フィンジアで初期脱毛がおこる可能性が低い理由

育毛剤を使用する前に気になるのが初期脱毛ですよね。髪の毛を増やす目的で育毛剤を使用するのに、初期脱毛によって結果的に抜け毛が増えてしまっては本末転倒です。そこで、フィンジアには初期脱毛があるのかを調べてみました。

 

フィンジアで初期脱毛が起こる可能性は2%以下

フィンジアを使用するうえで気になるのが、使用して1週間~1ヶ月程度で起こる初期脱毛です。しかし、過去にフィンジアを使用していた人や現在も使用している人のほとんどに初期脱毛の症状は起こっていません。

 

私を含め、50人のフィンジアを使用した経験がある人の口コミ情報をすべてチェックしましたが、50人中にフィンジアを使用して初期脱毛の症状が出たといっている人は1人もいませんでした。それを確率で表すと2%以下!!

 

まずは初期脱毛が起こるメカニズムを知る

では、初期脱毛とはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。初期脱毛とは育毛剤を使って、ただただ抜け毛が増えるわけではなく理由があります。まずは、初期脱毛のメカニズムを理解することでフィンジアに初期脱毛が起こる要因があるのかを見ていきます。

 

髪の毛は成長期・後退期・休止期という3つの期間を経て髪の毛が生え変わります。成長期は3~6年の期間があり髪の毛が産毛として生えてから成長するまでの期間を言います。後退期の期間は2~3週間で髪の毛の成長が止まります。そして、休止期は髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えてくるまでの準備期間で数カ月の期間を要します。

 

そして、初期脱毛というのはこの休止期の期間にある髪の毛に働きかけることで起こります。休止期の髪の毛の下には次に生えてくる新しい髪の毛が少しずつ成長しています。初期脱毛はこの新しく生えてくる髪の毛に栄養を送ることで、通常よりも早く髪の毛を成長させて古い抜ける準備をしている休止期の髪の毛を押し出すことから起こります。

 

つまり、初期脱毛とは育毛剤のはたらきかけにより、今後生えてくる新しい髪の毛が育毛されているいわばサインなのです。

 

フィンジアでは初期脱毛はおこらない

そして、フィンジアで初期脱毛が起こるかについてですが、起こる可能性はかなり低いといえます。そもそも、フィンジアに含まれる成分は効果が高い医薬品や医薬部外品に分類されおらず、効果が緩やかな化粧品に分類されるからです。

 

つまり、髪の毛に働き掛ける作用はかなり緩やかなので新しく生えてくる髪の毛を急速に育毛する可能性は低いといえます。また、体への影響が少ないことからフィンジアには副作用がないと言われている所以です。

 

実はミノキシジル育毛剤(外用)でも初期脱毛はあまり起こらない

フィンジアでは初期脱毛が起こる確率は低いといいましたが、実はミノキシジル成分を含む外用タイプの育毛剤でも初期脱毛はあまり起こらないといわれています。

 

なぜなら、ミノキシジル外用の育毛剤は頭皮からの育毛成分の吸収率はそこまで良くないため、使用してすぐに育毛効果が出てきにくいからです。一方、内服タイプの育毛剤(ミノキシジルタブレットなど)については、成分の吸収率が高いので初期脱毛の起こる確率はグーンと上がります。

 

つまり、ミノキシジル外用よりもさらに効果が薄いフィンジアに至っては初期脱毛が起こる可能性は極めて低いと言えます。
言い換えると、初期脱毛というのは育毛効果が表れている指標のようなものであり、初期脱毛の起こる可能性が低いフィンジアに関しては育毛効果があまりないともいえるのです。

フィンジアに副作用があるか問い合わせたら辻褄の合わない回答が…

 

育毛剤を使う上で副作用があるのかないのかはかなり重要な事だと思います。薄毛を改善・予防しようとして使った育毛剤で頭皮に異変が起こったり、抜け毛が増えてしまっては本末転倒だからです。

 

でも、使って副作用があるのかないのかは使ってみないと分からないという方もいるのですが、フィンジアはかなり高価な育毛剤なので使ってみて副作用が出たから使えないでは話になりません。

 

そこで私は実際にフィンジアを販売しているメーカーに対して、直接メールでフィンジアの使用者から副作用の報告が上がっていないか確認を取りました。

 

メーカーから返ってきた回答

 

フィンジアの使用者から副作用の報告はあるますか?

