キャピキシルシャンプー効果なし?購入者の8割が後悔する理由

 2016y06m17d_172737525
このページを見ているあなたは、キャピキシルに凄く魅力を感じているかもしれませ。しかし、キャピキシルシャンプーを購入する事はおすすめしません。

その理由はキャピキシルシャンプーに育毛効果はないからです。

キャピキシルに育毛効果はないのか?

キャピキシルシャンプーに育毛効果はないとお伝えしましたが、キャピキシルに育毛効果がないわけではありません。キャピキシルが悪いのではなく、キャピキシルをシャンプーに背後している事が悪いんです。

何故、キャピキシルは育毛効果があるのにキャピキシルシャンプーは育毛効果がないのか?

 

それは例えシャンプーに育毛効果がある成分を配合していたとしても、結局はシャンプーなので洗い流してしまうからです!せっかく、育毛効果が高い成分を配合していても頭皮に馴染ませてすぐに洗い流すのではほとんど意味はありません。

 

そうなんです!つまり、キャピキシルシャンプーを購入した人が後悔した理由はキャピキシルに効果がないからではなく、キャピキシル“シャンプー”であった事に後悔しているのです。

 

現に、キャピキシルシャンプーを辞めた人のキャピキシルを洗い流さないキャピキシル育毛剤に乗り換えて使用している人が多いです。
なので、もしあなたがキャピキシルシャンプーを購入しようとしているのであれば、キャピキシルシャンプーを購入するのではなく、キャピキシル育毛剤を購入する事をお勧めします。

 ちなみにキャピキシル育毛剤は確かに育毛効果が高いのですが、薄毛がかなり進行して地肌がハッキリ見えているつるっハゲの人には頭皮に塗るタイプの育毛剤ではなく、医師から処方される服用するタイプの育毛剤を使用することをお勧めします。

 

キャピキシルに関する知恵袋での参考になる書き込みまとめ!

2016y06m06d_234919294

キャピキシルに関する知恵袋の書き込みまとめました!

キャピキシル含有の育毛剤が医薬品と認可されれば効果があるでしょうが、ネットでしか買えないのであればほとんど効果は期待できませんね。プロペシアにしても脱毛を防ぐ薬ですが効果があるのは10人に1人です。インポになるどの精力減退があります。生活習慣を見直すことをお勧めします。

確かに、ネットでしか買えないという点に疑問があります。しかも、頭皮に塗るタイプの育毛剤は育毛成分の吸収率が悪く、そこまで劇的な効果は期待できないといわれています。

 

ミノキシジル⇒発毛を促す薬。

血管拡張剤として開発された成分。発毛効果があるとされタブレットの他外用薬がある。国内ではリアップX5等に使用されている。

フィナステリド⇒脱毛を抑制する薬。

抗アンドロゲン薬(男性ホルモンが髪に悪影響を及ぼすメカニズム自体を抑える薬)。似た作用を持つの薬にデュタステリドがあり、アボルブという商品名で販売されている。数か月前にザガーロという同成分の医薬品が厚労省から製造販売承認を取得したが2016年1月現在、未だ販売に至らず。

キャピキシル⇒発毛を促すと同時に脱毛を抑制する(と言われている)。ただし化粧品区分。

私が個人的に調べた結果も同じでした。だから、ミノキシジルとフィナステリドの服用を行うことで発毛と抜け毛の抑制を同時に行うことができ、より効果的な育毛ができるらしいです。

 

カナダのルーカスマイヤーコスメティックス社(Lucas Meyer Cosmetics)が開発した育毛成分。
ミノキシジルの3倍、毛包を成長させたというデータがある。

これがひとり歩きしてミノキシジルの3倍の効果となっている。読めばわかるが必ずしも効果が3倍ではない。しかし、ある程度のエビデンスが実証されており一概にバカにはできない。国内ではスカルプ・エッセンスとして販売されている。

まさしく正しい意見で、ミノキシジルの3倍毛包を成長させるデータが出ているのであって、育毛効果が3倍なわけではありません。多くの口コミサイトではあたかもミノキシジルの3倍の効果があるとご表記しているので注意が必要です。

キャピキシルと医薬品なら間違いなく医薬品を選べ!

