【必見!】フィンジアがネットで逆効果だと言われる理由とは?

bosutonhihan1
キャピキシル・ピディオキシジルを配合しているボストンスカルプエッセンスという育毛剤の公式サイトを見てるとこの様な事が書かれていました。

 

『良いと思って使い続けている商品が実は頭皮にとって逆効果かも知れません。デリケートな頭皮に必要なものを今一度見直して見ませんか?』

 

これはまさしく、『カプサイシン』と『界面活性剤』が配合されているフィンジアの事であり、名前は出していないもののライバル育毛剤の正真正銘批判していると言えます。

 

フィンジアの購入を考える人は同じような成分が配合されているボストンスカルプと比較する人が多く、その時に公式サイトを見て『フィンジアは逆効果なのかも知れない?』と思ってしまい、ネットでそういった書き込みが多くなってしまった訳です。

フィンジアは本当に逆効果なのか?

finnjia19
まず、大前提としてライバル会社の批判内容にそこまで信憑性はあるとは思えません。ライバル育毛剤の評価を下げて、自社の育毛剤を売る気満々なのが見え見えだからです。

 

ただし、『食器用洗剤』、『辛味ソース』と同じ物がフィンジアに含まれているのであれば逆効果の可能性もあるのでしっかり検証して見たいと思います。

フィンジアのカプサイシンは逆効果なのか?

2016y11m24d_223744338ボストンスカルプエッセンスの公式サイトで言われている通り、もしタバスコなどの辛味ソースを頭皮に振りかけると確かに薄毛には逆効果だと言えます。

 

しかし、フィンジアは辛味ソースを薄めた成分を配合しているのではなく『カプサイシン』という成分が配合されているのです。

 

カプサイシンには頭皮や胃腸の知覚神経を刺激する働きがあり、知覚神経が刺激されることでGCRP(カルシトニン遺伝子ペプチド)という成分が体内に放出されます。

 

このGCRPは刺激情報を全身に伝えます。その結果、GCRPが頭皮の毛乳頭に働きかけることで毛根のIGF-1(インスリン様成長因子)を増加します。

 

IGF-1には育毛効果があることは過去の研究結果から明らかになっていたのですが、IGF-1を安全に増加させる方法は今まで見つかっていなかったのですが、カプサイシンによって安全に育毛効果のあるIGF-1を増やすことができるという事が発見されたのです。

 

つまり、フィンジアに含まれるカプサイシンは頭皮に逆効果ではなく、むしろ、育毛効果が期待できる成分だと言えます。

フィンジアのラウラミンオキシドは逆効果なのか?

2016y12m13d_062741396ラウラミンオキシドとは界面活性剤の一種で食器用洗剤にも配合されている成分であることは間違いありません。

 

しかし、食器用洗剤に含まれているからと言って、頭皮に逆効果だという事はできません。例えば、大げさに言うと食器用洗剤にもフィンジアにも「水」が含まれていますが、食器用洗剤に「水」が配合されているから「水」が配合されているフィンジアは頭皮に逆効果だとは言えないからです。

 

因みに、このラウラミンオキシドは界面活性剤としての作用だけではなく、ヘアコンディショニング効果もあるので、そういった効果がフィンジアに配合されていると思われます。又、多くの育毛剤・シャンプー・化粧品に配合されている安全性が高く、肌への刺激が少ない成分だと言えます。

 

つまり、ラウラミンオキシドは確かに食器用洗剤に含まれていますが、ラウラミンオキシドは多くの化粧品・育毛剤に使用されている成分であり頭皮に悪影響がある成分であるとは言えません。むしろ、ヘアコンディショニング効果があるので髪に良い成分だといえます。

 まとめ

という事で、フィンジアのライバル育毛剤であるボストンスカルプエッセンスの指摘について調べてきましたが、やはりライバル会社の情報はあてにならないということがハッキリとわかりました。

 

そもそも、今の時代はネットで調べれば何でもわかる時代なので、成分が公表されている以上は頭皮に逆効果な成分は配合することは常識から考えてまずありえませんね。

 

 

キャピキシルシャンプー効果なし?購入者の8割が後悔する理由

 2016y06m17d_172737525
このページを見ているあなたは、キャピキシルに凄く魅力を感じているかもしれませ。しかし、キャピキシルシャンプーを購入する事はおすすめしません。

その理由はキャピキシルシャンプーに育毛効果はないからです。

キャピキシルに育毛効果はないのか?

