薬用ポリピュアEXのジェットスプレーは勢いが強すぎて液だれする

薬用ポリピュアEXを購入する前に見た口コミサイトには「ポリピュアEXは業界最強の噴射力を誇るジェットスプレーノズルを採用している」という風に口コミされており、どうやらジェットスプレーの噴射力が強いとピンポイントで頭皮の気になる部分にアプローチできて良い事ずくめらしいのです。

 

私はその口コミを真に受けて実際にポリピュアEXはかなり使い心地が良いのだろうと期待して使用したのですが、むしろ、逆でポリピュアEXの使い心地はかなり悪いと感じました。

ポリピュアEXのワンプッシュ当たりの噴射量は多い

育毛剤名 内容量 1回の推奨使用量 1日の推奨使用回数 1本の使用目安 1プッシュの噴射量
ポリピュアEX 120ml 10プッシュ 2回 30日分 0.2ml
チャップアップ 120ml 30プッシュ 1回 30日分 0.133ml
イクオス 120ml 20プッシュ 2回 30日分 0.1ml
フィンジア 50ml 10プッシュ 2回 30日分 0.083ml

ポリピュアEXのジェットスプレーの勢いが強いという事はワンプッシュで噴射される薬液の量が多いという事です。

 

実際にワンプッシュでどれぐらいの量が噴射れているのかを軽量するのは難しいのですが、メーカーが公表している内容量・推奨している使用量・一日の推奨使用回数からワンプッシュ当たりの噴射量を計算することが出来ます。

 

例えば、ポリピュアEXは1本の内容量が120mlで1カ月(30日)分です。ポリピュアは1回10プッシュを1日2回推奨されたいます。つまり、120ml÷(30日×10プッシュ×2回)=0.2mlがワンプッシュで出てくる薬液の量という事になります。

 

これと同じ計算を他の人気育毛剤で行い、ポリピュアEXの噴射量と他の育毛剤の噴射量を比較してみました。すると、上記の表からも分かるようにポリピュアEXのワンプッシュ当たりの噴射量が圧倒的に多く、ワンプッシュで他の育毛剤の2倍近くの量が一度に噴射されることになりることがわかると思います。

ワンプッシュの噴射力が多いと液だれしてしまう

メーカーの取り扱い説明書を見てみると、ポリピュアEXは頭皮の気になる部分を中心に髪の毛全体に10プッシュ程度吹きかけることを推奨しています。

 

男性脱毛症の特徴として生え際か頭頂部から薄毛が進行している人が多いので、ほとんどの方は生え際か頭頂部に特に重点的にポリピュアEXを塗布することになると思います。そして、頭頂部の場合にはさほど問題はないのですが、生え際にポリピュアEXを吹きかけた時にポリピュアEXの噴射力の強さが仇となります。

 

ポリピュアEXはあまりにも噴射力が強くてワンプッシュで出てくる薬液の量が多すぎておでこから育毛液が垂れてしまいます。

 

育毛剤は決して安い買い物ではないので、出来るだけ無駄なく使いたいというのが本音の部分だと思うのですが、ポリピュアEXを使用して額から育毛剤が垂れ落ちるという事はその分育毛剤を無駄にしているという事になってしまいます。

 

また、頭皮に塗布する量が多いのでその後に頭皮マッサージをすると頭皮がベタベタになってしまうのもデメリットの1つですね。

リニューアル後もポリピュアEXの噴射力は健在

ポリピュアEXは2018年にリニューアルされた新しいバイアパップスという新成分とバイオポリリン酸を増量してパワーアップしました。

 

このリニューアルをきっかけにポリピュアEXのジェットスプレーの勢いが適度になっていればい使い易くなるのですが、実はリニューアル後もポリピュアEXのジェットスプレーの噴射力は健在のようです。

 

つまり、薄毛の気になるところにピンポイントで狙いを定めてスプレーすることは出来ますが、その大半の薬液は頭皮や頭から垂れ落ちてしまうというわけなのです。

 

しかも、ポリピュアEXの使用感についての不満はジェットスプレーの勢いだけではありません。無香料という事で無臭をイメージしていたのですが実はポリピュアEXは育毛剤独特のにおいがあり、それについてもかなり不満に感じました。

 

Next.ポリピュアEXのニオイが気になる

 

 

コメントを残す