2016y01m07d_220805943

キャピキシルと医薬品育毛剤どっちがいいの?

育毛剤の購入を考えている人の中で、多くの人が迷う選択肢の中に『キャピキシル育毛剤』と『医薬品育毛剤』のどちらを購入すればいいの?と悩む人が多いです。

ここでハッキリと断言します!!育毛効果があるのは医薬品の育毛剤です。

なので、どうしても髪の毛を生やしたい、増やしたいという人には医薬品の育毛剤をすすめします。

医薬品育毛剤を勧める理由

医薬品育毛剤を勧める理由はズバリ医薬品育毛剤は薬と認定されているからです。育毛剤といわれる製品には医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類があります。

そして、この3種類の中で育毛効果が高い順に並べると医薬品>医薬部外品>化粧品となります。

医薬品育毛剤・・・育毛・発毛を行う

医薬部外品育毛剤・・・抜け毛・薄毛予防

化粧品育毛剤・・・頭皮の環境を整える

つまり、薄毛が進行していて薄毛を改善するためには医薬品育毛剤を使用するのが一番効果的なんです。

ただし、医薬品育毛剤が向かない人もいる?

確かに医薬品育毛剤は育毛効果が期待できるのですが、使用に向かない人もいます。それは以下のような人です。

    • 薄毛・抜け毛の予防が目的で育毛剤を使用する人
    • 頭皮が弱い人(肌が弱い人)
    • 高血圧の人
    • アレルギー体質の人

 

このような人には医薬品育毛剤は向きません。その理由は医薬品育毛剤は効き目が強い反面、副作用の心配があるからです。その副作用が頭皮がかぶれたり、高血圧になったり、アレルギー反応が出たりします。そういう人はどうすればいいのか?

医薬品育毛剤の副作用が心配な人におすすめな育毛剤?

前述したように、医薬品育毛剤には副作用が存在します。その副作用とは育毛に最も効果的であるといわれている成分のミノキシジルによるものなのです。

ミノキシジルは育毛効果があるというメリットと、副作用があるというデメリットを持っているのです。一方、キャピキシルはミノキシジル程の育毛効果は期待できないものの、副作用の心配がない為、前章で挙げた医薬品育毛剤をおすすめしない人達にもおすすめ出来る育毛剤なんです。

ピディオキシジルが効果なし!?本当の事を教えて欲しい!!

2016y04m05d_222115463

 

ミノキシジルと良く似た成分のミノキシジル誘導体。別名ピディオキシジル。このピデオキシジルですが、ミノキシジルと同じような育毛効果が期待されるうえに、ミノキシジルの唯一の欠点でもある副作用がないということで注目を集めている成分です。しかし、本当にそんな都合のいい成分があるのでしょうか。実際にいろいろ調べてみました。

成分構造がほぼ同じ?

ピディオキシジルは育毛に最も効果があると言われている成分であるミノキシジルとほぼ同じ分子構造をした成分です。と、言うよりは、ミノキシジルの育毛効果をのこしたまま、副作用を無くすことが出来ないかと考えて開発された成分がピディオキシジルなんです。

 

つまり、ピディオキシジルはミノキシジルを元に作った成分なんです。と言うことは似てて当たりませですね。そして肝心の成分についてですが、やはり、副作用はないようです。しかし、肝心の育毛効果についてですが中々立証できていないというのが現状のようです。

 

そもそも効果が高いと言われているミノキシジルでさえ、使用したとしても確実に髪の毛が生えてくれ訳ではないので、ピデシオキシジルに至っても同じような事が言えます。しかも、仮にピディオキシジルがミノキシジルと同等の効果がある上に、副作用が全くないことが立証されているのであればもっと話題になっていてもおかしくないですよね?

 

そういった業界の反応や世間の声を聴いている限り、ピディオキシジルがミノキシジル程の効果があるとは言えないと私は思います。