リアップX5で得する人、損する人|Riupの副作用を徹底解説!

育毛に最も期待が出来る育毛成分であるミノキシジル。そのミノキシジル成分を配合している日本で唯一の医薬品育毛剤であるリアップX5を使用するたくさんの人が発毛効果を実感している反面、多くの人が副作用に悩まされていると言われています。

リアップX5は唯一国から発毛効果が認められており、その効果については文句のつけようもないくらい他の育毛剤よりも育毛効果が期待できるのは明らかです。しかし、使用する人によっては全く発毛効果を実感することが出来ない人や、リアップX5の副作用によって頭皮の状態が悪化したり、健康被害が出ている人もいます。

つまり、リアップX5というのは日本で最も効果が期待できる育毛剤ではあるものの、最も副作用の危険性が高い育毛剤でもあるというわけなのです。そこで、リアップX5はどういった人が使用すべきなのか?どういった人は使用しないほうが良いのか?リアップX5の代わりに使える育毛剤はあるのか?などを徹底的に解説していきます。

多くの人がリアップX5を使うワケ

リアップX5は日本で最も売れている育毛剤と言っても良いぐらいのかなり多くの方が使用しています。でも、リアップX5がなぜ他の育毛剤よりも圧倒的に人気が高いのかというと、リアップX5には医学的根拠に基づいた発毛効果が立証されているからです。

世の中には多くの育毛剤が販売されていますが、中には育毛効果に何の医学的根拠もない成分を配合した育毛剤が多数存在します。間違ってそれらの育毛剤を使用してしまった場合には、何の育毛効果も実感できないまま、ただただお金をドブに捨ててしまっているようなものです。

2018年現在、日本国内において国が発毛効果に医学的根拠があると認めている成分は2つだけです。それがミノキシジルフィナステリドという成分です。つまり、この2つ以外の成分に関しては発毛効果に医学的な根拠がない成分ということが言えます。

そして、リアップX5には医学的根拠に基づいた発毛効果が認められているミノキシジルが配合されている為、多くの人が使用しているのです。因みに、ミノキシジルとフィナステリドの効果について簡単にまとめたので参考の程度に確認してみてください。

ミノキシジル・・・ミノキシジルには血管拡張作用があり、血管を拡張することで血流がよくなり髪にたくさんの栄養を送ることが出来るようになるので、髪の毛の細胞分裂が促進されて発毛効果を促す。
フィナステリド・・・男性型脱毛症の最大の原因である男性ホルモンの働きを抑制する効果があり、薄毛の進行を食い止める効果が認められている。ただし、発毛効果はない。

ミノキシジルを使用して発毛を促進し、フィナステリドを薄毛の進行を抑えることでより高い薄毛治療を実現することが出来る為、AGAクリニックなどではミノキシジルとフィナステリドを併用して使用するケースが多いと言われています。

しかし、ミノキシジルとフィナステリドを併用した場合にはかなり薄毛改善が期待できる反面、ミノキシジルとフィナステリドの両方に副作用の危険性ある為、医師の指示に従った正しい治療をしなければ副作用によって頭皮の状態が悪化したり、健康被害に悩まされる可能性があります。

ミノキシジルとフィナステリドはもともと育毛成分ではない!

実は上記で紹介した国から医学的根拠に基づいた効果が認められているミノキシジルとフィナステリドはもともと育毛成分として使用されている成分ではありませんでした。

育毛成分として使用される前はミノキシジルは高血圧患者の血管拡張剤として使用されており、フィナステリドは前立腺がんや前立腺肥大の予防薬として用いられていました。しかし、そちらの成分もその副作用として薄毛の改善が見られたため、その後に育毛成分として使用されることになったのです。

つまり、どちらの成分も元は育毛成分として使用されていなかった成分なので、育毛効果以外の作用が体に起こることはある意味当たり前と言えば当たり前なのです。以下では、リアップX5に配合されているミノキシジルにはどのような副作用の危険性があるのか更に詳しく見ていきます。

リアップX5の副作用のリスクは意外に高い・・・

リアップX5はれっきとした医薬品(薬)に分類される製品であり、特にリアップX5に配合されているミノキシジルには循環器系の副作用は特に注意する必要があるため、第一類医薬品として指定されており、薬剤師による副作用の情報提供が義務づけられています。

