フィンジアのツーンとするニオイが気になる・・・

フィンジアの口コミサイトを見ると『無臭です!』、『少しアルコールの匂いがしますが、全然気にならないです!』などの書き込みを目にしました。

 

私はニオイに敏感で特に育毛剤等の独特なニオイは本当に嫌いなのでこの書き込みを見た時は安心したのですが、実際には使ってみると全然口コミで言われていたことと違いました。フィンジアを実際に使ってみるとアルコールのツーンとする匂いがして、正直無臭とはほど遠い刺激臭を感じたのです。

 

又、フィンジア吹きかけた頭皮を指の腹で2~3分ぐらい頭皮マッサージするのですが、そのマッサージした後の指にも匂いが移るほどです。そこで、実際に私の様なニオイに敏感な人の為にもフィンジアのニオイの真相を暴きます!!

フィンジアが『ツーン』とに匂う理由

フィンジアを使って鼻にツーンとくるニオイの正体は何なのかを調べるためにフィンジアに含まれている成分表を確認しました。

 

すると、まさかの事が判明。成分表というのは成分が多く含まれている量が多い成分から順番に表記をしていくことが決まりになっているのですが、フィンジアの成分表示の一番初めに記載されている成分はなんと・・・・エタノールと、書かれているのです。

 

エタノールというのは分かりやすく表記するとアルコールの事で、育毛成分を液体状に融解する際に良く使われる成分です。

 

ただ、確かにエタノールは多くの育毛剤で良く使われている成分ではあるのですが、成分表示で一番初めにエタノールと記載されている育毛剤を見たのは初めてです。つまり、これはフィンジアにはエタノールが大量に含まれている事が原因で鼻にツーンとくるような匂いがしたのだと理解しました。

 

アルコールが多いということは育毛成分が薄い可能性が・・・

エタノール(アルコール)はいわば育毛溶液の事で、この溶液の中にいろいろな育毛成分を配合して混ぜ合わせることで育毛剤が出来上がります。つまり、この溶液の量が多ければ多いほど育毛剤の濃度としては薄いということが言えるのです。

 

他の育毛剤であれば成分表示の一番初めにくるのは○○エキス等の育毛成分であることが多く、溶液の量は少ないので育毛剤としての濃度は高いと言えます。一方、フィンジアの場合はほぼアルコールといっても過言ではないぐらいにエタノールが含まれている為、育毛剤の濃度としてもかなり薄い事がわかります。

 

エタノールが大量に含まれていると副作用の危険性も・・・

エタノール=アルコールと考えてもらえればわかるのですが、肌が弱い人やアルコールのアレルギーを持っている人に関してはフィンジアを使用するとアルコールが他の育毛剤よりも多く含まれているので副作用の危険性があります。

 

症状としてはアレルギーによる頭皮の赤みやアルコールの刺激による頭皮のかゆみ、アルコールの蒸発作用による頭皮の乾燥などの危険性も考えられます。

 

アルコール自体は多くの製品に含まれている成分なので決して危険な成分ではないのでそこまで神経質に考える必要はないのですが、主成分としてエタノールが表示されている以上は、アレルギー体質の人や敏感肌の人は少しだけ注意した方がいいですね。

 

エタノールが多く含まれている事でメリットはない!

エタノールが多く含まれているデメリットばかりをいろいろと紹介してきましたが、メリットもあるのでは?と思って調べて見ました。そして、辿りついた結論はエタノールが多く含まれている事でのメリットはほぼないということです。

 

そもそもエタノールが育毛剤に配合される理由は育毛成分を融解する溶液としての役割と防腐を防ぎ成分の品質を保つことだけです。つまり、育毛とは一切関係がない成分なのでエタノールが多く含まれてようが少なかろうが育毛効果にはなんら影響がないので、メリットはほぼ0だと言えます。

 

Next.サプリはお金の無駄だった!

フィンジアサプリは買うだけお金の無駄!

