リデン(REDEN)は医薬部外品だから効果ないってホント?

育毛剤は国が定める法律によって医薬品・医薬部外品・化粧品に分類されます。そして、リデンはその中でも医薬部外品育毛剤に分類されます。

リデンに関しての口コミをしている人の中にはリデンは医薬部外品ではないので薄毛には効かないといっている人もいるのですが実際のところはどうなのか詳しく調べてみました。

医薬品・医薬部外品・化粧品の分類

ヘアケア商品というのは薬事法によって化粧品に分類されるのですが、その中での更に医薬品育毛剤・医薬部外品育毛剤・化粧品育毛剤の3つに細かく分けられています。

医薬品育毛剤

医薬品育毛剤とは国が発毛効果や育毛効果を認めた成分が配合されている育毛剤のことで、育毛剤の中でも最も効果が期待できる育毛剤の分類

日本国内で販売されている医薬品育毛剤で最も有名なものが大正製薬から販売されているリアップX5です。このリアップX5は日本で販売されている育毛剤の中でも最も育毛・発毛効果が期待できる育毛剤だと断言できます。

しかし、この医薬品育毛剤というのは確かに育毛効果が期待できるのですがその反面で副作用の危険性もあるので医師や薬剤師から副作用の説明を受けなければ購入することが出来ないように法律で定められています。

医薬部外品育毛剤

医薬部外品育毛剤は国から有効性が認められた成分が配合されている育毛剤のことで、医薬品育毛剤ほどの育毛効果は期待できません。

但し、医薬品ほどの育毛効果は期待できないのですがその反面、副作用の心配はないので多くの人が利用することが出来ます。

化粧品育毛剤

化粧品育毛剤は医薬品育毛剤よりもさらに効果が緩やかなもので、配合されている成分の有効性が認められていないことがほとんどです。

育毛剤の中には『注目の〇〇〇成分配合』、『新成分×××配合』などの目新しい成分が配合されている育毛剤も多いのです。

しかし、その育毛剤が化粧品育毛剤の場合にはそもそもその育毛剤に配合されている成分の有効性は認められていないのでいくら凄そうな成分が配合されていたとしても効果は期待できません。

医薬部外品育毛剤のリデンは効果がないのか?

医薬部外品育毛剤に分類される育毛剤のリデンは本当に育毛効果がないのか?についてですが、結論から言うとリデンは間違いなく効果はあります!

というのも、国から育毛に対する有効性が認めらえている成分が配合されているされているので効果がないはずがないのです。

しかし、先ほども言ったように医薬品育毛剤が最も効果が期待できる育毛剤であり、医薬部外品であるリデンは医薬品育毛剤には効果が劣るのは事実です。

なので、育毛剤に効果を求めるのであれば医薬品育毛剤を使うのがベストな選択だと言えます。ただし、医薬品育毛剤には副作用の危険性があるのですべての人に医薬品育毛剤がおすすめというわけではありません。

特に以下の人には医薬品育毛剤は向かないです。

・頭皮や肌が弱い人
・初期~中期の薄毛の人
・疾患がある人
・未成年

これらの人は医薬品育毛剤を使用して得られるメリット(育毛効果)よりもデメリット(副作用のリスク)の方が大きいので、医薬部外品育毛剤であるリデンの使用をお勧めします。

リデンであれば上記のような人は副作用のリスクなく育毛を実現することhが出来るのでリスクは一切ありません。

まとめ

リデンに育毛効果があるかないかというと間違いなくあります。これはリデンに配合されている成分に対して国は有効性を認めたうえで医薬部外品育毛剤として認定しているからです。

もし、リデンに全く効果が期待できないのであればそもそも医薬部外品に認定されることはありません。

しかし、育毛剤というのは使用者の体質や薄毛の進行度合いにによって効果は全く違ってくるので全ての人の効果があるというのは一概には言えません。

ハッキリ言うとリデンを使用した場合には効果がある人とない人がいます。なので、リデンを使用する前に事前にあなたが効果があるに人なのかない人なのかを確認しておくことをおすすめします。

事実その5:リデンは効果がある人とない人がいる

リデンを使って分かった5つの事実トップへ戻る

コメントを残す