そして、厚生労働省ではリアップX5の使用によるリスクについて副作用に関する調査報告が行われています。以下、厚生科学審議会医薬品販売制度改正検討部会報告書をもとにリアップX5に関する副作用のリスクについての調査報告をまとめました。

リアップX5の副作用の調査その1:モニター店の調査

リアップX5を販売している薬局やドラッグストアからモニター店を選び、リアップX5を使用している人への安全性や有効性について調査を行っています。

調査を行った数は平成21年6月1日から平成25年2月22日までの期間で、518件の薬局・ドラッグストアにおいて3072例のモニターを収集。そして、調査の結果は以下のように報告されています。

症状 発症件数 症状 発症件数 症状 発症件数 症状 発症件数
そう痒感 123件 末梢性浮腫 3件 不眠症 1件 紅斑 1件
発疹 43件 適用部位分泌物 3件 体位性めまい 1件 毛髪変色 1件
頭部粃糠疹 33件 心拍数増加 3件 感覚鈍麻 1件 毛髪障害 1件
接触性皮膚炎 32件 眼痛 2件 睡眠の質低下 1件 夜間頻尿 1件
紅斑 31件 耳鳴 2件 眼瞼炎 1件 浮腫 1件
刺激感 13件 発疹 2件 眼充血 1件 胸痛 1件
頭痛 10件 裂毛 2件 霧視 1件 浮腫 1件
浮動性めまい 6件 蕁麻疹 2件 心不全 1件 適用部位異常感覚 1件
動悸 6件 皮膚のつっぱり感 2件 ほてり 1件 適用部位皮膚剥脱 1件
乾燥 6件 炎症 2件 腹痛 1件 多毛症 1件
血圧上昇 6件 発汗 2件 上腹部痛 1件 そう痒症 1件
疼痛 4件 変色 2件 眼圧上昇 1件 脂漏性皮膚炎 1件
熱感 4件 びらん 2件 アラニンアミノトランスフェラーゼ増加 1件
腫脹 4件 痂皮 2件 血中アルカリホスファターゼ増加 1件

リアップX5を使用した場合に使用部のそう痒感や、発疹、皮膚の炎症などが起こりやすいということがモニター調査の報告結果を見ると分かります。

リアップX5を使用して起こるほとんどの副作用に関しては軽度の副作用が多く、リアップX5の使用を辞めると回復する傾向にあるのですが、中には重篤な副作用である心不全(心臓の機能が低下し、体中に十分な血液を送り出せない状態)を起こして入院が必要となった人もいるようです。

重篤な副作用というのは確かに割合的にかなり確率が低いですが、育毛剤を使用して心不全になる可能性があるというのはかなりリスクが大きいのではないかと個人的には思います。

リアップX5の副作用の調査その2:アンケート調査

リアップX5を販売している薬局やドラッグストアからの報告や使用者、医療機関等からの報告を収集。リアップX5を使用した後に副作用があったという報告は1185件、発症件数は1899件あったようです。

その副作用の内訳は以下のようになっています。

症状 発症件数 症状 発症件数
そう痒感 386件 動悸 53件
発疹 225件 痂皮 44件
皮膚炎 192件 刺激感 40件
紅斑 157件 発疹 32件
頭部粃糠疹 118件 疼痛 31件
腫脹 63件 乾燥 31件
浮動性めまい 62件 血圧上昇 25件
頭痛 60件 適用部位分泌物 20件

上記以外にも心房細動、男性性腺機能低下、抑うつ症状、不整脈、呼吸困難などのリアップX5の使用上の注意からは予測できないような副作用の報告が全部で258件あった。これらの副作用も基本的には軽度のものが多いので、リアップX5の使用を辞めると回復するもの多い。

しかし、中には突発難聴、アナフィラキシー反応、肝機能検査異常などの重篤な副作用の報告もあった。

リアップX5の副作用の調査まとめ

上記の調査結果をまとめるとリアップを使用した場合の副作用の発現症例は3072件中271例、副作用の発現件数は378件で約8.82%の確率で副作用を発症するリスクがあると言う報告結果なっている。

大多数の副作用に関しては軽度のものが多いので、リアップX5の使用を辞めると状態が回復する傾向にあるが中にはかなり重篤な副作用が起こることもある。以下、重篤な副作用を発症した例をいくつか挙げて紹介します。

