リデン(REDEN)は医薬部外品だから効果ないってホント?

リデンには話題の新成分であるリデンシルが配合されているので、かなり育毛効果が期待できそうに思えます。

 

しかし、残念ながらあなたが期待を寄せるほどの育毛効果は期待できません。なぜなら、リデンは医薬部外品育毛剤であり、医薬部外品育毛剤には頭皮に大きな影響をもたらす作用が期待できる成分が配合されていないからです。

 

リデンの口コミの中には、『リデンが最も効果が期待できる育毛剤』とか『リデンは一番おすすめの育毛剤』と言っている人もいるみたいですが、ハッキリ言ってそれはあり得ません。

 

なぜ、ありえないと断言できるのかを以下で解説していきます。

医薬部外品育毛剤にはあまり効果は期待できない

ヘアケア商品というのは薬事法によって化粧品に分類されるのですが、その中での更に医薬品育毛剤・医薬部外品育毛剤・化粧品育毛剤の3つに細かく分けられています。

医薬品育毛剤

医薬品育毛剤とは国が発毛効果や育毛効果を認めた成分が配合されている育毛剤のことで、育毛剤の中でも最も効果が期待できる育毛剤の分類

日本国内で販売されている医薬品育毛剤で最も有名なものが大正製薬から販売されているリアップX5です。このリアップX5は日本で販売されている育毛剤の中でも最も育毛・発毛効果が期待できる育毛剤だと断言できます。

しかし、この医薬品育毛剤というのは確かに育毛効果が期待できるのですがその反面で副作用の危険性もあるので医師や薬剤師から副作用の説明を受けなければ購入することが出来ないように法律で定められています。

医薬部外品育毛剤

医薬部外品育毛剤は国から有効性が認められた成分が配合されている育毛剤のことで、医薬品育毛剤ほどの育毛効果は期待できません

但し、医薬品ほどの育毛効果は期待できないのですがその反面、副作用の心配はないので多くの人が利用することが出来ます

化粧品育毛剤

化粧品育毛剤は医薬品育毛剤よりもさらに効果が緩やかなもので、配合されている成分の有効性が認められていないことがほとんどです。

育毛剤の中には『注目の〇〇〇成分配合』、『新成分×××配合』などの目新しい成分が配合されている育毛剤も多いのです。

しかし、その育毛剤が化粧品育毛剤の場合にはそもそもその育毛剤に配合されている成分の有効性は認められていないのでいくら凄そうな成分が配合されていたとしても効果は期待できません。

医薬部外品育毛剤に分類される育毛剤のリデンは本当に育毛効果がないのか?についてですが、結論から言うと医薬品育毛剤のほどの効果は期待できません。

 

というのも、国から育毛に対する有効性が認めらえている成分が配合されているされているので効果がないはずがないのです。しかし、先ほども言ったように医薬品育毛剤が最も効果が期待できる育毛剤であり、医薬部外品であるリデンは医薬品育毛剤には効果が劣るのは事実です。

 

なので、毛剤に効果を求めるのであれば医薬品育毛剤を使うのがベストな選択だと言えます。ただし、医薬品育毛剤には副作用の危険性があるのですべての人に医薬品育毛剤がおすすめというわけではありません。

 

特に以下の人には医薬品育毛剤は向かないです。

・頭皮や肌が弱い人
・初期~中期の薄毛の人
・疾患がある人
・未成年

リデンシルに本当に効果があるのか疑わしい

医薬部外品育毛剤にはそこまで育毛効果が期待できないという事は理解してもらえたのではないかと思います。

 

でも、中にはリデンにはリデンシルという医薬品育毛剤に配合されているミノキシジルの2倍の効果が期待できる成分が配合されているから、医薬品と同等、もしくはそれ以上の効果が期待できるんじゃないの?と思った方もいるかもしれません。

 

確かに、リデンには育毛業界でも話題の新成分が配合されているのですが、それでもやはり間違いなくリデンは医薬品育毛剤よりは効果がないです。

ミノキシジルの2倍の効果があるという臨床試験データ

なぜリデンシルが育毛業界で注目を集めているのかというと、リデンシルの開発メーカーがミノキシジルと比較した臨床試験データを公開しており、リデンシルがミノキシジルの2倍の数値を示しているからです。

 

上の画像を見てもらうとわかるのですが、確かにリデンシルがミノキシジルの2倍の数値を示しています。しかし、注意しなければいけないのはどんな内容の比較試験なのかという事です。

 

この臨床試験で比較している数値は『Hair growth after 7 and 10 days(7日後と10日後の髪の成長率)』に関してリデンシルとミノキシジルを比較した数値なのです。

 

『髪の成長=育毛』なのでリデンシルはミノキシジルよりも効果があるってことじゃないの?と思うかもしれませんがそうではありません。

 

ミノキシジルが他の育毛剤よりも優れているのは育毛効果ではなく、発毛効果だからです。そもそも、薄毛を改善するには“育毛”するよりも“発毛”することの方が効果的であることは誰しもが理解できることだと思います。

因みに、この発毛効果というのはミノキシジルが配合されている医薬品育毛剤でしか認められていないのですが、リデンを販売している美元の社長がリデンシルに発毛効果があるかのような発言をしていることからもリデンは相当怪しいような気がします。

 

普通に考えると医薬品育毛剤でもないリデンに発毛効果があるかのように表現するのは薬事法違反だと思うんですけどね?大丈夫なんですかね?心配になります。

男性型脱毛症診断ガイドラインでも推奨されていない

日本皮膚科学会といういう公益社団法人が男性型脱毛症の治療に適した成分を科学的根拠に基づいて選出し、その成分の推奨度を示したガイドラインがあります。

 

そして、この男性型脱毛症診断ガイドラインによると男性型脱毛症に最も効果が期待できる成分はミノキシジルとフィナステリドと記載されており、その推奨度は最も評価の高いA評価です。

 

その他にもアデノシンなどの成分も推奨度Bとして評価を受けていますが、ミノキシジルの2倍の効果があると噂されるリデンシルに関しては一切で紹介されていません。

 

そこからも分かるように、やはりリデンシルにはミノキシジル程の効果が期待できないのは明白です。

まとめ

『リデンに育毛効果があるのか?ないのか?』というと全く効果がないという事はありません。

 

これはリデンに配合されている成分に対して国は有効性を認めたうえで医薬部外品育毛剤として認定しているからです。もし、リデンに全く効果が期待できないのであればそもそも医薬部外品に認定されることはありません。

 

しかし、リデンは医薬部外品育毛剤である以上はミノキシジル成分などを配合している医薬品育毛剤ほどの効果は期待できないという事も間違いありません。

 

なので、もし本当に薄毛を改善したいのであればミノキシジル成分が配合されている育毛剤を使用することをおすすめします。そして、副作用の心配なく育毛したいという場合でも私はリデンの使用をおすすめしません。

 

その理由はリデンの効果と口コミ|REDENを7ヵ月使ってわかった5つの事実を確認してみてください。

コメントを残す