ベルタ育毛剤は成分が多いからと言って効果があるわけではない!

ベルタ育毛剤の特徴と言っても良いのがその配合されている成分数の多さだと思います。ベルタ育毛剤の公式サイトを確認してみると『業界最大級の56種類の育毛・頭皮ケア成分配合』と記載されています。

 

こうやって見ると確かに56種類という数は多いと思いますし、これだけたくさんの成分が配合されているなら『なんだか効きそう・・・』と思ってしまいますよね。

 

でも、冷静に考えてみると育毛成分の量の多さと育毛効果は比例するかというと決してそうではないと思います。しかも、56種類配合されている成分なかで、厚生労働省が有効成分として認めている成分は3種類しか配合されていません。

 

そうすると後の53種類は本当に効果があるのか?なんのために配合されているのか?と思ってしまいますね。

配合されている成分が多いと育毛成分の濃度が薄くなる可能性もある

ベルタ育毛剤は1本80mlの内容量となっており、1カ月使用することが出来ます。

 

そして、この80mlの中には育毛成分だけではなく水やエタノールなどの成分も配合されています。もちろん、これはベルタ育毛剤に限った話ではなく他の育毛剤でも同じです。

 

因みに、育毛剤の中に水がどれぐらいの割合で配合されていて、エタノールがどれぐらいの濃度配合されているかという事は表記されていないので詳しいことは分かりまでんが、もし、各社の配合している水とエタノールの割合がほとんど同じだった場合は、配合されている成分数が多ければ多いほど、配合されている成分の濃度は薄くなるということが言えると思います。

 

例えば、育毛剤の80%がが水とエタノールで占めていた場合には内容量が80mlのベルタ育毛剤に配合されている成分の配合量は16mlとなります。そして、ベルタ育毛剤に配合されている成分数は56種類なので16÷56=0.29mlとなります。

 

つまり、育毛剤に配合されている1成分の配合量というのは0.29mlの可能性もあるというわけなのです。因みに、念の為に他の女性用人気育毛剤についても同じ条件で計算して比較してみました。

配合成分数 1カ月の容量 1成分当たりの量
ベルタ育毛剤 56種類 80ml 0.29ml
マイナチュレ 41種類 120ml 0.59ml
花蘭咲(からんさ) 18種類 120ml 1.33ml
ミューノアージュ1剤
ミューノアージュ2剤
15種類
21種類
60ml
60ml
0.80ml
0.57ml
長春毛精 26種類 60ml 0.46ml

というように、上記の計算はあくまでもそれぞれの育毛剤の育毛成分と水・エタノールの割合が同じだと仮定した場合の話で合って、必ずしもこのような分量であるという話ではありませんので参考程度にしてください。

 

ただ、このようなことも想定できることから『配合されている成分が多い=効果がある』という事は言い切れないことがわかります。

 

ましてや配合されている成分の内で厚生労働省が有効性を認めている成分が3種類しは配合されていないのであれば、尚更に配合されている成分の濃度が大切になってくると思います。

3種類の

上記でも少し触れましたがベルタ育毛剤に配合されている56種類の成分の内、国がその有効性を認めている成分は3種類だけです。つまり、残りの成分に関しては国はその有効性を認めていないことになります。

 

そして、このベルタ育毛剤に配合されている3種類の有効成分に期待できる効果は以下のようになります。

センブリエキス 血行促進作用、毛母細胞活性化作用、抗炎症作用、抗酸化作用
グリチルリチン酸2K 抗炎症作用、抗アレルギー作用、敏感肌症状改善作用
酢酸トコフェロール 抗酸化作用、血行促進作用

つまり、厚生労働省が効果の有効性を認めている3つの成分の内2つの関しては血行促進や毛母細胞の活性化などの育毛に関係が深い作用が認められている成分なのですが、残りの1つに関しては頭皮環境を整える作用が認められているに過ぎないので、配合されている有効成分から考えてもベルタ育毛剤に他の育毛剤よりも効果があるとは思えないというのが本音の部分です。

まとめ

ベルタ育毛剤には他の人気女性育毛剤と比較すると確かに配合されている成分数は圧倒的に多いです。だから、他の育毛剤よりも効果が高い可能性も十分あります。

 

ただ、上記でも説明したように『成分数が多いからと言って効果がある』わけではないので、その点に関しては注意する必要がありそうですね。

 

実際に私は1年間ベルタ育毛剤を使用しましたが全くと言っていいほど育毛効果を実感することが出来ませんでした。成分の他に元ベルタ育毛剤愛用者の私が不満に思ったことが気になる方は是非下記の記事を参考にしてみてください。

コメントを残す