キャピキシルは効果がないと思ったら実は・・・

キャピキシルは育毛業界でも話題の新成分という事で、あのミノキシジルの3倍の効果があるとまで噂されている成分です。

しかし、実際には男性の薄毛治療の指針でもある男性型脱毛症診断ガイドラインにも、育毛効果がある成分というような記載はなく、またキャピキシルを配合している育毛剤は医薬品どころか、医薬部外品ですらなく、化粧品に分類される育毛剤です。

私は肌が弱くてミノキシジルは使用できないので、正直言って化粧品に分類されるキャピキシルにミノキシジルを配合する医薬品育毛剤のような高価なないだろうなと思いながらもダメ元で使って見たら・・・・

想像以上に効果がありました!!

そこで、キャピキシルに興味があるあなたにキャピキシルはそのような成分なのか?や、どれぐらい効果があるのかについて解説したいと思います。

キャピキシルとは?

キャピキシルとはカナダの化粧品会社であるLucas Meyer Cosmetics社が開発した成分で、『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド3』という成分を組み合わせて出来た成分です。

アカツメクサ花エキスとは?

アカツメクサ花エキスとはヨーロッパ原産のハーブの一種で、喘息やがん、肌の疾患などに使用されてきました。そして、アカツメクサ花エキスにはイソフラボンが豊富に含まれていることから育毛成分としても注目を集めるようにありました。

イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きがあり、薄毛の原因となる男性ホルモンを生成する5αリダクターゼを抑制して薄毛の進行を止める働きがあります。

アセチルテトラペプチド3

アセチルテトラペプチド3とは4つのアミノ酸を人工的に組み合わせて作ったアミノ酸分子の事で、細胞修復作用に優れた成分です。

細胞修復作用が高いという事は老化した頭皮や毛坊細胞を修復することが出来るので、加齢による脱毛症の予防に効果的な成分だと言えます。

キャピキシルに副作用はあるのか?

キャピキシルにはミノキシジルの3倍の育毛効果があると噂されるほどの育毛成分なので、ミノキシジルような強い育毛効果があるのであればミノキシジルのような副作用があるのではと不安に思っても仕方がないと思います。

しかし、キャピキシルにはミノキシジルのような副作用の心配は一切いりません。なぜなら、キャピキシルというのは上記でも説明した通り、アカツメクサ花エキスという天然成分とアセチルテトラペプチド3というアミノ酸分子で出来た成分であり体に害のない成分だからです。

天然成分というのはシャンプーや化粧品などに含まれている成分であり、外用として使用するだけではなくて内服として使用されることもあるほど安全性の高い成分です。又、アミノ酸についてもスポーツドリンクやプロテイン等の体内に取り入れる商品にまで使用されるほどの安全性です。

そんな天然成分とアミノ酸分子から作られたキャピキシルにはミノキシジルのような医薬品に見られる副作用の心配はないというわけです。

因みに、キャピキシル開発メーカーであるLucas Meyer Cosmetics社の公式サイトにも『副作用を起こすことはない』としっかりと明記されています。

開発メーカー側は注意喚起をする立場にあるので、万が一副作用の危険性がある場合にはしっかりの記載しなければいけませんが、『副作用を起こすことはない』とあえて明記するという事はそれだけ安全な成分だということが分かります。

実際に私も育毛剤としてキャピキシルを使用しましたが、本当に副作用は一切出ませんでした。

キャピキシルは女性にも効果的?

日本国内ではミノキシジルが配合されている医薬品育毛剤であるリアップはミノキシジル成分を5%配合しているリアップX5と、ミノキシジル2%配合しているリアップレディースと言うように男性用と女性用に分けられています。

これはなぜかというと、ミノキシジルというのは男性よりも女性の方が副作用の危険性が高いために配合されているミノキシジルの濃度が抑えられているのです。

では、キャピキシルについても男性については副作用はないけど、女性に関しては副作用の危険性があってもおかしくありません。

実際にキャピキシルが配合されている育毛剤というのはキャピキシル濃度がミノキシジルと同じく5%で配合されているものがほとんどなので、リアップレディースのようにキャピキシル2%の女性用育毛剤があっても不思議ではありません。

しかし、キャピキシルは女性が使っても男性と同じく副作用の心配はありません。その理由は、上記の『キャピキシルに副作用はあるのか?』でも説明した通り、キャピキシルは副作用の心配のない天然成分とアミノ酸分子で出来ているからです。

というよりはむしろ、キャピキシルは男性よりもミノキシジルの副作用の危険性がある女性の方が育毛に効果的な成分ではないかと思います。

キャピキシルの2ちゃんねるでの評価は?

