フィンジアは医薬品ではないどころか医薬部外品ですらない!

使用前に育毛剤の効果を推し量る目安として、その育毛剤が薬機法(旧薬事法)の定義によりどのように分類されるかということがあります。

薬機法では医薬品等の品質、有効性及び安全性を示すうえで、医薬品・医薬部外品、化粧品という3つのグループを設けており、そのうちフィンジアは化粧品に分類されます。

化粧品に分類されるフィンジアの育毛効果は薬機法ではどのように示されているのかを詳しく解説します。

薬機法とは?

化粧品として分類されるフィンジアの効果を考察する上で、そもそも薬機法とはどのような法律なのかを簡単に解説します。

薬機法とは医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の事で薬機法第1条にその目的が記載されています。

薬機法第一条:(目的)
この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。

つまり、要約すると医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品をハッキリと分類し規制することで、品質や有効性、安全性を確保するための法律です。ここで規定されいる事を医薬品、医薬部外品、化粧品を販売する業者守らなければなりません。

そして、医薬品・医薬部外品・化粧品はそれぞれによって扱いが変わり、規制される内容も違ってきます。

医薬品・医薬部外品・化粧品の定義

薬機法では医薬品・医薬部外品・化粧品を以下のように分類しています。

分類名 定義
医薬品 ・診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているもの

・身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされているもの

医薬部外品 ・吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止、あせも、ただれ等の防止、脱毛の防止、育毛又は除毛を目的として使用されるもの

・人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用されるもの

・人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用される若しくは化粧品に分類されるもののうち厚生労働大臣が指定するもの

化粧品 ・人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの

つまり、医薬品育毛剤は治療や予防のために頭皮に影響を及ぼす事を目的として使用され、医薬部外品育毛剤は脱毛の予防や育毛を目的として使用され、化粧品育毛剤は頭皮や髪の衛生を保ち毛髪を健やかに保つことを目的としてしようされるものといえます。

これらの分類から見ると育毛剤が髪に与える影響の強さとしては医薬品育毛剤>医薬部外品育毛剤>化粧品育毛剤とハッキリとみて分かります。

化粧品であるフィンジアを使っても望みは薄い

フィンジアには医薬品育毛剤に配合されているミノキシジルとよく似た成分ピディオキシジルとミノキシジルの3倍の効果があるとも噂されるキャピキシルという二大新成分が配合されています。

 

しかし、厚生労働省からこれらの成分が承認・認可をうけているわけではないので薬機法での分類は化粧品ということになります。

 

つまり、フィンジアを使用したとしても医薬品育毛剤のように薄毛の治療は望めないどころか医薬部外品のように育毛・薄毛の予防効果すら望めないということがわかります。

フィンジアは公式サイトでは育毛効果が凄くあるかのように宣伝されていますが、実際には化粧品に分類されるため頭皮を清潔にし健やかで健康的な髪の毛を保つ事が目的で使用します。頭皮への影響や作用は緩やかで医薬品育毛剤や医薬部外品育毛剤に比べて育毛効果の望みは薄いと言わざるを得ません。

フィンジアのゲートアクセス理論が全然理論的ではない!

フィンジアが成分の他に推しているのがフィンジア独自のゲートアクセス理論です。しかし、このゲートアクセス理論をよくよく調べてみると全然理論的ではないことに気づきました。

 

と、言うことはキャピキシルやピディオキシジルがゲートアクセス理論によって頭皮に浸透すると言っていますが実際には全然頭皮に浸透しないのでは?と思った次第です。それでは実際には私がゲートアクセス理論について調べた個人的な見解をどうぞ!

 

ゲートアクセス理論とは?

まず、はゲートアクセス理論がどういうものなのかをわかりやすく解説します。

 

ゲートアクセス理論の鍵となるのはカプサイシンという成分です。カプサイシンは唐辛子の辛味おもたらす主成分で結構有名な成分なのであなたもカプサイシンという言葉を聞いた事があるのではないでしょか?

 

そして、ゲートアクセス理論はこの辛いものを食べた時にドット汗が吹き出る原理を応用して固く閉じられた状態の毛穴を一時的に柔軟化して開きキャピキシルやピディオキシジルなどの育毛成分を毛根まで届けるとい理論です。

 

頭皮にカプサイシンを塗っても意味がない!