最近、フィンジアの育毛サプリメントが販売されました。フィンジアは育毛剤だけのイメージだったので、会員登録しているメールアドレス宛に育毛剤と合わせてサプリメントを飲むともっと効果が期待できるということが書かれていたのでついつい宣伝文句に乗せられて購入してしまいました。

そして、購入して思ったのは『フィンジアサプリを買うのはお金の無駄だった』という事です。実際にどういった点でお金の無駄だと思ったのかをまとめてみました。

 

どう考えても価格が高すぎる!

フィンジアサプリメントの通常価格は8,900円なのですが、どう考えても高すぎます。そして、値段が高いことをいいことにメーカー自らフィンジアサプリの事を『飲むラグジュアリースカルプケア』と命名しています。

フィンジアサプリは1ボトル60粒入りなのですが、通常価格で購入した場合、1粒148円します。これは500mlのペットボトルのジュースと同じ値段ですが本当にそこまでの価値があるのか疑問です。

 

他の育毛剤にも同じようにサプリメントが販売されているのですが、それらのサプリメントに価格は通常価格で6900円ぐらいで、しかも、1ボトルに120粒入っているので1粒当たりの価格は57.5円とフィンジアサプリの1/3です。

 

100歩譲って、フィンジア育毛剤に関してはキャピキシルやピディオキシジルなどの新成分が配合されているので価格が高くても仕方がありませんが、フィンジアサプリがここまで価格が高い意味が分かりません。

 

臭すぎて飲む気が失せる!

フィンジアサプリを購入して一番驚いた事はそのクサさです。これまでいろいろな食べ物やサプリメント関連商品を口にしてきましたが、ここ最近の中でも一番臭かったです。

 

この匂いを嗅いだ時に昔どこかで嗅いだことのあるだなと思っていたら、全盛期の正露丸とよく似た匂いだったのです。正露丸ですら今は色々と加工の仕方を工夫してだいぶ匂いがしなくなったにも関わらず2017年現在でもここまで臭いサプリメントがあるとは驚きです。

 

これは紛れもなく企業努力が足りないとしか言いようがないですね。お腹痛の薬でもないので8900円も出してこれだけ臭いサプリメントをずっと飲み続けるようなもの好きは日本中探してもなかなかいないのではないでしょうか。

 

サプリメントで髪の毛は生えない!

多くの人が勘違いしているのですが、実はサプリメントで髪の毛は生えません。これは間違いない事実です。なぜなら、サプリメントとは医薬でなく、ビタミンやカルシウムなどの不足している成分を補給するするために摂取する錠剤だからです。

 

つまり、フィンジアサプリは育毛剤ではなく、ただの健康補助食品です。フィンジアサプリの主な目的は、身体が髪の毛を生成するために必要な栄養素が不足している場合に、その栄養素をサプリによって補い髪の生成を助けることがであって育毛が目的ではありません。

 

と、言うことは身体が髪の毛を生成するのに必要な栄養素が補えるのであれば別にフィンジアサプリである必要はないのです。

 

フィンジアサプリを買うぐらいなら他のサプリを買うべき!

フィンジアにはノコギリヤシエキスやミレットエキス、亜鉛、ポリアミン、大豆イソフラボン、豚プラセンタをメインとして成分が入っているのですが、どう考えても1粒148円の価値はありません。それであれば別の育毛サプリを購入することをおすすめします。

 

例えば、チャップアップサプリです。チャップアップサプリには18種類の成分が配合されているのですが、1本120粒入りで6900円とフィンジアサプリよりも明らかに安くてコスパもいいです。

 

その他には、育毛サプリという観点で考えると特に亜鉛とノコギリヤシが重要な成分になってくるのですが、DHCの亜鉛サプリはノコギリヤシも含まれていて1日1粒60日分398円で販売されています。DHCの亜鉛サプリであれば1粒6.6円なのでフィンジアサプリの1/24の価格です。

 

特にサプリメントには育毛効果はなく、ただただ不足な栄養素を補う補助食品なので高額なお金をかけてまで購入するのはお金の無駄だったとフィンジアサプリを2本購入した後で気づいた管理人でした!笑