キャピキシルのような新しい育毛成分の世間の評価を知りたいなら日本最大の掲示板サイトの2chでキャピキシルに関するスレッドを確認するのが手っ取り早いです。

そこで、実際に2チャンネルでキャピキシルに関する参考になる書き込みを抜粋してみました。

キャピキシル育毛剤を使い始めて一ヵ月ぐらいが経ったが、正直言って目に見えた変化はまだない。ただ、ミノキシジルの時はべたつきが不快だったがキャピキシルは使用後も頭皮がサラサラなので夜寝る前や、朝出かける前に使用しても気にならない。

しかも、自分ではあんまり変化がないと思っていたが、奥さんが『最近髪の毛ボリューム増えた?』って何気なしに言われたときはガッツボーズした。

朝にキャピ使って、夜のミノキ使って早3ヵ月。

少しずつではあるが生え際に産毛が生え始めてきた。キャピとミノキ併用したら副作用のリスクも下がるからおすすめ!

ミノキシジルやフィナステリドで副作用が出ない人は絶対にミノキシジルとフィナステリドの方が効果があるのは明白。ミノキシジルやフィナステリドよりもキャピキシルの方が効果があると言っている奴は問題外!

しかし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用で使用できない人に関してはキャピキシルは今までにない良い選択の1つだと思う。

ダメ元でリアップからキャピキシル育毛剤(フィンジア)に乗り換えて1年ぐらいたつけど、かなり想像していた以上にいい感じ。頭頂部も分け目もリアップ使ってた時と同じくらい効果があるように感じる。

抜け毛もかなり少なくなったので言うことなし!と言いたいところだけど・・・・値段が高い。後は満足!

AGAクリニックの先生が言っていたけど、間違いなくキャピキシルよりもミノキシジルやフィナステリドの方が薄毛治療に効果的だと言っていた。

ただ、ミノキシジルやフィナステリドが副作用で使えない人の取ってはキャピキシルを試してみるのもアリらしいぞ。

以上のように2chでもキャピキシルが賛成派と反対派がいるようです。ま~、これはキャピキシルだけではなくミノキシジルやフィナステリドでの賛成・反対の意見というのは存在するのでそこまで珍しい事ではありません。

ただ、やはり多くの人の意見としてはキャピキシルという成分自体の効果は期待できるかもしれないけど、ミノキシジルやフィナステリド程の効果は期待できないというのが大方の意見ではないでしょうか。

やはり、本気で薄毛の治療を行いたいのであればミノキシジルやフィナステリドを使用する方が効果が期待できます。しかし、副作用の心配がある人にとってはキャピキシルという選択肢も良いのではないでしょうか。

実際に、2チャンネルの書き込みの中にはロゲインやリアップなどのミノキシジル育毛剤からキャピキシル育毛剤に乗り換えて効果に満足している人もかなりたくさんいたように思います。

キャピキシルは効果がないと思ったら実は・・・な私の体験談

これまでいろいろとキャピキシルの成分や副作用、世間の評価などについて記載してきました。ですが、やはりあなたが気になるのは『キャピキシルって本当に効果があるの?』という部分だと思います。

私はキャピキシル育毛剤を使う前にキャピキシルについて上記で解説したような情報を色々調べてみました。そして、『多分、あんまり効果がないだろうな~』とほとんどダメもとで使用しました。

