リデンの永久返金保証には意外なカラクリと落とし穴が・・・

リデンはこれまで7日間しか保証期間がなかった全額返金保証制度を2017年9月13日から期間無制限の永久返金保証に変更になりました。

永久返金保証と聞くとかなり聞こえはいいのですが、この返金保証制度には意外なカラクリと落とし穴があります。なので、永久返金保証が設けられているからと保証制度に乗せられて安易に購入しない方がいいですよ。

まずは、事前に以下に記載してある内容を理解しておくことをおすすめしします。

リデンの永久返金保証の意外なカラクリ

  • 定期コースのみが対象
  • 返金保証の対象は1本だけ
  • 返金保証の利用は面倒

リデンの永久返金保証には上記のようなカラクリがあります。それではこれらのカラクリがどのようなものなのか詳しく解説していきます。

定期コースのみが対象

リデンの全額返金保証を利用することが出来るのは定期コースでリデンを購入した人だけに限ります。つまり、リデンを単品や3本まとめ買いで購入した人に関してはリデンは永久返金保証どころか7日間の返金保証制度すら設けられていません。

返金保証の対象は1本だけ

リデンの返金保証は“永久(無制限)”というところが他の育毛剤に設けられている返金保証制度よりも凄いところです。しかし、確かに期間は無制限なのですが返金してくれる育毛剤の本数は有限で1本だけです。リデンは1本で1カ月分なので返金保証期間が1カ月の育毛剤とあまり大差はありません。

返金保証の利用が面倒

リデンの返金保証を利用する場合、まずリデンのコールセンターに電話をして解約したい旨の伝えなければいけません。そこでは返金保証を利用する理由を聞かれたり、使い方が正しかったかなど事細かに質問を受けます。その後、使用していたリデンをメーカーにわざわざ送り返さなければいけません。

リデンのメーカーとしては出来る限り定期コースで購入して欲しいワケです。リデンの定期コースには最低3回は継続して使用しなければいけない縛りもあるので、定期コースを申し込んだ人は最低3本リデンを購入してくれるからです。

また、返金保証を利用するのは面倒臭いので大抵の人は利用しません。つまり、この返金保証というのは一見購入者の為の制度のように見えて、実は定期コースで購入してもらる為のメーカー側の戦略なのです。

リデンの永久返金保証の意外な落とし穴

リデンの永久返金保証の落とし穴は“全額返金保証ではない”ということろです。永久返金保証と言われると無期限で全額お金を返してもらえるようなイメージを抱いてしまいがちですが実はそうゆうわけではありません。

具体的に言うと以下に上げるものに関しては購入者が負担しなければいけません。

  • 振込手数料/324円前後
  • 返品送料/600~800円前後
  • 事務手数料/1000円

つまり、リデンの定期コースを購入した場合には商品代として9,800円を購入者が支払う事になりますが、返金保証を利用した場合に銀行に振り込まれる金額は

商品代9,800円-振込手数料324円-事務手数料1,000円=返金額は8,476円です。

しかも、購入者は商品を返品しなけばいけないのでそこから更に600~800円前後は返品送料として掛かります。なので、リデンの永久返金保証を使用した場合には購入者は2,000円程度は負担は費用を負担しなければいけないというわけです。

リデンには永久返金保証という一見凄そうな返金保証制度が設けられていますが、このようなカラクリや落とし穴があるので『永久返金保証がついてるから試しに買って見ようかな・・・』という安易な気持ちで購入すると後悔することになって今いますよ。

中にはリデンには永久返金保証が設けられているからリデンを使って効果がなかったら全額返金保証を利用しようと考えている人もいると思います。しかも、注意しなければいけないのは永久返金保証の対象はあくまでも初回購入の1本分だけという事です。

ハッキリ言ってリデンを1本使用したからと言って育毛効果を実感することは正直言って出来ず、最低でも3ヵ月程度は継続して使用しなければ効果は実感できないので返金保証を当てにするのは辞めたほうがいいですよ。

 

事実その3:リデンの効果を実感するのに最低3ヵ月以上は掛かる

リデンを使って分かった5つの事実トップへ戻る

コメントを残す