キャピキシルシャンプーに育毛効果はないとお伝えしましたが、キャピキシルに育毛効果がないわけではありません。キャピキシルが悪いのではなく、キャピキシルをシャンプーに背後している事が悪いんです。

何故、キャピキシルは育毛効果があるのにキャピキシルシャンプーは育毛効果がないのか?

 

それは例えシャンプーに育毛効果がある成分を配合していたとしても、結局はシャンプーなので洗い流してしまうからです!せっかく、育毛効果が高い成分を配合していても頭皮に馴染ませてすぐに洗い流すのではほとんど意味はありません。

 

そうなんです!つまり、キャピキシルシャンプーを購入した人が後悔した理由はキャピキシルに効果がないからではなく、キャピキシル“シャンプー”であった事に後悔しているのです。

 

現に、キャピキシルシャンプーを辞めた人のキャピキシルを洗い流さないキャピキシル育毛剤に乗り換えて使用している人が多いです。
なので、もしあなたがキャピキシルシャンプーを購入しようとしているのであれば、キャピキシルシャンプーを購入するのではなく、キャピキシル育毛剤を購入する事をお勧めします。

 ちなみにキャピキシル育毛剤は確かに育毛効果が高いのですが、薄毛がかなり進行して地肌がハッキリ見えているつるっハゲの人には頭皮に塗るタイプの育毛剤ではなく、医師から処方される服用するタイプの育毛剤を使用することをお勧めします。

 

フィンジアのステマに騙されてはいけない!ステマを見抜く方法とは?

フィンジアだけに限った話ではないのですが、育毛剤の口コミサイトにはステルスマーケティング(いわゆるステマ)が多いです。その理由はステマサイトからフィンジアなどの育毛剤が購入された場合にステマサイトにも紹介料が入るアフィリエイト広告の可能性が高いからなのです。そして、実は今あなたが見ているこのサイトもアフィリエイトサイトの一つなのです。

 

ステマかどうかの見分け方!

確かにステマは自分の利益の為だけに、フィンジアを良いように紹介して無理やり購入させようとする口コミサイトがとても多いです。そういった口コミステマサイトはあたかも自分が使用して育毛効果があったかのように偽ります。

そういったサイトの情報は間違いなく嘘なので気を付けてください。ではどのような口コミサイトが正しいと見極めるのか?それは、自分にとってはっきりと不利益なことを伝えているかどうかです。

例えば、フィンジアの場合、ミノキシジル育毛剤とフィンジアを比較した場合に育毛効果が高いのは明らかにミノキシジル育毛剤です。その理由はミノキシジル育毛剤は医薬品(薬)という位置付けの育毛剤であり、フィンジアは医薬部外品という位置付けの育毛剤だからです。

これを伝えると、ほとんどの人がミノキシジル育毛剤を購入することになるので、自分の不利益であり、多くの人はこの事実を公開しません。

フィンジアは意味がない?

上記のことを聞くと『フィンジアやミノキシジル以外の育毛剤は意味がないのでは?』と思うかもしれません。しかしそんなことはないんです。なぜなら、ミノキシジル育毛剤にもデメリットがあるからです。

ミノキシジルは医薬品として育毛効果はほかの育毛剤よりも効果が高いのですが副作用があるという欠点があるのです。そして、この副作用に悩んでいる人は意外に多かったりします。

つまり、ミノキシジル育毛剤を使いたくても副作用が原因で使えない人が育毛を行う場合に、フィンジアが大活躍するというわけなんです。そして、フィンジアはミノキシジル育毛剤を除くほかの育毛剤と比べると効果が高い育毛剤だといえると私は思います。

ということで、長くなりましたがフィンジアの口コミ情報を確認するときに良い事ばかり言っているようなサイトはあてにならないので騙されないように気を付けることをおすすめします。

フィンジアはオオサカ堂などの個人輸入代行では手に入らない理由

2016y06m07d_202715258

フィンジアはミノキシジル育毛剤のようにオオサカ堂などの個人輸入代行などでは取り扱っていません。その理由は公式サイトでしか販売していないからです。

多くの育毛剤が大手通販サイトの楽天市場やアマゾンヤフーショッピング、そしてオオサカ堂のような個人輸入代行で取り扱いがあるのですがフィンジアに関しては一切ありません。

なぜフィンジアは公式サイトでしか販売されていないのか?