弊店にて販売しておりますフィンジアでございますが、 こちらに関しましては医薬品の分類ではございませんので ○○様が懸念されております副作用はございませんが、 フィンジアをご使用した際に頭皮に合わず赤みが出たりする方が ごくまれにいらっしゃいますので、頭皮が弱い方がご使用される際は 育毛剤をまずは腕や手の甲などにつけてパッチテストをされることをお薦めいたします。

 

また、発毛効果を期待されておりますミノキシジル成分は医薬品の為、副作用を懸念されるお客様は多々いらっしゃいますが、フィンジアに使用されております『ピディオキシジル』は ミノキシジルに似た成分構造として、別名【ミノキシジル誘導体】といわれ 現在注目されております新スカルプ成分でございます。

 

ピディオキシジル成分はミノキシジルと異なりミノキシジルのように 強い成分ではない為、副作用がおこる成分は入っておりませんので、ご安心してお使いいただけるかと存じます。

 

補足ではございますが、弊店は『全額返金保証』という保証制度を設けておりますのでフィンジアをご使用した際に頭皮に合わず赤みが出たりなど 頭皮に合わないと感じた場合はご遠慮なくお申し出くださいませ。

 

以上をもちましてご返答とさせていただきますが、 その他ご不明な点などございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

 

メールにて恐縮ではございますが 今後とも弊店をお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。

 

 

メーカーからの回答は辻褄が合わない!

一見、メーカーからの回答はすごく親切で親身になって回答してもらっているいるかのように感じますが、しっかりと読み進めていくと辻褄が合わない回答であることに気が付きます。

副作用がないと言っているのに頭皮に赤みが出る可能性がある

メーカーの回答では『医薬品の分類ではございませんので ○○様が懸念されております副作用はございませんが、 フィンジアをご使用した際に頭皮に合わず赤みが出たりする方が ごくまれにいらっしゃいます』と回答しているが、頭皮の赤みが副作用ではなければ何なのでしょうか?

 

例えば、メーカーの返信の中でも例が挙げられている医薬品のミノキシジルの副作用の症状の例には以下のような症状が挙げられています。

関係部位 症状
皮膚 頭皮の発疹・発赤・かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系 頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器 胸の痛み、心拍がはやくなる
代謝系 原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

 

ミノキシジルの副作用の症状の中にはしっかりと『発赤(頭皮が赤くなること)』が副作用として記載されています。

 

フィンジアの箱にもしっかりと副作用の症状例の記載がある。

フィンジアのボトルが入っている箱には『使用中や使用後に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜けや黒ずみ等の以上が表れた場合は使用を中止して皮膚科専門医に相談してください。』と記載があります。

 

つまり、フィンジアを使用した場合に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜けや黒ずみ等が起こる可能性があるにも関わらず、メールでは一切副作用がないとの回答をしています。

 

副作用が出た人のために設けられている全額返金保証制度!?

メーカーの回答にある『補足ではございますが、弊店は『全額返金保証』という保証制度を設けておりますのでフィンジアをご使用した際に頭皮に合わず赤みが出たりなど 頭皮に合わないと感じた場合はご遠慮なくお申し出くださいませ。』の部分についてですが、この文章を裏読みするとこうも取れませんか?

 

“フィンジアを使って副作用がでたらお金返すんで取り合えず使ってみてください!”

 

いやいや、お金の問題じゃなくて副作用が出る事自体に問題があるんだよ!って思っちゃいますよね。このメールを返信してくれた人は恐らく薄毛の人の気持ちがわからない人がフィンジアを購入させようという意図で返信したのではとフィンジアを使用をやめてから気づきました。