私が使用したキャピキシル育毛剤は『フィンジア』という育毛剤で、キャピキシル育毛剤の中では一番効果が期待できて人気の育毛剤でした。

しかし、使い始めて1カ月が経過した頃『やっぱりキャピキシルって効果ないのか・・・。高いお金を出してフィンジア買って損した』と半ばあきらめていました。

しかし、少しだけ、ほんの少しだけ何か今までの自分の髪の毛と違ったような気がして、3ヵ月だけ継続して使って見ることにしました。

3ヵ月使用して効果がなかったら辞めようと心に決めて使い続けてみると、3ヵ月が経過したころには髪の毛1本1本が太くなって、見た目的にも髪の毛が増えてきたのです。

そして、更に10カ月後にはキャピキシル育毛剤を使い始める前では想像も出来なかったぐらいに薄毛が改善してきました。

初めはキャピキシルなんて効果ないだろうなと思っていたのに実は・・・想像以上に効果があったのです。

キャピキシル育毛剤は化粧品なので効果がないと言っている人がいるけど・・・

因みにこれは余談ですが、キャピキシル育毛剤は医薬品でもなければ医薬部外品でもない化粧品に分類される育毛剤なので効果があるわけがないと批判している人がいますがこれは的外れな指摘です。

そもそも、フィンジアは医薬部外品に配合されている成分も配合されているのですが、キャピキシルやピディオキシジルという開発されて間もない成分が配合されている育毛剤なので厚生労働省から医薬部外品として認可がなかっただけなのです。

つまり、今後はキャピキシルやピディオキシジルの認知度が高まり、キャピキシル育毛剤が医薬部外品に認定されることも十分にあり得ます。

つまり、配合されている成分は医薬部外品と同等以上なのに、新成分が配合されていおることが原因で厚生労働省から認可が下りないだけで、効果がないと断言するのは浅はか過ぎると思います。

キャピキシル育毛剤を比較

実際に私はキャピキシル育毛剤で想像以上に薄毛を改善することが出来たので、個人的にはキャピキシル育毛剤はおすすめです。

ただ、キャピキシル育毛剤にもいくつか種類があって、中にはただただ価格が高いだけであまり効果が期待できない育毛剤もあるので、最後に私がおすすめするキャピキシル育毛剤を紹介して終わりにしたいと思います。

やはり1位は私が使用しているフィンジア!キャピキシル育毛剤の中でも配合されている成分・コストパフォーマンス・保証制度などを総合的に判断した結果、ダントツの1位です。特にキャピキシルの他にミノキシジル誘導体というミノキシジルによく似た成分のピディオキシジルも配合されているので他のキャピキシル育毛剤よりも効果が期待できます。まさに、キャピキシル育毛剤を初めて使うという人が手に取るべき育毛剤です。

2位はキャピキシル育毛剤のパイオニアであるディーパー3Dです。キャピキシルという成分がここまで人気になる前からキャピキシルという成分に注目して配合してきた育毛剤です。ディーパー3Dはキャピキシルのほかにアデノシンなどの注目成分も配当されているのでフィンジアのような効果も十分に期待できるのですが、全額返金保証期間が14日間と短い事と価格が高いことがネックで私は購入を避けました。

3位はザスカルプ5.0Cです。60日間の全額返金保証がついている上に、2本分まで全額返金保証の対象というかなり保証制度に優れたキャピキシル育毛剤です。せっかく高いお金を出して育毛するなら、絶対に効果のない育毛剤は使いたくないという人におススメ。ザスカルプ5.0Cを60日間で2本使い切って髪の毛に全く変化が感じられなければ全額返金保証でお金を返してもらいましょう!

私のフィンジア体験談はこちら

【注意!】キャピキシルシャンプー効果なし!!その理由は…

 
このページを見ているあなたは、キャピキシルに凄く魅力を感じているかもしれませ。しかし、キャピキシルシャンプーを購入する事はおすすめしません。なぜなら、キャピキシルシャンプーに育毛効果はないからです。

なぜ、キャピキシルシャンプーに育毛効果はないのか?

多くの方が勘違いしていることなのですがスカルプシャンプーには育毛効果があると勘違いしている人が多いのです。これは、テレビCMなどで有名なスカルプDで薄毛の改善に成功した雨上がり決死隊の宮迫さんのイメージが強いからだと思われるのですが、決して宮迫さんはスカルプシャンプーで薄毛を改善したわけではありません。

 

そもそも、シャンプーというのはあくまでも頭皮を洗うものであって、髪の毛を育毛する目的で使用するものではありません。中にはキャピキシルなどの育毛効果があるかのような成分が配合されているスカルプシャンプーも数多くありますが、結局はシャンプーした後にその成分を洗い流すので効果は全くないといってもいいほどです。

 

それであれば、キャピキシル成分を配合した育毛剤の方が成分を洗い流さないので頭皮に浸透してもっと効果が期待できると思いませんか?