販売窓口は多いに越した事がないのですがなぜフィンジアは公式サイト限定での販売にこだわるのでしょうか?これはあくまでも憶測にしか過ぎないのですが以下の理由が考えられます。

全額返金保障の対応が難しい。

多くの育毛剤は色々な通販サイトから販売されています。そして、その販売元は公式ショップだけではなく、いろいろな通販ショップが販売している場合があります。そして、そういった公式ショップ以外から購入した人が勘違して全額返金保障を申請してトラブルのもとになったりするので、そういった事を避ける可能性があります。

販売価格の維持

メーカーとしてはできるだけ高く販売したいはずです。ですが、いろいろなところから販売を許可するとその販売業者同士が価格競争を起こし、結果的に商品自体の販売価格が下がってしまうことも考えられます。

顧客を大事にしたい

せっかく自社の商品を購入してもらったの大切なお客様に、育毛剤を販売するショップの対応が悪かっただけで育毛剤自体のイメージも悪くなります。そういったお客を大切にし、長くお付き合いしていきたいという考えもあるのかもしれません。

あくまでも、憶測なのですが以上の理由からオオサカ堂のような個人輸入代行やネット通販サイトからは購入できないのでと思います。

 

キャピキシルに関する知恵袋での参考になる書き込みまとめ!

2016y06m06d_234919294

キャピキシルに関する知恵袋の書き込みまとめました!

キャピキシル含有の育毛剤が医薬品と認可されれば効果があるでしょうが、ネットでしか買えないのであればほとんど効果は期待できませんね。プロペシアにしても脱毛を防ぐ薬ですが効果があるのは10人に1人です。インポになるどの精力減退があります。生活習慣を見直すことをお勧めします。

確かに、ネットでしか買えないという点に疑問があります。しかも、頭皮に塗るタイプの育毛剤は育毛成分の吸収率が悪く、そこまで劇的な効果は期待できないといわれています。

 

ミノキシジル⇒発毛を促す薬。

血管拡張剤として開発された成分。発毛効果があるとされタブレットの他外用薬がある。国内ではリアップX5等に使用されている。

フィナステリド⇒脱毛を抑制する薬。

抗アンドロゲン薬(男性ホルモンが髪に悪影響を及ぼすメカニズム自体を抑える薬)。似た作用を持つの薬にデュタステリドがあり、アボルブという商品名で販売されている。数か月前にザガーロという同成分の医薬品が厚労省から製造販売承認を取得したが2016年1月現在、未だ販売に至らず。

キャピキシル⇒発毛を促すと同時に脱毛を抑制する(と言われている)。ただし化粧品区分。

私が個人的に調べた結果も同じでした。だから、ミノキシジルとフィナステリドの服用を行うことで発毛と抜け毛の抑制を同時に行うことができ、より効果的な育毛ができるらしいです。

 

カナダのルーカスマイヤーコスメティックス社(Lucas Meyer Cosmetics)が開発した育毛成分。
ミノキシジルの3倍、毛包を成長させたというデータがある。

これがひとり歩きしてミノキシジルの3倍の効果となっている。読めばわかるが必ずしも効果が3倍ではない。しかし、ある程度のエビデンスが実証されており一概にバカにはできない。国内ではスカルプ・エッセンスとして販売されている。

まさしく正しい意見で、ミノキシジルの3倍毛包を成長させるデータが出ているのであって、育毛効果が3倍なわけではありません。多くの口コミサイトではあたかもミノキシジルの3倍の効果があるとご表記しているので注意が必要です。

キャピキシルと医薬品なら間違いなく医薬品を選べ!

2016y01m07d_220805943

キャピキシルと医薬品育毛剤どっちがいいの?

