キャピキシルで得する人、損する人|効果・口コミ・副作用を徹底検証

キャピキシルってどんな成分?

ミノキシジルのような副作用はないけど育毛効果はあるってホント?

 

育毛に関して少し知識のある人であれば知っている医薬品育毛剤に配合されているミノキシジルという成分。

 

そのミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できる上に、ミノキシジルのような副作用の危険性はないという事で、育毛業界でかなり注目を集めている成分がキャピキシルです。

 

しかし、ミノキシジルの3倍の効果があるのにミノキシジルのような副作用がないという事だけを聞くと正直言って怪しいと思っちゃいますよね?

 

実際に初めてキャピキシルの存在を知った時は完全に怪しいと思いました!

 

そこで、キャピキシルについて徹底的に調べたのですが、キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果まではないにしても他の医薬部外品に配合されている成分よりは効果が期待でき、しかも副作用の危険性はないということがわかりました。

 

ただし、全ての人にこのキャピキシルという成分がおすすめだというわけではなくキャピキシル成分で得する人と損する人がいます。

 

得する人
  • 副作用なく育毛したい人
  • 薄毛予防や初期~中期の薄毛やの人
  • ミノキシジル育毛剤から乗り換えたい人
損する人
  • 最も高い育毛効果を求める人
  • 出来るだけ育毛にお金を掛けたくない人
  • かなり薄毛が進行している人

 

そこで、以下では私がキャピキシルに関して徹底的に調べた内容となぜキャピキシルを使用して得する人と損する人がいるのかについて紹介していきます。

 

キャピキシルとは?

キャピキシルとはカナダの化粧品会社であるLucas Meyer Cosmetics社が開発した成分で、『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド3』という成分を組み合わせて出来た成分です。

アカツメクサ花エキス

アカツメクサ花エキスとはヨーロッパ原産のハーブの一種で、喘息やがん、肌の疾患などに使用されてきました。そして、アカツメクサ花エキスには“ビオカニンA”というイソフラボンが豊富に含まれていることから育毛成分としても注目を集めるようにありました。

アセチルテトラペプチド3

アセチルテトラペプチド3とは4つのアミノ酸を人工的に組み合わせて作ったアミノ酸分子です。このアセチルテトラペプチド3は細胞修復作用に優れています。

キャピキシルは効かない?効果なし?期待できる3つの育毛効果

キャピキシルの効果についてネットで検索してみると『キャピキシルは効果なし!』、『キャピキシルは効かない!』というような内容の記事がたくさん出てきました。

 

そこで、それらの記事を1つ1つ確認してくと確かに『キャピキシルは効果なし!』、『キャピキシルは効かない!』というような記事タイトルにはなっているのですが、記事の内容は共通して“ミノキシジルの3倍の効果はないけど(この部分の詳細に関しては後述します。)、育毛効果はかなり期待できる成分”というものでした。

 

そして、実際に私自身もキャピキシルについて徹底的に調べてみました。すると、キャピキシルには以下のような3つの育毛効果が期待できることが分かりました。

5αリダクターゼの抑制

男性型脱毛症の最大の原因はこの5αリダクターゼという体内に存在する酵素だと言われています。

 

男性型脱毛症はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが頭皮に発生することで徐々に髪の毛が細く短くしか成長しなくなりヘアサイクルを短縮することで脱毛しやすくなってしまう。

 

そして、このジヒドロテストステロンはテストステロンという体内に存在する男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことによってジヒドロテストステロン(DHT)になってしまいます。

 

つまり、5αリダクターゼの働きを抑制することが出来ればジヒドロテストステロンは生成されなくなるので脱毛の原因が解消されるというわけです。

 

しかし、キャピキシルの成分であるアカツメクサ花エキスはビオカニンAというイソフラボンが豊富に配合されていると紹介しましたが、このイソフラボンが5αリダクターゼを抑制する働きがあると言われています。

