リデンの効果と口コミ|REDENを7ヵ月使って分かった5の事実

リデンを買ってみようかな・・・?REDENって本当に効果あるの?と思っているあなた、購入するのをちょっと待ってください!

ネットに記載されているレビューや口コミの情報を鵜呑みにすると意外な落とし穴があるので注意してください。

特にリデンに関してはネット上ではかなり評判が高く、ほとんどの口コミサイトではリデンについてのポジティブな面しか記載いていないのがほとんどです。しかし、実際にリデンを使用してみると、実際に使ってみないと分からないデメリットや詳しく調べてみないと気付かないネガティブンな点などがあります。

そこで、この記事ではリデンを実際に使って見ないと分からないことや、他の口コミサイトではあまり記載されていないようなリデンに関するネガティブな情報もしっかり記載しています。リデンを購入しようか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

事実その1:REDEN(リデン)使用後に若干のべたつきがある

リデンは朝晩1日2回10プッシュずつ使用するので使用感が良いか悪いかは大切です。実際にリデンを使用してみると使用後の頭皮マッサージの際に若干手がべたつくのが気になります。

もちろん、少しその後に時間が経過したら特にべたつきもなくなるのでそこまで気にはならないのですが、慣れるまでは少し抵抗があると思います。一方で、ニオイに関しては無臭なのでかなり助かります。育毛剤というとかなり独特な匂いがするイメージが強いですよね?

この育毛剤の独特な匂いと加齢臭が混ざると強烈な匂いを放つことになってしまい、周りの人から嫌な顔をされる可能性がありますが、リデンの場合は特にそういった心配もないので出かける前に使用しても問題ありません。

事実その2:REDEN(リデン)の全額返金保証は全額返ってこない

リデンはもともと保証期間が7日間しかない全額返金保証だったのですが、2017年9月に永久返金保証に切り替わりました。おそらく、7日間の全額返金保証じゃあまり意味がないという事に気づいたのでしょうね。

『永久保証』と聞くとかなり凄そうに感じるのですが、返金保証期間が無制限なだけで返金対象の育毛剤は1本だけです。つまり、リデン1本で約1カ月分なので30日間の全額返金保証とあまり大差はありません。

しかも、この全額返金保証を利用したとしても実は全額お金が返ってくることはありません。

リデンの全額返金保証の規約についてしっかりと確認してみると、購入者が全額返金保証を利用する場合には以下を購入者が負担しなければいけないと記載されています。

  • 返品の送料(約650円)
  • 返金に掛かる振込手数料(約324円)
  • 事務手数料(1,000円)
  • 代引きで購入した場合は代引き手数料(420円)
  • 定期便発送期間内であれば、更に商品代の10%(約900円)

以上のような費用を購入者は負担する必要があります。では実際に定期コースで購入した場合にどれぐらいのお金が返ってくるのかを例に挙げてみます。

9,800円(商品代金)-振込手数料(324円)-1,000円(事務手数料)=8,476円が返金口座に振り込まれます。ただし、それに加えて商品の返送料(約650円)は購入者が負担しなければいけないので実質は7,826円が戻ってくるという計算になります。

また、その他に代引きを利用していたり、定期便発送期間で全額返金保証を利用した場合にはそこから更に差し引きされる事になります。

事実その3:REDEN(リデン)の効果を実感するのに最低3ヵ月以上は掛かる・・・

例えば医薬品育毛剤を使用した場合には1カ月目から抜け毛が減ったり、髪の毛がしっかりしてきたりといったような育毛効果を実感することができることもあるみたいなのですが、リデンは最低でも3ヵ月以上は継続して使用しないと効果を実感することが出来ません。

ま~、これはリデンに限った話ではなくネット通販で販売されている医薬部外品育毛剤のすべてに言えることなのですが、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでのヘアサイクルから考えても医薬部外品に配合されている成分で1カ月や2カ月の短期間使用しただけで育毛効果が実感できるほど甘くはないです。

ただ、リデンは他の医薬部外品育毛剤に比べると配合されている成分が優れているので、他の育毛剤よりは早く育毛効果が実感できる可能性は十分にあると思います。

事実その4:REDEN(リデン)に医薬品育毛剤ほどの効果はない

リデンには話題の新成分であるリデンシルが配合されています。リデンシルとはスイスのInduchem社が開発した成分でセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、塩化亜鉛、グリシン、ピロ亜硫酸Naから構成されています。

