【注意!】キャピキシルシャンプー効果なし!!その理由は…

 
このページを見ているあなたは、キャピキシルに凄く魅力を感じているかもしれませ。しかし、キャピキシルシャンプーを購入する事はおすすめしません。なぜなら、キャピキシルシャンプーに育毛効果はないからです。

なぜ、キャピキシルシャンプーに育毛効果はないのか?

多くの方が勘違いしていることなのですがスカルプシャンプーには育毛効果があると勘違いしている人が多いのです。これは、テレビCMなどで有名なスカルプDで薄毛の改善に成功した雨上がり決死隊の宮迫さんのイメージが強いからだと思われるのですが、決して宮迫さんはスカルプシャンプーで薄毛を改善したわけではありません。

 

そもそも、シャンプーというのはあくまでも頭皮を洗うものであって、髪の毛を育毛する目的で使用するものではありません。中にはキャピキシルなどの育毛効果があるかのような成分が配合されているスカルプシャンプーも数多くありますが、結局はシャンプーした後にその成分を洗い流すので効果は全くないといってもいいほどです。

 

それであれば、キャピキシル成分を配合した育毛剤の方が成分を洗い流さないので頭皮に浸透してもっと効果が期待できると思いませんか?

では、キャピキシル育毛剤あら効果があるのか?

 

上記でも言ったようにキャピキシル成分を配合したスカルプシャンプーには育毛効果はありません。では、キャピキシル成分を配合したスカルプシャンプーには効果があるのかという点についてなのですがこれについても疑問があります。

 

まず、そもそもキャピキシルという成分は『ミノキシジルの3倍の効果が期待できる』などと言われていますが、実際にはそれをハッキリと立証しているデータはありません。

 

キャピキシルはカナダの化粧品メーカーが開発した新成分なのですが、キャピキシルに関する試験データはマウスを使った実験データであり、人の頭皮で行われたものではないのです。

 

しかも、そのデータにあるミノキシジルの3倍の効果を示したデータについても発毛効果が3倍というわけではなく、発毛シグナルが3倍多いという試験データが出ただけです。この発毛シグナルと発毛効果の関係についてはハッキリとしたことが分かっておらず、この数値が3倍だからと言ってミノキシジルの3倍の効果だとは断定できないのです。

 

しかも、それ以外の血行促進作用などは一切比較されておらず、結果的には発毛シグナルだけがミノキシジルと比較すると3倍の数値を示したに過ぎないのです。

キャピキシル成分を配合している育毛剤は化粧品

育毛剤は医薬品・医薬部外品・化粧品の3つに分類され、育毛効果の高さも医薬品育毛剤>医薬部外品育毛剤>化粧品育毛剤と厚生労働省が公表しています。そして、キャピキシル成分を含む育毛剤の中で、最も人気のある育毛剤がフィンジアです。

 

しかし、このフィンジアは実は医薬品でなければ、医薬部外品でもなく化粧品育毛剤に分類されるのです。因みに、化粧品として使用する育毛剤の目的は『頭皮や髪を清潔に健やかに保つ事』であり、育毛や薄毛の予防すらできるかどうかきわどいラインなのです。

 

と、言うことはキャピキシル成分を含む育毛剤ですらそこまで育毛効果が期待できないのにキャピキシル成分を含むスカルプシャンプーに育毛効果を期待するほうがそもそもの間違いなのです。だから、もしあなたがキャピキシル成分を配合しているシャンプーを購入しようとしているのであれば育毛効果はないので購入するのはあまりおすすめできません。これは、薄毛予防についても同じです。

 

もし、薄毛の予防をするのであればスカルプケアシャンプーではなく医薬部外品育毛剤の使用をおすすめします。医薬部外品育毛剤は育毛効果があるのはもちろん、医薬品育毛剤のような副作用の心配もないので安心して薄毛予防を行うことが出来ます。

キャピキシルに関する知恵袋に対する質問の回答が的確過ぎる!