では、キャピキシル育毛剤あら効果があるのか?

 

上記でも言ったようにキャピキシル成分を配合したスカルプシャンプーには育毛効果はありません。では、キャピキシル成分を配合したスカルプシャンプーには効果があるのかという点についてなのですがこれについても疑問があります。

 

まず、そもそもキャピキシルという成分は『ミノキシジルの3倍の効果が期待できる』などと言われていますが、実際にはそれをハッキリと立証しているデータはありません。

 

キャピキシルはカナダの化粧品メーカーが開発した新成分なのですが、キャピキシルに関する試験データはマウスを使った実験データであり、人の頭皮で行われたものではないのです。

 

しかも、そのデータにあるミノキシジルの3倍の効果を示したデータについても発毛効果が3倍というわけではなく、発毛シグナルが3倍多いという試験データが出ただけです。この発毛シグナルと発毛効果の関係についてはハッキリとしたことが分かっておらず、この数値が3倍だからと言ってミノキシジルの3倍の効果だとは断定できないのです。

 

しかも、それ以外の血行促進作用などは一切比較されておらず、結果的には発毛シグナルだけがミノキシジルと比較すると3倍の数値を示したに過ぎないのです。

キャピキシル成分を配合している育毛剤は化粧品

育毛剤は医薬品・医薬部外品・化粧品の3つに分類され、育毛効果の高さも医薬品育毛剤>医薬部外品育毛剤>化粧品育毛剤と厚生労働省が公表しています。そして、キャピキシル成分を含む育毛剤の中で、最も人気のある育毛剤がフィンジアです。

 

しかし、このフィンジアは実は医薬品でなければ、医薬部外品でもなく化粧品育毛剤に分類されるのです。因みに、化粧品として使用する育毛剤の目的は『頭皮や髪を清潔に健やかに保つ事』であり、育毛や薄毛の予防すらできるかどうかきわどいラインなのです。

 

と、言うことはキャピキシル成分を含む育毛剤ですらそこまで育毛効果が期待できないのにキャピキシル成分を含むスカルプシャンプーに育毛効果を期待するほうがそもそもの間違いなのです。だから、もしあなたがキャピキシル成分を配合しているシャンプーを購入しようとしているのであれば育毛効果はないので購入するのはあまりおすすめできません。これは、薄毛予防についても同じです。

 

もし、薄毛の予防をするのであればスカルプケアシャンプーではなく医薬部外品育毛剤の使用をおすすめします。医薬部外品育毛剤は育毛効果があるのはもちろん、医薬品育毛剤のような副作用の心配もないので安心して薄毛予防を行うことが出来ます。

 

フィンジアを10カ月使用した私の効果レビュー

キャピキシルに関する知恵袋に対する質問の回答が的確過ぎる!

キャピキシルという育毛業界でも話題の新成分ですが、なんと育毛に最も効果があるといわれているミノキシジルの3倍の効果があるとの噂も・・・。本当にそんなに効果があるのか?と疑ってしまうほどです。でも、この噂のほとんどはステマサイトによる書き込みが多く真偽は不明。

 

そこで、実際に育毛に詳しい人が回答しているヤフー知恵袋でのキャピキシルの質問に関する回答を確認してみました。すると、かなり的を得た回答をしている書き込みがあったので、実際キャピキシル育毛剤を使った私の個人的な見解とともに紹介します。

 

キャピシルに関する知恵袋での質問に対する回答

キャピキシルは本当に効果があると思いますか?