そして、このリデンシルの何が凄いかというと、髪の毛の元となる幹細胞があるバジル領域に働きかけて育毛を促進することができ、薄毛がかなり進行していても頭皮に幹細胞が残っていれば育毛効果が期待できる点です。

実際に、開発メーカーであるInduchem社はミノキシジルとリデンシルの育毛比較試験を行っており、ミノキシジルの2倍の数値をたたき出しています。これらだけを見ると確かにリデンシルはすごい成分のように感じるのですが、リデンシルが配合されているリデンはあくまでも医薬部外品の育毛剤です。

育毛剤は薬事方により医薬品、医薬部外品、化粧品のどれかに分類されます。医薬品や“治療”を目的として使用する薬。医薬部外品は予防や改善を目的として使用し、医薬品よりも効果が緩やかもの。化粧品は衛生や健やかさを保つ目的で使用し、医薬部外品よりも更に効果が緩やかなものと定義されています。

つまり、医薬部外品の育毛剤であるリデンが医薬品育毛剤よりも効果が期待できるという可能性は限りなく低いです。なので、もし医薬品の育毛剤よりも効果があると思っている人は認識を改めたほうが良いです。

逆に、医薬品育毛剤は効果がある反面、副作用の危険性が高いので、医薬品育毛剤の副作用が心配だという人は副作用の心配のないリデンを使用しても良いかもしれませんね。

事実その5:REDEN(リデン)は“効果がある人”と“効果がない人”がいる

リデンの口コミを調べてみると『リデンで薄毛が改善した!』、『リデン使い始めて髪の毛が生えてきた!』という口コミがある一方で、『リデンは効果なし!』、『リデンは怪しい』と行った真逆の口コミがあるのも事実です。

でも、なぜ同じ育毛剤を使用しているのに口コミ評価にこれだけも違いがあるのか?ということが気になり、私はリデンに関する口コミを片っ端から調べ始めました。そして、150件以上もの口コミを確認する中で効果があったと言っている人と効果がなかったといている人の共通点が見えてきました。

以下で、その共通点をいくつかまとめてみました。

効果があると言っている人の共通点

  • 最低でも3ヶ月から6カ月以上は継続して使用している
  • 薄毛の進行度合いが比較的に軽度な人が多い
  • 育毛剤の使用と頭皮マッサージを毎日欠かさず使用している
  • 育毛剤だけの効果に頼らず、生活習慣なども改めている

効果がないと言っている人の共通点

  • 1~2カ月ぐらいしか使用していない
  • 薄毛がかなり進行していて頭皮にほとんど髪の毛が残っていない
  • 育毛剤は使用しているけど、使ったり使わなかったり
  • 育毛剤だけの頼って、栄養の偏った食事、運動不足、睡眠不足を続けている

沢山の口コミを見ていると以上のような共通点が見えてきました。なので、もしあなたがリデンを使用する場合には効果がないと言っている人の共通点に該当しないように気を付けながら使用することをおすすめします。

まとめ

これまでリデンに関する私が実際に使用して感じたことや詳しく調べて分かった事をネガティブな情報を中心に紹介してきました。

しかし、何もリデンが買うに値しない育毛剤だから批判的なことばかりを記載しているのではなく、リデンに関する口コミがあまりにも良い評価ばかりに集中しているからこそ悪い評価もしっかり認識するべきだと思った為です。

実際に、リデンを購入してから『こんなはずじゃなかったのに・・・』と後悔するよりは、事前にリデンのネガティブな部分もしっかり知った上で購入するほうが良いに決まっています。

なので、もしあなたが上記のようなリデンのネガティブな情報を見ても尚、リデンを購入したいという気持ちが変わらないのであればリデンを購入することをおすすめします。

因みに、リデンは公式サイトの定期コースで購入するのが最もお得な購入方法です。リデンの定期コースは最低でも3回は継続して購入しなければいけないという縛りがあるから最初から定期コースは購入しないほうが良いという人も中にはいるのですが、私は定期コースでの購入をおすすめします。

なぜなら、リデンの定期コースには全額返金保証制度が設けられていることからも分かるように、頭皮に合わないと感じた場合には例え定期コースで購入していたとして全額返金保証を利用して、定期コースを解約することが出来るからです。

同じ育毛剤を購入するのにわざわざ高いお金を出して購入するのはもったいないと思うので参考にしてみてください。

 

コメントを残す