配合している育毛剤ではこの点に着目せずに成分を配合しているので、育毛剤が製造されてから商品が自宅に届いた時には大半の成長因子が失活しているなんてことも十分考えられます。

 

これは恐らく成長因子を配合しているメーカーすらあまり成長因子について理解していないのか、あるいは理解しているけど自社にとってマイナスになるので公表していないのかは分かりませんが・・・。

 

一方で、メソセラポススカルプリキッドは成長因子が失活するという性質をしっかりと公表した上で、失活しない成長因子を配合しているので自宅に届いた時点で成長因子が失活しているという事はありません。

 

だからこそ、成長因子を配合している育毛剤の中ではメソセラポススカルプリキッドが一番おすすめなんです。

知っておくべきコト⑤:メソセラポススカルプリキッドは化粧品

中には、『でも、メソセラポススカルプリキッドは医薬品どころか医薬部外品ですらなく化粧品なんでしょ?』と否定する人もいるかもしれません。

 

もしかしたら、メソセラポススカルプリキッドが化粧品だったという事を知らなかった人もいるかもしれませんね。

 

ただ、この点に関しては全く問題ありません。

 

そもそも、医薬部外品に認定されているからと言って育毛効果があることが認められているわけではなく、ただ“医薬部外品”と表記できるようになるだけなのです。

 

そして、医薬部外品と表記した方が消費者にとっては『医薬部外品だったら効果ありそう!』って思って貰えるようにする為だけに申請していると言っても過言ではありません。

 

その証拠にセンブリエキスやグリチルリチン酸や塩酸ジフェンヒドラミンなどの国から有効成分と認められている成分が配合されていれば厚生労働省に申請すれば認可はおります。

 

ただし、これらの成分はAGAクリニックなどの治療で使われていないどころか、ガイドラインにですら取り上げられていない成分なので育毛効果はほとんどありません。

 

つまり、メソセラポススカルプリキッドはセンブリエキスやグリチルリチン酸や塩酸ジフェンヒドラミンなどの育毛効果の期待できない成分を配合していないから化粧品に分類されているわけです。

 

育毛効果が期待できない成分を配合していないから医薬部外品として認められないってなんかおかしいですよね?

 

でも、以下も育毛業界はそういった既得権益者が権力を誇示する為におかしなことになっているので、科学的根拠がない育毛剤でも効果があるかのように宣伝してバンバン販売している業界だから育毛業界はブラックだというわているのです。

 

まとめ

恐らく他のメソセラポススカルプリキッドの口コミサイトではメソセラポススカルプリキッドが最もおすすめの育毛剤的な感じで紹介しているのではないでしょうか。

 

しかし、薄毛を改善する場合には最もおすすめな選択はメソセラポススカルプリキッドではなくAGAクリニックによる治療です。

 

そして、AGAクリニックに行くほどは薄毛が進行していない人が使用したするのにおすすめの育毛剤もメソセラポススカルプリキッドではなくミノキシジル育毛剤です。

 

そして、ミノキシジル育毛剤の副作用が酷くて継続して使用することが出来ない人や、まだ薄毛ではないけど将来薄毛になりたくないから薄毛予防として育毛剤を使用したいという人にとってはメソセラポススカルプリキッドはおすすめの育毛剤だと言えます。

コメントを残す