フィンジア独自のゲートアクセス理論には決定的な穴があります。それがカプサイシンによる毛穴の開く原理についての認識です。

フィンジアのゲートアクセス理論はカプサイシンそのものが毛穴を開いて汗を拭き出させるという認識のようですが実はそうではありません。

 

辛いものを食べて汗が吹き出る原因は「味覚性発汗」という生理現象が関係しています。

 

例を出して説明すると、唐辛子などの辛味を食べた場合に汗が吹き出た経験がないですか?この時、舌で感じた刺激が味覚ではなく痛さや熱さを感じる感覚神経で脳に伝えられることにより生理現象として発汗するように人の身体は作られています。(ただし、なぜ汗が出るのかは今の所わかっていないようです。)

 

つまり、辛味を食べた時に刺激を味覚ではなく感覚神経で脳に伝えた場合に起こる現象であって、カプサイシンの作用で汗が吹き出ているわけではないのです。

 

その証拠に、辛いものをではなくレモンなどの酸っぱいものを食べた時にまパッと毛穴が開いて汗が出てくる経験があると思います。つまり、別にカプサイシンのような辛味ではなくても起こりうる現象だということです。

 

その点から考えるとカプサイシンを育毛液に配合して頭皮に塗ったところで汗は吹き出ないという結論に至りました。

 

想像してみてください。仮に七味唐辛子を手に吹きかけたところで毛穴が開いて汗が出てくるということはないと思います。でも、唐辛子をそのまま口に含むと汗が吹き出てきます。

 

やはり、ゲートアクセス理論はカプサイシンと汗の関係性を全く理解せずに、イメージだけで導き出した理論的ではない理論だと思います。

Next.フィンジアは医薬部外品ですらなく化粧品

全額返ってこないフィンジアの全額返金保証

フィンジアには薬局やドラッグストアなどで販売されている育毛剤とは違い『全額返金保証制度』が設けられています。フィンジアは他の育毛剤に比べて相当値段が高いので『フィンジアを使ってみて効果がなかったらどうしよう?』という購入者の不安を解消してくれる制度といえます。

 

又、公式サイトにも大々的に『万が一実感できなければ全額返金します。』と書かれているので、育毛効果を実感できることが前提だというメーカー側のフィンジアへの自信すら感じることが出来ます。でも実際にはフィンジアの全額返金保証制度こそが落とし穴だったんです。

フィンジアの全額返金保証

全額返金保証期間は30日以内

まず、フィンジアの全額返金保証が利用できる期間は30日以内と期間の設定がされています。『万が一実感できなければ全額返金します。』とかなり自信満々に謳っているわりには全額返金保証期間が短いように感じます。それだけ自信があるのであれば保証期間を設けなくてもいいはずなのに、期間を設けている時点で全額返金保証を利用されることにビビっているのではとも感じました。

 

『もしかしたら、30日以内に効果を実感できるのでは?』とも思ったのですが、そもそも医薬品の育毛剤ですら30日で育毛効果を実感することは難しいのに、医薬部外品ですらないフィンジアが30日以内に効果を実感することが出来るはずはないのです。

 

そう考えると、この全額返金保証を設けている目的は『フィンジアを使ってみて効果がなかったらどうしよう?』という購入者の不安を解消し、取り合えずフィンジアを購入させるための制度ではないかと感じました。

 

30日以内でも返金してくれない事も・・・

フィンジアの返金保証の適用期間は30日なので30日以内でも全額返金してもらえないケースがあります。それは以下の3つ場合です。

以前にもフィンジアを購入したことがある人
フィンジアの2本目を使用している人
返品前に事前に連絡していない人

③に関しては仕方がないと思いますが①と②に関しては“効果を実感できなければ”という文言を入れているのであればそれぐらいは大目に見てもらってもいいと思うのですが・・・。

 

やはり、この点からも取り合えず取り合えず商品を買わせようというメーカー側の思惑が伺えます。

 