 

コラーゲン・たんぱく質の生成

健康は髪の毛の毛乳頭(髪の毛の根元)部分の周りには良質なコラーゲンやたんぱく質が多く存在し、そのたんぱく質によって毛根がしっかりと固定されています。

 

つまり、髪の毛の毛乳頭部分の周りが質の低いコラーゲンやたんぱく質で囲まれていた場合には髪の毛が抜けやすくなってしまうということです。

 

キャピキシルの成分であるアセチルテトラペプチド3には優れた細胞修復機能があるので、老化やダメージを受けて質が低下してしまったコラーゲンやたんぱく質を再生する働きがあります。

 

頭皮の炎症を抑える

頭皮の炎症は一見薄毛とは関係がないかのように感じますが、頭皮に炎症がある場合には通常であれば育毛のために使用されるはずであった栄養分が炎症部の修復に使われてしまいます。

 

つまり、頭皮に炎症があることで毛髪の成長を阻害してしまうというわけなのです。

 

しかし、アカツメクサ花エキスには頭皮の炎症を抑制する働きがあるのですが、アセチルテトラペプチド3と組み合わせて使用することで相乗効果が生まれてより頭皮の炎症を抑制することができるようになります。

 

【臨床試験データで検証!】キャピキシルの効果は嘘なの?!

ただ、上記のようにキャピキシルには3つ育毛効果が期待できるといわれても、その根拠がなければなかなか信用できないですよね?

 

しかし、キャピキシルを開発したメーカーであるLucas Meyer Cosmetics社はキャピキシルの育毛効果に関する臨床試験データを公開しているようです。

 

なので、キャピキシルには本当に上記で挙げたような3つの効果があるのか、臨床試験データをもとに検証していきたいと思います。

5αリダクターゼ抑制効果は嘘?ホント?

キャピキシルの5αリダクターゼの抑制効果はホント!上記の比較試験ではアカツメクサ花エキスに含まれるビオカニンAと5αリダクターゼの抑制成分として有名なEGCG(エピガロカテキンガレート)との比較試験データです。

 

結果はECGCの5αリダクターゼ抑制作用が5~11%だったのに対して、ビオカニンAの5αリダクターゼ抑制作用は64~93%と圧倒的にビオカニンAの方が5αリダクターゼ抑制作用があることが臨床試験データから分かります。

コラーゲン・たんぱく質を生成する効果は嘘?ホント?

コラーゲン・たんぱく質を生成する効果もホント!上記の試験ではキャピキシルを使用した場合と何も使用しなかった場合でのコラーゲンとタンパク質の生成量を比較したデータです。

 

結果はキャピキシルを使用した方が何も使用しなかった方に比べてコラーゲンの生成量が65%、たんぱく質の生成量が285%アップと圧倒的にコラーゲンとタンパク質の生成量が上がることが臨床試験データから分かります。

頭皮の炎症を抑える効果は嘘?ホント?

頭皮の炎症を抑える効果もホント!上記の試験では何も使用しなかった場合、DMS(Dexamethasoneという炎症を抑制する成分)を使用した場合、アカツメクサ花エキスだけを使用した場合、キャピキシルを使用した場合の4つで頭皮の炎症抑制効果を比較したデータです。

 

何も使用していなかった場合の頭皮に比べて、DMSを使用した場合には17%、アカツメクサ花エキスを0.5%使用した場合には11%、1%使用した場合には20%の炎症抑制作用があることがわかる。

 

つまり、DMSよりもアカツメクサ花エキス1%を使用した方が、炎症抑制作用が高いということが臨床試験データから分かります。

 

更に注目すべきは、アカツメクサ花エキスをアセチルテトラペプチド3と組み合わせてキャピキシルとして使用した場合にはアカツメクサ花エキスを単体で使用した時よりも炎症抑制効果があることが上記の臨床試験データから分かります。

しかし、ミノキシジルの3倍の効果はない!