キャピキシル含有の育毛剤が医薬品と認可されれば効果があるのだと立証されますが、ネットでしか買えないのであればほとんど効果は期待できないと思います。ミノキシジルやプロペシアが配合されている医薬品育毛剤でも効果があるのは10人に1人ぐらいらしいので、医薬品として認められていないキャピキシル成分を含む育毛剤ではほとんど効果はないでしょうね。ただ、ミノキシジルやフィナステリドを含む育毛剤にはインポになるどの精力減退があります。要するに効果を取るか安全性を取るかではないでしょうか。

管理人の個人的な見解:キャピキシルが医薬品に認定されていない以上、やはり効果があるかどうかはかなり微妙だと思います。もし、効果があるのであれば国から認められてしかるべきです。また、キャピキシルは画期的な新成分と言われている割にはあまり話題になっておらず、知名度も低いです。又、大手製薬会社もキャピキシル成分を配合している育毛剤などを販売していないことからやはり効果はないのではと思います。

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるというのは本当ですか?

キャピキシルはカナダのルーカスマイヤーコスメティックス社(Lucas Meyer Cosmetics)が開発した育毛成分で、ミノキシジルの3倍、毛包を成長させたというデータを公表しているそうです。 これがひとり歩きしてミノキシジルの3倍の効果と言われています。しかし、実際にルーカスマイヤーコスメティックス社が公表している試験データの資料を読めばわかるが必ずしも効果が3倍ではないという事です。ある程度の根拠が実証されているのもの、ミノキシジルの3倍の効果が立証されているわけではないです。

管理人の個人的な見解:まさしく正しい同じ意見で、ミノキシジルの3倍毛包を成長させるデータが出ているのであって、育毛効果が3倍なわけではありません。多くの口コミサイトではあたかもミノキシジルの3倍の効果があるとご表記していますが、これは間違いなくステマサイトです。もし仮に、キャピキシルの3倍の効果があるのであれば、世の中はキャピキシル育毛剤で溢れかえってもおかしくないです。

 

キャピキシル・ミノキシジル・フィナステリドはどれが効果がありますか?

・ミノキシジル(医薬品)⇒発毛を促す薬。
ミノキシジルは血管拡張剤として開発された成分で発毛効果があるとされタブレットの他外用薬として販売されています。国内では唯一、大正製薬が販売しているリアップX5等に使用されています。

・フィナステリド(医薬品)⇒脱毛を抑制する薬。
抗アンドロゲン薬(男性ホルモンが髪に悪影響を及ぼすメカニズム自体を抑える薬)。育毛を促進するというよりは、薄毛の原因である男性ホルモンを抑制して、抜け毛を減らすことが出来ます。ただし、EDなどの副作用の危険性がある。

・キャピキシル化粧品⇒発毛を促すと同時に脱毛を抑制する(と言われている)。
キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3という成分を組みあわせて作られた成分で、スカルプDから発売されているまつ毛用の育毛剤にもともとは配合されていたそうです。しかし、効果の根拠としては不明な部分が多く、医薬部外品としても認定されておらず化粧品として扱われている成分。

管理人の個人的な見解:私育毛剤には医薬品・医薬部外品・化粧品と3つに分類されるのですが、育毛効果の高さは医薬品>医薬部外品>化粧品の順になっています。そして、キャピキシル成分を含む育毛剤はメーカーの公式ページにはどれだけ良いことが書かれていても化粧品に分類されるので、効果は極めて低いことがわかります。女性用の化粧品を想像してもらえればわかりやすいと思いますが、劇的な効果は見られないですよね?気休め程度のもので、化粧品育毛剤にも同じようなことが言えます。

 

と、言うわけでキャピキシルに関する情報はネット上にあるどんな口コミサイトよりもかなり的を得た情報が回答されているなと個人的には思いました。実際に私がキャピキシル成分を配合した育毛剤“フィンジア”を使った体験レビューでも同じような感想を書いています。

 

フィンジアを10カ月使用した私の効果レビュー

キャピキシルと医薬品はどっちを買うべき?