フィンジアを使ってみたけら頭皮と手がベタベタになった

フィンジアのメーカー側が推奨する使用量は朝晩一日2回です。
フィンジアは内容量が他の育毛剤と比べてのかなり少なく50mlしか入っていないので本当に1ヵ月持つのかな?というところが一番はじめにフィンジアを使う前の正直な気持ちでした。

しかも、一回当たり5~10プッシュするらしいのですが、フィンジアに同封されていた冊子には一本で1~2カ月分というように記載されていたので一回につき5プッシュの場合は2カ月持って、一回につき10プッシュ使うと1カ月持つのだろうという推測はできました。

 

推奨回数の10回は使わない方がいい!

フィンジアの推奨の使用方法では『薄毛の進行が気になる箇所に5~10プッシュ使用してください。』と記載されているのですが、10プッシュすると気になる部分だけではなく、頭全体にフィンジアを振りかけることになるので、薄毛が進行していない部分にまで掛かってしまい勿体ないです。

 

明らかにフィンジアは5プッシュで足りるはずなのに、5~10プッシュと幅を持たせているかというと、一回につき10プッシュ使用するほうが、育毛剤の減りが早くてすぐにフィンジアがなくなるので、新しいフィンジアを購入させようというメーカー側の思惑だと思います。

 

10プッシュだと頭と指がべたべたに!

私はフィンジアを一回につき5プッシュで使用していたのですが、勿論はじめは推奨使用量通り10プッシュで使っていました。すると、髪の毛はベタベタになるわ、育毛剤のにおいで頭が臭くなるわで良いことなしでした。

 

しかも、フィンジアを頭に吹きかけた後に、毎回頭皮マッサージをするのですがフィンジでベタベタになった頭を頭皮マッサージするので、マッサージした手もベタベタになってしまい大変です。だから、フィンジアの減る量を考えても、頭皮のべたつきを考えても、頭のにおいを考えてもやはり5プッシュがベストだと感じました。

 

霧状のスプレーなので頭皮まで届かない!

フィンジアは独自のゲートアクセス理論という技術によって、加齢によって硬くなってしまった頭皮をこじ開けて、フィンジアに配合されているキャピキシルとピディオキシジルを頭皮の奥まで届けてくれるらしいです。

 

ですが、そもそもフィンジアは霧状のスプレータイプなので頭皮に吹き付けようと思っても頭皮につく前に、大半が髪の毛についてしまって頭皮にすら届かないという問題が発生します。

 

私自身、色々調べた中でゲートアクセス理論についてはかなり疑問点が多い理論だとは思うのですが、仮に100歩譲ってゲートアクセス理論が正しかったとしてもフィンジアの霧状スプレーであればそもそもゲート(毛穴)まで到達するのが困難です。

 

使い終わった後は頭がスースーする!

フィンジアを頭に吹きかけてマッサージしていると、なぜか頭がスースーします。これは、スカルプシャンプーを使った時や育毛トニックを使った時などのような清涼感とよく似た感覚でした。スカルプシャンプーや育毛トニックに清涼感があるのは使用感をさっぱりさせる為だ、ということで何となく想像がつくのですが育毛剤のフィンジアでなぜ清涼感があるのでしょうか。

 

これはフィンジアの使用後に爽快感を与えるために計算されたスースーではなく、フィンジアに含まれるアルコールのスースーではないかと思います。フィンジアの臭いについての口コミの部分でも説明しましたがフィンジアに配合されている成分の中で一番配合量の多い成分はエタノール(アルコール)です。

 

そして、このフィンジアの使用後のスースーする使用感の正体はフィンジアに大量のアルコールが配合されているからなのだとわかりました。私はそこまで頭皮が敏感なタイプではないのですが、おそらくフィンジアを使用する人の中にはこの刺激が嫌だという人もいるのではないでしょうか。

 

Next.フィンジアの匂いは鼻にツンとくる