冒頭でキャピキシルにはミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われていると記載しましたが、Lucas Meyer Cosmetics社が公開している臨床試験データにはミノキシジルとの比較試験データもあります。それが、上記のデータです。

 

確かに、このグラフだけを見て判断するとキャピキシルがミノキシジル3倍の効果があるかのように感じます。

 

しかし、この臨床試験データを読み解く上で以下の3つのことについて注意しなければいけません。

1つ目:人の頭皮での臨床試験データではないこと

臨床試験データのグラフの部分に『vivo』というような表記があるのですが、これは試験管を使用した実感ということを意味します。

 

つまり、この比較試験は人の頭皮で実際に行われた試験ではなく、試験管内で人工的に頭皮と同じような環境を再現して行われた実験での結果なのです。

2つ目:育毛効果に関するデータではないこと

続いて、この試験データのタイトルの部分には『hair growth activity of the treatment compared to untreatment hair』と記載されています。

 

これを日本語訳すると『何も使用していない髪の毛との毛髪成長率の比較』となります。

 

つまり、何も使用していない場合とミノキシジルとキャピキシルを使用した場合の毛髪成長率を比較した試験データというわけです。

 

ミノキシジルが薄毛治療に効果的だと言われているのは育毛効果だけではなく発毛効果も優れているからです。

 

つまり、育毛効果がミノキシジルの3倍の効果があるからと言って、ミノキシジルの3倍の効果があるとは言えないわけです。

3つ目:現在はこの臨床試験データを公開していないこと

Lucas Meyer Cosmetics社が公開しているキャピキシルの資料から現在はミノキシジルとの比較試験データは削除されています。

 

これは、どういう理由で削除されたのかは分かりませんが現在の資料に記載がないという事は、この資料データをもとにキャピキシルがミノキシジルの3倍の効果があるという根拠にはならないということが言えます。

キャピキシルにかゆみやかぶれ、初期脱毛などの副作用はあるのか?

キャピキシルにはミノキシジルの3倍の育毛効果があると噂されるほどの育毛成分なので強い育毛効果があるのであればミノキシジルのようなかゆみやかぶれ、初期脱毛など副作用があるのではと不安に思っても仕方がないと思います。

 

しかし、キャピキシルにはミノキシジルのような副作用の心配は一切ありません。

 

キャピキシルというのは上記でも説明した通り、アカツメクサ花エキスという天然成分とアセチルテトラペプチド3というアミノ酸分子で出来た成分であり体に害のない成分です。

 

天然成分というのはシャンプーや化粧品などに含まれている成分であり、外用として使用するだけではなくて内服として使用されることもあるほど安全性の高い成分です。又、アミノ酸についてもスポーツドリンクやプロテイン等の体内に取り入れる商品にまで使用されるほどの安全性です。

 

そんな天然成分とアミノ酸分子から作られたキャピキシルにはミノキシジルのように頭皮がかぶれたり痒くなったりすることはありません。

 

また、初期脱毛に関してもキャピキシルを使用して起こる心配はありません。

 

そもそも、ミノキシジルで初期脱毛の可能性があるのはあくまでも内服タイプのミノキシジルタブレットを服用した場合に初期脱毛の可能性があるだけで、外用タイプのミノキシジル育毛剤では初期脱毛は起こりません。

 

つまり、外用タイプの医薬品成分であるミノキシジルですら初期脱毛は起こらないのでキャピキシルを外用として頭皮に使用したとしても起こらないというわけです。

 

因みに、キャピキシル開発メーカーであるLucas Meyer Cosmetics社の公式サイトにも『副作用を起こすことはない』としっかりと明記されています。

 

開発メーカー側は注意喚起をする立場にあるので、万が一副作用の危険性がある場合にはしっかりの記載しなければいけませんが、『副作用を起こすことはない』とあえて明記するという事はそれだけ安全な成分だということが分かります。

 

実際に私も育毛剤としてキャピキシルを使用しましたが、本当に副作用は一切出ませんでした。

キャピキシルは女性にも効果的?