キャピキシルという育毛業界でも話題の新成分ですが、なんと育毛に最も効果があるといわれているミノキシジルの3倍の効果があるとの噂も・・・。本当にそんなに効果があるのか?と疑ってしまうほどです。でも、この噂のほとんどはステマサイトによる書き込みが多く真偽は不明。

 

そこで、実際に育毛に詳しい人が回答しているヤフー知恵袋でのキャピキシルの質問に関する回答を確認してみました。すると、かなり的を得た回答をしている書き込みがあったので、実際キャピキシル育毛剤を使った私の個人的な見解とともに紹介します。

 

キャピシルに関する知恵袋での質問に対する回答

キャピキシルは本当に効果があると思いますか?

キャピキシル含有の育毛剤が医薬品と認可されれば効果があるのだと立証されますが、ネットでしか買えないのであればほとんど効果は期待できないと思います。ミノキシジルやプロペシアが配合されている医薬品育毛剤でも効果があるのは10人に1人ぐらいらしいので、医薬品として認められていないキャピキシル成分を含む育毛剤ではほとんど効果はないでしょうね。ただ、ミノキシジルやフィナステリドを含む育毛剤にはインポになるどの精力減退があります。要するに効果を取るか安全性を取るかではないでしょうか。

管理人の個人的な見解:キャピキシルが医薬品に認定されていない以上、やはり効果があるかどうかはかなり微妙だと思います。もし、効果があるのであれば国から認められてしかるべきです。また、キャピキシルは画期的な新成分と言われている割にはあまり話題になっておらず、知名度も低いです。又、大手製薬会社もキャピキシル成分を配合している育毛剤などを販売していないことからやはり効果はないのではと思います。

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるというのは本当ですか?

キャピキシルはカナダのルーカスマイヤーコスメティックス社(Lucas Meyer Cosmetics)が開発した育毛成分で、ミノキシジルの3倍、毛包を成長させたというデータを公表しているそうです。 これがひとり歩きしてミノキシジルの3倍の効果と言われています。しかし、実際にルーカスマイヤーコスメティックス社が公表している試験データの資料を読めばわかるが必ずしも効果が3倍ではないという事です。ある程度の根拠が実証されているのもの、ミノキシジルの3倍の効果が立証されているわけではないです。

管理人の個人的な見解:まさしく正しい同じ意見で、ミノキシジルの3倍毛包を成長させるデータが出ているのであって、育毛効果が3倍なわけではありません。多くの口コミサイトではあたかもミノキシジルの3倍の効果があるとご表記していますが、これは間違いなくステマサイトです。もし仮に、キャピキシルの3倍の効果があるのであれば、世の中はキャピキシル育毛剤で溢れかえってもおかしくないです。

 

キャピキシル・ミノキシジル・フィナステリドはどれが効果がありますか?

・ミノキシジル(医薬品)⇒発毛を促す薬。
ミノキシジルは血管拡張剤として開発された成分で発毛効果があるとされタブレットの他外用薬として販売されています。国内では唯一、大正製薬が販売しているリアップX5等に使用されています。

・フィナステリド(医薬品)⇒脱毛を抑制する薬。
抗アンドロゲン薬(男性ホルモンが髪に悪影響を及ぼすメカニズム自体を抑える薬)。育毛を促進するというよりは、薄毛の原因である男性ホルモンを抑制して、抜け毛を減らすことが出来ます。ただし、EDなどの副作用の危険性がある。

・キャピキシル化粧品⇒発毛を促すと同時に脱毛を抑制する(と言われている)。
キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3という成分を組みあわせて作られた成分で、スカルプDから発売されているまつ毛用の育毛剤にもともとは配合されていたそうです。しかし、効果の根拠としては不明な部分が多く、医薬部外品としても認定されておらず化粧品として扱われている成分。

管理人の個人的な見解:私育毛剤には医薬品・医薬部外品・化粧品と3つに分類されるのですが、育毛効果の高さは医薬品>医薬部外品>化粧品の順になっています。そして、キャピキシル成分を含む育毛剤はメーカーの公式ページにはどれだけ良いことが書かれていても化粧品に分類されるので、効果は極めて低いことがわかります。女性用の化粧品を想像してもらえればわかりやすいと思いますが、劇的な効果は見られないですよね?気休め程度のもので、化粧品育毛剤にも同じようなことが言えます。

 

と、言うわけでキャピキシルに関する情報はネット上にあるどんな口コミサイトよりもかなり的を得た情報が回答されているなと個人的には思いました。実際に私がキャピキシル成分を配合した育毛剤“フィンジア”を使った体験レビューでも同じような感想を書いています。

 

管理人のキャピキシル育毛剤の体験談はこちら

キャピキシルと医薬品はどっちを買うべき?