返金額は全額ではない

全額返金保証というぐらいだからお金を払った分全額返金してくれるのだろうと思っていたらそうではありません。実際には以下のお金を購入者が負担しなければなりません。

・商品購入時の送料・・・640円

・返品にかかる送料・・・1000円

・返金にかかる振込手数料・・・300円

・代引き購入者は代引き手数料・・・420円

※合計・・・2360円は購入者が負担しなければならない

全額返金保障と言っておきながら実際には2000円前後の金額は購入者が負担しなければいけません。購入者がいくらかお金を負担しなければいけない時点で全額返金保証ではなくただの〝返金保証〟と表記すべきではないでしょうか。
ただし、同じような制度が設けられているネットで販売されている育毛剤はフィンジアと同じく〝全額返金保証〟という表記をしながら購入者に同じように色々な金額を負担させているようです。

 

これはフィンジアに限ったことだけではないので育毛剤業界全体として〝全額返金保証〟という表記の見直しを行ってもらいたいものですね。

 

その他にもこんなことが・・・

フィンジアの全額返金保証を利用すると今後一切フィンジアの購入が出来なくなってしまうようです。そもそも、全額返金保証を利用している時点で再度フィンジアを購入しようと思う人はあまりいないと思いますがそれでもわざわざそういう規定を設けているところがどうかと思います。

 

だって、返金保証を利用した後で『やっぱり効果あったかも!』って思う人も中にはいるかもしれないじゃないですか?でも、そういう人は無視して“全額返金保証を利用したら今後フィンジアを購入できない”という規定を設けることで全額返金保証を利用しようか悩んでいる人を脅しているのだと思います。

 

そもそも、フィンジアを使って30日以内に効果なんて実感できるはずないのに、実感できなかったから全額返金保証を適用しようとしている人を脅して全額返金保証を適用させないというやり口は正直汚いと個人的には感じました。

 

こんな規定を設けているのはフィンジアだけではないでしょうか?

 

Next.ゲートアクセス理論は理論的に無理がある

フィンジアのキャピキシル・ピディオキシジルは本当に有効なのか?

フィンジアにはキャピキシルとピディオキシジルという育毛業界で話題の新成分が配合されていますがこれらの成分は本当に有効なのでしょうか?

 

実際にフィンジアを使ってみて効果がなかった私の立場からするとこれらの2成分の育毛効果については疑問を感じざるを得ません。そこで、この疑問について詳しく調べてみることにしました。

 

育毛に効果があるとされる成分はミノキシジルとフィナステリドだけ

男性型脱毛症診断ガイドラインから成分を考察

男性型脱毛症診断ガイドラインとは公益社団法人である日本皮膚科学会が作成した薄毛治療についてのガイドラインです。このガイドラインを作成した経緯はこのように記されています。

 

最近になり男性型脱毛症に有効な外用,内服の育毛剤が開発され,皮膚科診療においても積極的に使用されるようになってきた.しかし,それでもなお皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が社会的に横行し,無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくない。
このような現状の中で,科学的根拠に基づいた情報を選び出し,男性型脱毛症の診療ガイドラインを作成することは,医師,患者双方にとって標準的治療法を促進するために重要である.欧米では既に診療ガイドラインが作成・公開されているが,人種,医療制度,社会的背景などに大きな違いがあり,そのままわが国の診療ガイドラインとして受け入れるのは難しい.そこで,わが国の実情に即した男性型脱毛症診療ガイドラインの作成にとりかかった。

つまり、現在販売されている育毛剤や育毛治療の中には科学的根拠に基づかないモノが多いく、そういった意味のない治療や育毛を行う人を減らす為に作成されたのです。

 

 

A 行うよう強く勧められる(少なくとも 1 つの有効性を示すレベルIもしくは良質のレベルIIの科学的根拠があること)
B 行うよう勧められる(少なくとも 1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベルIIか良質のレベルIIIあるいは非常に良質のIVの科学的根拠があること)
C1  行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がない(質の劣るIII~IV,良質な複数のV,あるいは委員会が認めるVI)
C2 根拠がないので勧められない(有効の科学的根拠がない,あるいは無効であるエビデンスがある)
D 行わないよう勧められる(無効あるいは有害であることを示す良質の根拠がある)

このガイドラインでは薄毛の治療を行う上で上記の成分の推奨度がA、B、C1、C2、Dの5段階で判定されています。そして、育毛に有効だと言われている成分の中でミノキシジルとフィナステリドだけがA評価を獲得しています。