日本国内ではミノキシジルが配合されている医薬品育毛剤であるリアップはミノキシジル成分を5%配合しているリアップX5と、ミノキシジル2%配合しているリアップレディースと言うように男性用と女性用に分けられています。

 

これはなぜかというと、ミノキシジルというのは男性よりも女性の方が副作用の危険性が高いために配合されているミノキシジルの濃度が抑えられているのです。

 

では、キャピキシルについても男性については副作用はないけど、女性に関しては副作用の危険性があってもおかしくありません。

 

実際にキャピキシルが配合されている育毛剤というのはキャピキシル濃度がミノキシジルと同じく5%で配合されているものがほとんどなので、リアップレディースのようにキャピキシル2%の女性用育毛剤があっても不思議ではありません。

 

しかし、キャピキシルは女性が使っても男性と同じく副作用の心配はありません。その理由は、上記の『キャピキシルに副作用はあるのか?』でも説明した通り、キャピキシルは副作用の心配のない天然成分とアミノ酸分子で出来ているからです。

 

というよりはむしろ、キャピキシルは男性よりもミノキシジルの副作用の危険性がある女性の方が育毛に効果的な成分ではないかと思います。

キャピキシルの2ちゃんねるでの口コミの評価は?

キャピキシルのような新しい育毛成分の世間の評価を知りたいなら日本最大の掲示板サイトの2chでキャピキシルに関するスレッドを確認するのが手っ取り早いです。

 

そこで、実際に2チャンネルでキャピキシルに関する参考になる書き込みを抜粋してみました。

64 :毛無しさん:2015/09/06(火) 21:56:06
キャピキシル育毛剤を使い始めて一ヵ月ぐらいが経ったが、正直言って目に見えた変化はまだない。ただ、ミノキシジルの時はべたつきが不快だったがキャピキシルは使用後も頭皮がサラサラなので夜寝る前や、朝出かける前に使用しても気にならない。

しかも、自分ではあんまり変化がないと思っていたが、奥さんが『最近髪の毛ボリューム増えた?』って何気なしに言われたときはガッツボーズした。

72 :毛無しさん:2015/09/15(日) 13:12:19
朝にキャピ使って、夜のミノキ使って早3ヵ月。

少しずつではあるが生え際に産毛が生え始めてきた。キャピとミノキ併用したら副作用のリスクも下がるからおすすめ!

152 :毛無しさん:2016/05/21(金) 01:38:55
ミノキシジルやフィナステリドで副作用が出ない人は絶対にミノキシジルとフィナステリドの方が効果があるのは明白。ミノキシジルやフィナステリドよりもキャピキシルの方が効果があると言っている奴は問題外!

しかし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用で使用できない人に関してはキャピキシルは今までにない良い選択の1つだと思う。

356 :毛無しさん:2016/011/20(火) 19:05:01
ダメ元でリアップからキャピキシル育毛剤(フィンジア)に乗り換えて1年ぐらいたつけど、かなり想像していた以上にいい感じ。頭頂部も分け目もリアップ使ってた時と同じくらい効果があるように感じる。

抜け毛もかなり少なくなったので言うことなし!と言いたいところだけど・・・・値段が高い。後は満足!