 

育毛剤の購入を考えている人の中で、多くの人が迷う選択肢の中に『キャピキシル育毛剤』と『医薬品育毛剤』のどちらを購入すればいいの?と悩む人が多いと思います。

しかし、どちらを選ぶべきかはその人の薄毛の進行度合いによります。キャピキシル育毛剤と医薬品育毛剤は使用目的が違うので、実はこれらの育毛剤は自分の薄毛の進行度合を基準に選ぶ必要があるのです。

薄毛がかなり進行している人と、薄毛予防を目的として育毛剤を使用する人とでは使うべき育毛剤の種類が違うからです。

医薬品育毛剤とキャピキシル育毛剤の効果の違い

薄毛治療を治療したいと言う人は医薬品育毛剤


どうしても髪の毛を生やしたい、増やしたいという人には医薬品の育毛剤をすすめします。医薬品育毛剤を勧める理由はズバリ医薬品育毛剤は薬と認定されているからです。育毛剤といわれる製品には医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類があります。

そして、この3種類の中で育毛効果が高い順に並べると医薬品>医薬部外品>化粧品となります。

〇医薬品育毛剤・・・育毛・発毛を行う
〇医薬部外品育毛剤・・・抜け毛・薄毛予防
〇化粧品育毛剤・・・頭皮の環境を整える

つまり、薄毛が進行していて薄毛を改善するためには医薬品育毛剤を使用するのが一番効果的なんです。

初期の薄毛・薄毛予防にはキャピキシル育毛剤


確かに医薬品育毛剤は効果が高いのですが、医薬品育毛剤が向かない人もいます。それは以下のような人です。

 

これは医薬品育毛剤であるリアップX5の取り扱い説明書にもしっかりと明記されていますので必ず守る必要があります。

 

〇初期の薄毛・抜け毛の予防が目的で育毛剤を使用する人

→初期の薄毛や薄毛予防を目的として育毛剤を使用する人には医薬品育毛剤は効果よりも副作用のリスクの方が大きい為、医薬品育毛剤の使用はオススメしません。と言うよりは、そもそも医薬品育毛剤は使用できないようになっています。

〇頭皮が弱い人(肌が弱い人)・アレルギー体質の人

医薬品育毛剤に配合されている成分の中で最もメジャーな成分はミノキシジルという成分です。

そして、このミノキシジルという成分は刺激が強い為、頭皮が弱い人やアレルギー体質の人は頭皮が被れたり、赤み、かゆみが出る可能性が極めて高いです。

〇低血圧の人

これも医薬品育毛剤に含まれているミノキシジルという成分が関係しているのですが、ミノキシジルはもともと低血圧患者の為の血管拡張剤として使用されていました。つまり、血管を拡張し血圧を下げる作用がありるからです。

〇未成年の人

未成年の人は身体が出来上がっていないので副作用のリスクが高いです。特に頭皮はデリケートなのですが使用する事を制限されています。

〇壮年性脱毛症ではない人

基本的に医薬品育毛剤は壮年性脱毛症の人が使用する育毛剤なので、壮年性脱毛症以外の脱毛症(例えば、円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等)の人には効果がありません。

また、実際にミノキシジル成分を含む育毛剤は上記で挙げられた人についての使用は禁止されています。そして、そう行った人にはキャピキシル育毛剤などの副作用の心配がない育毛剤を使用する方がいいです。

 

前述したように、医薬品育毛剤には副作用が存在します。ミノキシジルは育毛効果があるというメリットと、副作用があるというデメリットを持っているのです。

 

一方、キャピキシルはミノキシジル程の育毛効果は期待できないものの、副作用の心配がない為、医薬品育毛剤をおすすめしない人達が選ぶべき育毛剤なのです。

ピディオキシジルは効果がないと思ったら実は・・・

ミノキシジルと良く似た成分のミノキシジル誘導体(別名:ピディオキシジル)。このピデオキシジルですが、ミノキシジルと同じような育毛効果が期待されるうえに、ミノキシジルの唯一の欠点でもある副作用がないということで注目を集めている成分です。

しかし、本当にそんな都合のいい成分があるのでしょうか。実際に『ピディオキシジルとはどんな成分なのか?』、『ピディオキシジルに副作用はあるか?』、『ピディオキシジルの効果は?』などについて詳しく調べてみました。

ピディオキシジルとは?