 

育毛剤の購入を考えている人の中で、多くの人が迷う選択肢の中に『キャピキシル育毛剤』と『医薬品育毛剤』のどちらを購入すればいいの?と悩む人が多いと思います。

しかし、どちらを選ぶべきかはその人の薄毛の進行度合いによります。キャピキシル育毛剤と医薬品育毛剤は使用目的が違うので、実はこれらの育毛剤は自分の薄毛の進行度合を基準に選ぶ必要があるのです。

薄毛がかなり進行している人と、薄毛予防を目的として育毛剤を使用する人とでは使うべき育毛剤の種類が違うからです。

医薬品育毛剤とキャピキシル育毛剤の効果の違い

薄毛治療を治療したいと言う人は医薬品育毛剤


どうしても髪の毛を生やしたい、増やしたいという人には医薬品の育毛剤をすすめします。医薬品育毛剤を勧める理由はズバリ医薬品育毛剤は薬と認定されているからです。育毛剤といわれる製品には医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類があります。

そして、この3種類の中で育毛効果が高い順に並べると医薬品>医薬部外品>化粧品となります。

〇医薬品育毛剤・・・育毛・発毛を行う
〇医薬部外品育毛剤・・・抜け毛・薄毛予防
〇化粧品育毛剤・・・頭皮の環境を整える

つまり、薄毛が進行していて薄毛を改善するためには医薬品育毛剤を使用するのが一番効果的なんです。

初期の薄毛・薄毛予防にはキャピキシル育毛剤


確かに医薬品育毛剤は効果が高いのですが、医薬品育毛剤が向かない人もいます。それは以下のような人です。

 

これは医薬品育毛剤であるリアップX5の取り扱い説明書にもしっかりと明記されていますので必ず守る必要があります。

 

〇初期の薄毛・抜け毛の予防が目的で育毛剤を使用する人

→初期の薄毛や薄毛予防を目的として育毛剤を使用する人には医薬品育毛剤は効果よりも副作用のリスクの方が大きい為、医薬品育毛剤の使用はオススメしません。と言うよりは、そもそも医薬品育毛剤は使用できないようになっています。

〇頭皮が弱い人(肌が弱い人)・アレルギー体質の人

医薬品育毛剤に配合されている成分の中で最もメジャーな成分はミノキシジルという成分です。

そして、このミノキシジルという成分は刺激が強い為、頭皮が弱い人やアレルギー体質の人は頭皮が被れたり、赤み、かゆみが出る可能性が極めて高いです。

〇低血圧の人

これも医薬品育毛剤に含まれているミノキシジルという成分が関係しているのですが、ミノキシジルはもともと低血圧患者の為の血管拡張剤として使用されていました。つまり、血管を拡張し血圧を下げる作用がありるからです。

〇未成年の人

未成年の人は身体が出来上がっていないので副作用のリスクが高いです。特に頭皮はデリケートなのですが使用する事を制限されています。

〇壮年性脱毛症ではない人

基本的に医薬品育毛剤は壮年性脱毛症の人が使用する育毛剤なので、壮年性脱毛症以外の脱毛症(例えば、円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等)の人には効果がありません。

また、実際にミノキシジル成分を含む育毛剤は上記で挙げられた人についての使用は禁止されています。そして、そう行った人にはキャピキシル育毛剤などの副作用の心配がない育毛剤を使用する方がいいです。

 

前述したように、医薬品育毛剤には副作用が存在します。ミノキシジルは育毛効果があるというメリットと、副作用があるというデメリットを持っているのです。

 

一方、キャピキシルはミノキシジル程の育毛効果は期待できないものの、副作用の心配がない為、医薬品育毛剤をおすすめしない人達が選ぶべき育毛剤なのです。

ピディオキシジルは効果ないのか本当の事を教えて欲しい!!