627 :毛無しさん:2017/12/11(火) 16:43:40
AGAクリニックの先生が言っていたけど、間違いなくキャピキシルよりもミノキシジルやフィナステリドの方が薄毛治療に効果的だと言っていた。

ただ、ミノキシジルやフィナステリドが副作用で使えない人の取ってはキャピキシルを試してみるのもアリらしいぞ。

以上のように2chでもキャピキシルが賛成派と反対派がいるようです。ま~、これはキャピキシルだけではなくミノキシジルやフィナステリドでの賛成・反対の意見というのは存在するのでそこまで珍しい事ではありません。

 

ただ、やはり多くの人の意見としてはキャピキシルという成分自体の効果は期待できるかもしれないけど、ミノキシジルやフィナステリド程の効果は期待できないというのが大方の意見ではないでしょうか。

 

やはり、本気で薄毛の治療を行いたいのであればミノキシジルやフィナステリドを使用する方が効果が期待できます。しかし、副作用の心配がある人にとってはキャピキシルという選択肢も良いのではないでしょうか。

 

実際に、2チャンネルの書き込みの中にはロゲインやリアップなどのミノキシジル育毛剤からキャピキシル育毛剤に乗り換えて効果に満足している人もかなりたくさんいたように思います。

人気キャピキシル育毛剤比較ランキング

ここまでキャピキシルの成分の効果や副作用のついて解説してきましたが、実際にキャピキシル成分を配合している育毛剤にはいくつか種類があります。

 

そこでキャピキシル成分を配合している育毛剤の中で人気の高い育毛剤をランキング形式で紹介します。

 

フィンジア

  • 全額返金保証
  • 送料無料
  • 定期購入可能
  • 初回から定期解約可能

キャピキシル育毛剤の中でも配合されている成分・コストパフォーマンス・保証制度などを総合的に判断した結果、ダントツの1位です。特にキャピキシルの他にミノキシジル誘導体というミノキシジルによく似た成分のピディオキシジルも配合されているので他のキャピキシル育毛剤よりも効果が期待できます。

ココがポイント!

  • キャピキシル5%配合
  • ピディオキシジル2%配合
  • キャピキシル育毛剤人気No.1
価格 14,100円
定期価格 9,980円
内容量 50ml
おススメ度

Deeper3D

    • 全額返金保証
    • 送料無料

2位はキャピキシル育毛剤のパイオニアであるディーパー3Dです。キャピキシルという成分がここまで人気になる前からキャピキシルという成分に注目して配合してきた育毛剤です。ディーパー3Dはキャピキシルのほかにアデノシンなどの注目成分も配当されている。

ココがポイント!

  • キャピキシル5%配合
  • リデンシル5%配合
  • 定期コースでの取り扱いがない
価格 12,800円
定期価格 取り扱いなし
内容量 60ml
おススメ度

ザ・スカルプ5.0C

  • 全額返金保証
  • 送料無料
  • 定期購入可能
  • 初回から定期解約可能

3位はザスカルプ5.0Cです。60日間の全額返金保証がついている上に、2本分まで全額返金保証の対象というかなり保証制度に優れたキャピキシル育毛剤です。せっかく高いお金を出して育毛するなら、絶対に効果のない育毛剤は使いたくないという人におススメ。

ココがポイント!

  • キャピキシル5%配合
  • 初回は半額の4,980円で購入可能
  • 60日間の全額返金保証付き
価格 15,000円
定期価格 10,000円
内容量 80ml
おススメ度

THE SCALP5.0Cの公式サイトをチェックする

まとめ:キャピキシルで得する人と損する人はこんな人!

ここまでキャピキシルの育毛効果や副作用、口コミについて私が徹底的に調べた内容を紹介してきました。

 

記事を読んでいただいたのであればキャピキシルのメリットとデメリットについてはある程度理解してもらうことが出来たのではないでしょうか?

 

最後にもう一度キャピキシルはキャピキシルがおすすめな人とそうでない人について振り返っておきます。

 

あなたはキャピキシルを使って得する人なのか損する人なのかの判断する参考にしてみてください。

得する人
  • 副作用なく育毛したい人
  • 薄毛予防や初期~中期の薄毛やの人
  • ミノキシジル育毛剤から乗り換えたい人
損する人
  • 最も高い育毛効果を求める人
  • 出来るだけ育毛にお金を掛けたくない人
  • かなり薄毛が進行している人

コメントを残す