育毛剤の購入を考えている人の中で、多くの人が迷う選択肢の中に『キャピキシル育毛剤』と『医薬品育毛剤』のどちらを購入すればいいの?と悩む人が多いです。

ここでハッキリと断言します!!育毛効果があるのは医薬品の育毛剤です。

なので、どうしても髪の毛を生やしたい、増やしたいという人には医薬品の育毛剤をすすめします。

医薬品育毛剤を勧める理由

医薬品育毛剤を勧める理由はズバリ医薬品育毛剤は薬と認定されているからです。育毛剤といわれる製品には医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類があります。

そして、この3種類の中で育毛効果が高い順に並べると医薬品>医薬部外品>化粧品となります。

医薬品育毛剤・・・育毛・発毛を行う

医薬部外品育毛剤・・・抜け毛・薄毛予防

化粧品育毛剤・・・頭皮の環境を整える

つまり、薄毛が進行していて薄毛を改善するためには医薬品育毛剤を使用するのが一番効果的なんです。

ただし、医薬品育毛剤が向かない人もいる?

確かに医薬品育毛剤は育毛効果が期待できるのですが、使用に向かない人もいます。それは以下のような人です。

    • 薄毛・抜け毛の予防が目的で育毛剤を使用する人
    • 頭皮が弱い人(肌が弱い人)
    • 高血圧の人
    • アレルギー体質の人

 

このような人には医薬品育毛剤は向きません。その理由は医薬品育毛剤は効き目が強い反面、副作用の心配があるからです。その副作用が頭皮がかぶれたり、高血圧になったり、アレルギー反応が出たりします。そういう人はどうすればいいのか?

医薬品育毛剤の副作用が心配な人におすすめな育毛剤?

前述したように、医薬品育毛剤には副作用が存在します。その副作用とは育毛に最も効果的であるといわれている成分のミノキシジルによるものなのです。

ミノキシジルは育毛効果があるというメリットと、副作用があるというデメリットを持っているのです。一方、キャピキシルはミノキシジル程の育毛効果は期待できないものの、副作用の心配がない為、前章で挙げた医薬品育毛剤をおすすめしない人達にもおすすめ出来る育毛剤なんです。

フィンジアとミノタブの併用は効果的なのか?

2016y06m04d_020251490

頭皮に塗る外用タイプの育毛剤と飲む内服タイプの育毛剤の併用は今や常識となってきています。そこで外用タイプの育毛剤フィンジアと内服タイプの育毛剤ミノキシジルタブレットの併用は効果的なのかを調べました。

 

ベストな選択とは言えない!

まず、フィンジアとミノキシジルタブレットの併用という育毛剤の組み合わせはベストな選択とは言えません。なぜなら、フィンジアは医薬部外品である為、医薬品に属する育毛剤のほうが効果的だからです。

そこで、最も効果が期待できる組み合わせは『ミノキシジル外用・フィナステリド内服』の組み合わせです。ミノキシジルで発毛を促進し、フィナステリドで男性ホルモンの働きを抑制し抜け毛を抑えてくれるのでしっかり役割分担がされています。

ただし、ミノキシジルもフィナステリドも副作用の危険性が高いのですべての人におすすめできるというわけではありません。

フィンジア+ミノタブがおすすめの人とは?

フィンジアとミノタブの併用が最もべすとな選択だと言える方もいます。それは頭皮が弱い方です。ミノキシジル外用は確かに効果的なのですが、効き目が高い反面、頭皮の炎症・かぶれを起こしてしまい使用を断念される方も多いようです。

 

そういった頭皮・肌が弱い方にはミノキシジルにた成分で副作用のないキャピキシルが含まれているフィンジアとミノタブを併用することでできる限り副作用をなくした最大限の育毛効果を生み出すことも可能です。

 

フィンジアは怪しい?購入しようか悩んでいる人必見!

2016y06m04d_015221593フィンジアを購入しようか迷っている人に多いのが、『フィンジアってなんだか怪しくない?』という疑問を抱くことです。なぜそのように思ってしまうのか?その理由はこんな感じです。

・口コミサイトでの評価が高すぎる
・効果がありすぎる画像が掲載されている
・ミノキシジルの3倍の効果がある
・それなのに副作用がない
・値段が高すぎる

恐らく、ここら辺を含めて『なんか怪しい』と思ってしまっているのだと思います。なので実際に上記の内容を1つ1つ検証していきたいと思います。

口コミサイトでの評価が高すぎる

これに関してはほとんどの口コミサイトが嘘だと考えた方がいいです。理由としては育毛剤を使用して、そのレビューをわざわざホームページで作る人なんてほとんどいないからです。つまり、営利目的の口コミサイトがほとんどです。もちろん、この口コミサイトも一部営利目的の内容が含まれています。