ピディオキシジルの正式名称はピロリジニルジアミノピリミジンオキシドと呼ばれ、アメリカのKumarOrganic社がミノキシジルの育毛効果を維持したまま、副作用のデメリットをなくすことでより多くの人が使えるように開発された成分です。

その為、ピディオキシジルはミノキシジルをもとに開発された成分なので分子構造が酷似しています。ミノキシジルでは丸で囲まれている部分が五角形なのに対して、ピディオキシジルではその部分が六角形になっているという違いしかありません。

この違いを化学的に分かりやすく説明すると、環(五角形や六角形の部分)を構成する炭素の数が1つ少ない事を表しており、ミノキシジル成分とピディオキシジル成分の違いは分子構造のでいう炭素1個分だと言えます。

このように聞くと、ピディオキシジルとミノキシジルがよく似た成分だという事を理解してもらえると思います。因みに、ピディオキシジルはミノキシジルとよく似た成分であることからミノキシジル誘導体とも呼ばれています。

ピディオキシジルに副作用はあるのか?

上記ではピディオキシジルはミノキシジルによく似た成分であるという事を説明しました。そこで最も気になるのがピディオキシジルにもミノキシジルのような副作用の危険性があるのではないだろうかという疑問です。

しかし、安心してください。ピディオキシジルには副作用の心配はありません。というのも、ピディオキシジルが開発された目的は『副作用のないミノキシジル』を作ることであり、副作用がないことが大前提で開発されているからです。

因みに、ピディオキシジルの成分の安全性を確かめる試験も行われており、ウサギやモルモットの目や皮膚などにピディオキシジルを投与した場合でも一切刺激がないとこも結果として出ています。

皮膚に刺激がないのは当たり前の事ですが、目に投与しても刺激がないというのはかなり安全な成分だといえるのではないでしょうか。ミノキシジルを目に投与した場合には刺激が強くて激痛が走ることだと思います。

ピディオキシジルは女性にも効果的?

日本国内でミノキシジル成分を配合している育毛剤に大正製薬から販売されているリアップレディースがあります。男性用のリアップX5はミノキシジルが5%配合されているのに対して、女性用のリアップレディースはミノキシジルが2%しか配合されていません。

これは男性よりも女性の方がミノキシジルという成分の副作用の危険性が高いために、配合されているミノキシジルの濃度が低く抑えられているのです。

ただ、ピディオキシジルに関してはミノキシジルによく似た成分ではあるものの、男性女性共に副作用の心配はないので女性が使用しても問題はありません。

ミノキシジル育毛剤のように、ピディオキシジルが配合されている育毛剤に女性用がないのは女性が使用してもなんの問題もないからのようです。

ピディオキシジルの2chでの評価は?

ピディオキシジルはまだまだ新しい成分なので、なかなか詳細な情報は少ないです。ですが、日本最大の掲示板サイトにはそれなりに参考になる書き込みがありましたのでまとめてみました。

ここでは、2ちゃんねるで書かれているピディオキシジルに関する参考になる書き込みを抜粋していますが、すべての内容が正しいとは限らないのであくまでも参考程度に考えてください。

ピディオキシジルはミノキシジルによく似ているといわれているが、ミノキシジルにある血管拡張作用はないのでミノキシジルほどの育毛効果はないと思う。
ただ、血管拡張作用がないからピディオキシジルには副作用がないとも言えるので、効果を取るか安全を取るかだろうな・・・

ピディオキシジルとミノキシジルの比較試験でマウスを用いた体毛の増殖実験を行った結果、ミノキシジルよりもピディオキシジルの方がマウスの体毛が増加したという試験結果が出ているらしいぞ。
ま~、人の頭皮で同じような効果が出るかはわからないが、他の育毛成分よりも期待できることは確か!

ピディオキシジルはもともとスカルプDのアンファーから販売されているまつ毛美容液に配合されていて、その発毛効果が口コミで広がって大ヒットしたらしい。
まつ毛がピディオキシジルで生えるなら髪の毛で生えてもおかしくはないはず。

ピディオキシジル配合の育毛剤を1カ月使ったことあるけど全然効果なかった・・・やっぱり、ミノキシジルが配合されているリアップを使うしかないのか・・・

キャピキシルとピディオキシジルが配合されている育毛剤を使い始めてもうすぐ1年になるけど、俺はかなり薄毛が改善してきた。もともとは、ミノキ配合の育毛剤を使ってたけど副作用が酷くて乗り換えたけど、正解だった。
ただ、ピディオキシジルだけの効果ではないかもだけど。