 

私も調べて驚いたのですが、実は育毛に効果的と科学的根拠に基づいて立証されている成分はミノキシジルとフィナステリドだけなのです。これは人工知能やら無人で車を運転することが出来る科学技術が発達している2017年現在においてもこの二つの成分だけだそうです。

 

多くの育毛剤メーカーはいろいろな育毛に関する有効な成分を〇種類配合というように宣伝していますが、実際にこれらは医学的根拠に基づいて育毛効果があると立証されている成分ではないのです。

 

育毛剤に含まれている有効成分とはどういうものなのか?

ミノキシジルとフィナステリド以外の成分は育毛効果に科学的根拠がないという事実を解説しました。でも、育毛剤の公式サイトを見ていると『有効成分〇種類配合』という文言を目にします。育毛効果に科学的根拠がないのに『有効成分』という表記はおかしいのでは?と感じますよね。

 

実際に多くの育毛剤メーカーが表記している『有効成分』とはどういうものの事を指すのでしょうか?

 

有効成分とは医薬部外品に配合され、その成分の効果・効能に対して厚生労働省認可をしている成分の事を言います。つまり、有効成分が配合されているということは医薬部外品に該当するということになります。具体的にはセンブリエキス・ジフェンヒドラミンHCI(塩酸ジフェンヒドラミン)・グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)などが有効成分として認められていまがキャピキシル・ピディオキシジルについては有効成分として認められていません。

 

厚生労働省が認可しているのは育毛効果とは限らない!

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律では医薬品、医薬部外品、化粧品についての定義がハッキリとされています。

 

医薬品 治療又は予防を目的とするもの
医薬部外品 人体に対する作用が緩和なものであり、予防を目的とするもの
化粧品 人体を清潔、美化など衛生を目的とするもの

そして、有効成分が配合されている医薬部外品は予防を目的とする為に使用するものであるという位置づけであり、厚生労働省が認可している効果・効能というのは薄毛の予防効果を認めているものに過ぎないという事です。

 

そして、化粧品に至っては育毛効果どころか予防の効果すら認められておらず、清潔・美化を目的として衛生面での効果しかありません。そして、何よりフィンジアは医薬品でもなければ医薬部外品でもなく化粧品に分類されるので清潔・美化の点でしか効果はありません。

 

フィンジアを購入する意義はもはや0

冒頭でも上げましたが、フィンジアの一番の売りは『キャピキシル』と『ピディオキシジル』という二大新成分です。

 

しかし、キャピキシルとピディオキシジルは育毛効果に科学的根拠がないことは男性型脱毛症診断ガイドラインを考察することでわかりました。又、厚生労働省に効果効能が認められている有効成分にも該当しないこともわかりました。

 

更には、フィンジアに含まれているキャピキシル・ピディオキシジル以外の成分についても有効成分が配合されていない為、フィンジアは化粧品として該当することになります。つまり、フィンジアは頭皮の清潔・美化などの衛生的な効果しかないといえます。

 

育毛業界で注目の新成分『キャピキシル』と『ピディオキシジル』が配合されているから50mlで12800円という高額な価格設定になっているのだと思いますが、さすがに頭皮を衛生的に保つためにそれだけ高額なお金を支払う人はいないのですよね。

 

恐らく、あなたはフィンジアを育毛目的で購入しようか悩んでいるのだと思いますが、フィンジアに育毛効果が期待できないことは歴然だと個人的には分析しました。

 

Next.全額返金保障は全額返ってこない

フィンジアのステマに騙されてはいけない!ステマを見抜く方法とは?

フィンジアの成分や効果についてあくまでも個人的に調べた情報や体験した事実をもとに記載していますが、全部があなたに当てはまるとは限らないかもしれません。

もしかしたら、フィンジアの効果が実感できないのは私だけなのかもしれません、実際に私が調べた内容についても誤りがある可能性も0ではないからです。

 

しかし、フィンジアの口コミサイトについてはステマが多いということは事実であると確信しています。

というより、これはフィンジアだけに限った話ではないのですが、育毛剤の口コミサイトにはステルスマーケティング(いわゆるステマ)が多いです。その理由はステマサイトからフィンジアなどの育毛剤が購入された場合にステマサイトの管理者に紹介料が入るアフィリエイト広告の可能性が高いからなのです。

そして、何よりこのサイトもいわばステマサイトの一種だからです。

口コミサイトを運営するにはお金が掛かる

そもそも、あなたはフィンジアやほかの育毛剤についての多くの口コミサイトを目の当たりにしてきたと思いますが、それらの管理人はどうして口コミサイトを運営するのでしょうか?