ミノキシジルと良く似た成分のミノキシジル誘導体(別名:ピディオキシジル)。このピデオキシジルですが、ミノキシジルと同じような育毛効果が期待されるうえに、ミノキシジルの唯一の欠点でもある副作用がないということで注目を集めている成分です。しかし、本当にそんな都合のいい成分があるのでしょうか。実際にいろいろ調べてみました。

成分構造がほぼ同じ?

ピディオキシジルは育毛に最も効果があると言われている成分であるミノキシジルとほぼ同じ分子構造をした成分です。と、言うよりは、ミノキシジルの育毛効果を残したまま、副作用を無くすことが出来ないかと考えて開発された成分がピディオキシジルなのです。

つまり、ピディオキシジルはミノキシジルを元に作った成分であり、似てて当たり前というわけです。

どこが違うのか?

ミノキシジルとピディオキシジルの原子構造の違いについてですが画像の丸で囲んでいる部分がミノキシジルは六角形なのに対してピディオキシジルは五角形になっています。

これはミノキシジルを構成する丸の部分の分子の炭素が1つ少ない事を示しています。つまり、簡単にいうとミノキシジルを構成する成分の一部分の分子から炭素を1つ取り除いたものがピディオキシジルというわけです。

ピディオキシジルの効果は

ピディオキシジルはミノキシジルとほとんど分子構造は変わらない事は説明しましたが、実際に効果に違いはあるのでしょうか?化学的な観点から見ると分子構造の違いは小さいとしても効果に大きな違いがある事は珍しくありません。

事実、ミノキシジルは副作用の危険性があるのに対してピディオキシジルには副作用の危険性がないとい事から見ても成分の違いは明らかです。

ミノキシジルは血管拡張作用により育毛促進する

ミノキシジルの体に及ぼす作用として最も影響が大きいのが血管拡張作用です。ミノキシジルはもともと低血圧患者の治療薬として使用されており、その副作用として育毛効果が認められた事から育毛剤として使用される事となりました。

そして、ミノキシジルに育毛効果があるのはこの血管拡張作用が大きく関係しています。ミノキシジルにより、血管が拡張される事で血流が良くなります。血流が良くなると血液によって毛根に言えようが行き渡り育毛促進されるというメカニズムです。

ピディオキシジルには血管拡張作用はない

一方、ピディオキシジルについてはミノキシジルと似た分子構造ですが血管拡張作用はありません。その理由はピディオキシジルが含まれる育毛剤フィンジアの使用上の注意を確認すれば明らかです。

ミノキシジルを含む大正製薬から販売されているリアップには使用上の注意のところに使用規制が設けられており、低血圧の人は使用しないように禁じられています。これは低血圧の人がミノキシジルを使う事で血管が拡張されてしまい、更に血圧が下がって健康被害が出る可能性があるからです。

一方、ピディオキシジル成分を配合しているフィンジアの使用上の注意には低血圧の人のへの使用は制限されていません。これは、ピディオキシジルには血管拡張作用がないため低血圧の人が使用しても特に問題がないからです。

血管拡張作用がないという事は効果もない

ミノキシジルに育毛効果が認められている理由は血管拡張作用による血行促進です。そして、ピディオキシジルには血管拡張作用がないという事はいくら成分の構造が似ていたとしても育毛効果は似て非なるものと言わざるを得ないと思います。

その他にも、ミノキシジルを配合している育毛剤は医薬品という言わば薬としての位置付けであるのに対して、ピディオキシジルを含む育毛剤については医薬品どころか医薬部外品にすら認定されておらず、位置付けとしては効果が気休め程度の化粧品という扱いです。

と言う事で、多くの口コミサイトではピディオキシジルはミノキシジルと同等の効果を持ちながら副作用の心配がない成分と言うように言われていますが、決してそんな事はないと個人的には思いますのであまり口コミサイトの情報を鵜呑みにしない方がいいですね。