育毛効果だけを考えるのであれば間違いなくミノキシジル配合の育毛剤を使うべき。ただし、ミノキシジル育毛剤は結構な確率で副作用が起こる。
だから、ミノキシジルの副作用で頭皮に赤みやかぶれが出たらり、動悸や頭痛などの副作用でミノキシジルを継続して使えない人にはピディオキシジル配合の育毛剤という選択肢もアリだと思う。

以上が、2ちゃんねるで参考になる書き込みです。2chではピディオキシジルに関してポジティブな評価もあればネガティブな評価も両方あるようです。ただ、これはピディオキシジルに対してだけではなく、ミノキシジルをはじめっとしたいろいろな成分にも言えることです。

又、書き込みを行っている多くの人の共通認識としてピディオキシジルよりもミノキシジルの方が育毛効果が高いという考えのようですし、私もそう思います。なので、薄毛をどうしても改善したいという方に関してはピディオキシジル配合の育毛剤よりはミノキシジル配合の育毛剤をおすすめします。

しかし、ミノキシジルの副作用の心配がある人に関してはピディオキシジルという選択肢も良いようです。特に2チャンネルの書き込みの中にはミノキシジルの副作用が原因でピディオキシジル育毛剤を使用している人が多いようで、そういったミノキシジル育毛剤から乗り換えた人たちもピディオキシジルの効果に満足している人がかなり多いようでした。

ピディオキシジルは効果がないと思ったら実は・・・な私の体験談

ここまではピディオキシジルに関する成分の詳細や副作用、世間での評判について説明してきました。でも、恐らくあなたが一番気になっているのは『ピディオキシジルって本当に効果があるの?』っていうところだと思います。

私はピディオキシジルが配合されている育毛剤を購入する前にピディオキシジルに関する情報を色々と集めました。そして、その第一印象としては『多分、ミノキシジルのような効果は期待できないだろうな~』と、ほとんどダメもとで使用しました。

私が実際に使用した育毛剤は『フィンジア』という育毛剤でピディオキシジルの他にキャピキシルというピディオキシジルと同じく育毛業界で話題の新成分が配合されている育毛剤です。

このフィンジアを使い始めて1カ月ぐらいの時は全く効果がなく『いくらミノキシジルによく似た成分が配合されているからと言っても、やっぱり効果がないのか・・・』と諦めていました。

ただ、フィンジアを使い始めて1カ月で抜け毛の量は以前に比べて少し減っていたのでもう少しだけ継続して使用してみることにしたのです。すると、使い続ければ使い続けるほどに育毛効果を実感出来るようになってきて10カ月後には目に見えて効果を実感することが出来るようになりました。

勿論、これはフィンジアに配合されているピディオキシジル成分だけの効果ではないとは思うのですが、ピディオキシジルが配合されていなければここまでの効果を実感することが出来なかったかもしれません。

初めはピディオキシジルなんて効果がないと思っていたのに実は・・・想像していた以上に効果があったので自分でも驚きました。

ピディオキシジル配合の育毛剤

私は実際にピディオキシジルが配合されている育毛剤を使用することで薄毛を改善することが出来たので、世間ではどのように評価されようが個人的にはピディオキシジルはおすすめします。

ただ、ピディオキシジル成分が配合されている育毛は私が調べた中では、今のところ2種類しかありませんでした。

この2種類の育毛剤は共にピディオキシジル成分を配合していますが、その配合されている成分の濃度が違うので期待できる効果も違います。購入する際はその点も参考にしてみてください。

フィンジア ボストンスカルプエッセンス

ピディオキシジル配合濃度は2%の限界濃度で配合されおり、私が使用しているピディオキシジル配合の育毛剤です。ピディオキシジルの他にもキャピキシルという注目成分も配合されており、今最も売れている育毛剤の1つです。

ピディオキシジル配合濃度は1.5%とフィンジアと比較するとピディオキシジル濃度が薄い育毛剤です。実際に人気もフィンジアには到底及ばないので、あまり売れていない育毛剤です。

 

管理人である私のフィンジア効果レビューはコチラ