本当にその育毛剤が好きでみんなに使ってほしいから?それとも趣味?それともボランティア?おそらく、中にはそのような方もいるかもしれませんがそれはごくわずかで大半は違うと思います。

なぜなら、サイトを運営するにはドメイン代やサーバー代や育毛剤を購入するお金などのお金が掛かるからです。

それらのお金をかけてでも育毛剤の口コミをするなんて普通に考えるとありえないですよね?だから、育毛剤のメーカーから紹介料をもらって口コミサイトを運営しています。

勿論、このサイトについてもそうです。ただ、フィンジアはあまりにも効果と口コミ内容に差がありすぎると感じており、フィンジアを購入するのであれば私の紹介している育毛剤の方が効果が高いと思うからこの口コミサイトを運営しているわけです。

 

はっきり言って、私の口コミサイト経由で育毛剤を買わなくてもいいです。事実として医薬品でも医薬品でもない化粧品に分類されるフィンジアに1万円ものお金を出して購入するのは勿体ないということを知っておいてください。

 

ステマかどうかの見分け方!

確かにステマは自分の利益の為だけに、フィンジアを良いように紹介して無理やり購入させようとする口コミサイトがとても多いです。そういった口コミステマサイトはあたかも自分が使用して育毛効果があったかのように偽ります。

 

そういったサイトの情報は間違いなく嘘なので気を付けてください。ではどのような口コミサイトが正しいと見極めるのか?それは、自分にとってはっきりと不利益なことを伝えているかどうかです。

 

例えば、フィンジアの場合、ミノキシジル育毛剤とフィンジアを比較した場合に育毛効果が高いのは明らかにミノキシジル育毛剤です。その理由はミノキシジル育毛剤は医薬品(薬)という位置付けの育毛剤であり、フィンジアは医薬部外品という位置付けの育毛剤だからです。

これを伝えると、ほとんどの人がミノキシジル育毛剤を購入することになるので、自分の不利益であり、多くの人はこの事実を公開しません。

ミノキシジル育毛剤以外は全く意味がない?

上記のことを聞くと『ミノキシジル育毛剤以外の育毛剤は全く意味がないのでは?』と思うかもしれません。しかしまったく意味がないというわけではありません。なぜなら、ミノキシジル育毛剤にもデメリットがあるからです。

ミノキシジルは医薬品として育毛効果はほかの育毛剤よりも効果が断然高いのですが、副作用があるという欠点があるのです。そして、この副作用に悩んでいる人は意外に多かったりします。実際に日本で唯一ミノキシジルを配合しているリアップX5の副作用が起こる可能性は使用者の8.7%という調査データが厚生労働省の調査からわかっています。

つまり、リアップを使用してた人の12人に1人は副作用を発症する可能性があるのでミノキシジル育毛剤を使いたくても副作用が原因で使えない人が出てきます。そういった場合に、ミノキシジル以外の育毛剤を使用することで副作用の心配なく育毛を行えるというわけです。

勿論、その場合にはミノキシジル育毛剤に比べて育毛効果はかなり劣りますが、何もしないよりは医薬部外品育毛剤を使用するほうがいいのは明白です。

と、いうことで基本的には育毛を目的とするのであれば医薬品のミノキシジル育毛剤が一番効果が高いです。ただ、副作用のリスクもあるので初期の薄毛の人や薄毛予防を目的で育毛剤を使いたい人は医薬部外品育毛剤をおすすめします。

くれぐれもフィンジアは買わないでください。フィンジアは医薬品でも医薬部外品でもない化粧品に分類される育毛剤なので効果は化粧品並みで、ほぼ、気休めに近いと思います。

Next.フィンジアの成分に医学的根拠がない