効果がありすぎる画像が掲載されている

これも嘘の可能性が高いです。地肌が見えて薄毛がかなり進行指定し待っている人がふさふさになるほどの育毛効果は頭皮に塗るタイプの育毛剤では厳しいです。なぜなら、育毛成分は頭皮からでは吸収率が悪いのでツルツル⇒ふさふさになるほどの効果は期待できません。ただ、飲むタイプの育毛剤は吸収率が高く効果が期待できる反面、副作用の心配があります。

ミノキシジルの3倍の効果がある

これも嘘の可能性が高いです。この情報元はキャピキシルという成分を開発したカナダの化粧品メーカーの研究データが元となっています。しかし、そのデータに示されている数字はミノキシジルの3倍の育毛効果ではなく、ミノキシジルの3倍の発毛シグナルを出すというデータのようです。なので、ミノキシジルの3倍の育毛効果があるというわけではありません。

 

それなのに副作用がない

これは本当です。実際に副作用はありません。そもそも、副作用の心配のある育毛剤は医薬品に属するため、購入する場合には薬剤師から説明を受けた上で購入しなければなりません。しかし、フィンジアは副作用の心配がない医薬部外品なのでネットで直接購入することができます。

 

値段が高すぎる

これは半分本当で半分嘘です。確かにフィンジアは育毛剤としての価格は高いです。しかし、キャピキシルという育毛業界でも話題の育毛成分を配合しているキャピキシル育毛剤の中では最もやすい育毛剤なので、ここ価格は妥当といえば妥当だといえます。

 

ピディオキシジルが効果なし!?本当の事を教えて欲しい!!

2016y04m05d_222115463

 

ミノキシジルと良く似た成分のミノキシジル誘導体。別名ピディオキシジル。このピデオキシジルですが、ミノキシジルと同じような育毛効果が期待されるうえに、ミノキシジルの唯一の欠点でもある副作用がないということで注目を集めている成分です。しかし、本当にそんな都合のいい成分があるのでしょうか。実際にいろいろ調べてみました。

成分構造がほぼ同じ?

ピディオキシジルは育毛に最も効果があると言われている成分であるミノキシジルとほぼ同じ分子構造をした成分です。と、言うよりは、ミノキシジルの育毛効果をのこしたまま、副作用を無くすことが出来ないかと考えて開発された成分がピディオキシジルなんです。

 

つまり、ピディオキシジルはミノキシジルを元に作った成分なんです。と言うことは似てて当たりませですね。そして肝心の成分についてですが、やはり、副作用はないようです。しかし、肝心の育毛効果についてですが中々立証できていないというのが現状のようです。

 

そもそも効果が高いと言われているミノキシジルでさえ、使用したとしても確実に髪の毛が生えてくれ訳ではないので、ピデシオキシジルに至っても同じような事が言えます。しかも、仮にピディオキシジルがミノキシジルと同等の効果がある上に、副作用が全くないことが立証されているのであればもっと話題になっていてもおかしくないですよね?

 

そういった業界の反応や世間の声を聴いている限り、ピディオキシジルがミノキシジル程の効果があるとは言えないと私は思います。

フィンジアにミノキシジルのような血管拡張作用はあるのか?

2016y04m05d_200010062

 

ミノキシジルの分子配列を一部組み替えて出来ているミノキシジル誘導体。ミノキシジルは育毛剤として使用される前に、高血圧患者の為の血管拡張剤として使用されてきましたが、ミノキシジルと良く似た成分であるミノキシジル誘導体についても血管拡張作用があるのでしょうか。

 

ミノキシジルは今ある育毛成分の中でも最も育毛に効果があるといっても過言ではない育毛剤です。しかし、このミノキシジルにもデメリットがあります。それが副作用です。

 

しかし、ミノキシジルの発毛効果を維持したまま、唯一のデメリットといえる副作用を無くすということが目的で開発された成分がミノキシジル誘導体なんです。

 

つまり、ミノキシジル誘導体にはミノキシジルをしようして起こる副作用はありません。それは、ミノキシジルの副作用の一番重篤である低血圧を引き起こす理由である血管拡張作用がないということです。

と、いうことでミノキシジル誘導体にはミノキシジルのような血管拡張作用はありませんので、低血圧の方でも安心して使用することが出来ます。