ケース①:心不全

心拍が早くなるという訴えがあり、リアップX5の使用を中止。使用者の状況を確認したところ家族から心不全で入院しているとの報告があった。使用者の同意が得られなかったため、その後の医療機関における調査は出来ていない。

ケース②:突発性難聴

リアップX5の使用後に使用者の耳の具合が悪くなり、リアップX5使用中止2日後に入院したという使用者の家族からの報告がある。突発難聴は原因不明なのでリアップX5の副作用とは断言できないが、逆に言うとリアップX5の副作用ではないとも断言できない。

ケース③:アナフィラキシー反応

使用者の母親からリアップX5を使用した早朝に全身にジンマシン、血圧低下、呼吸困難のアナフィラキシー症状が発現が報告されている。同症状が2回発現しているが、どちらも早朝にリアップX5を使用した後に発症している。

ケース④:肝機能検査異常

リアップ使用者からの報告で、リアップX5を使用してから健康診断での肝機能の数値が明らかに悪くなったとの事。その後、リアップX5の使用を辞めて再検査したところ、数値は元の正常な数値に戻っている。

これらの重篤な症状とリアップX5についての因果関係というのは今のところ解明はされておらず、リアップX5の副作用により起こったと正式には評価されていない。

しかし、他の医薬品育毛剤ではこのようの重篤な副作用の報告が上がっていない以上、リアップX5による副作用である可能性は高いと言えるのではないでしょうか?

こんな人はリアップX5を使わないほうが良い!

リアップX5は確かに日本販売されている育毛剤の中で最も育毛・発毛効果が期待できる育毛剤です。しかし、だからと言ってリアップX5をすべての人のおすすめできるというわけではありません。上記のリアップX5の副作用の報告事例からも分かるように、リアップX5の副作用の危険性は意外に高いです。

実際に、リアップX5の公式サイトにも以下のように副作用に関する数値のデータの記載があります。

リアップX5の副作用発現率8.0%(主な副作用・・・湿疹2.0%、毛のう炎2.0%、接触皮膚炎2.0%)

参照:大正製薬リアップX5の発毛効果データ

又、大正製薬の公式サイトで記載されていないような厚生労働省の副作用の報告結果に上げられているような『心不全・突発性難聴・アナフィラキシー反応・肝機能検査異常』等の重篤な副作用になってしまう可能性も0ではありません。

また、リアップX5は使用感はお世辞でも使用感が良いとはあまり言えるものではないです。特に、リアップは使用後のべたつきが酷く頭皮がべたつく上に、そのべたつきで毛束が出来てしまってフワッとした髪形に仕上がりにくくなってしまいます。

その他にも、リアップX5の品質維持のためにアルコールが多く配合されているので、使用後の清涼感も比較的強く、頭皮が乾燥しやすいのが特徴です。これらの事から、以下に項目に一つでも該当する人はリアップX5を使わないほうが良いです。

  • 今までに化粧品を使用して、肌荒れやかゆみの症状が出た人
  • アルコールに敏感なアレルギーがある人
  • べたつきなどの使用感が気になる人
  • 副作用なく育毛を行いたい人
  • 心臓や循環器系に持病を持っている人
  • 未成年や女性

上記に一つでも該当する人はリアップX5ではなく、副作用の心配がない天然成分が配合されていて頭皮や身体に負担のすくない育毛剤の使用をおすすめします。

リアップX5と同等の効果が期待できる副作用のない新成分配合の育毛剤

では、リアップX5を使用しないほうが良い人はどのような育毛剤を使えばいいのか?

それな人にはフィンジアという育毛剤がおすすめです。なぜフィンジアをおすすめするのかというと、私が実際に使用して薄毛が改善されたという事も大きいのですが、フィンジアに配合されている成分がかなり凄いからです。

このフィンジアという育毛剤にはキャピキシルピディオキシジルという育毛業界でも話題の新成分が配合されています。

キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチドというアミノ酸を掛け合わせて出来た新しい成分で、開発メーカーの研究データによると発毛シグナルがミノキシジルの3倍の数値を示したとの報告もあります。

又、ピディオキシジルについては別名でミノキシジル誘導体とも呼ばれ、ミノキシジルの効果を維持したままミノキシジルの副作用を取り除いた成分として開発された成分なので、ミノキシジルと同等の効果が期待できます。

しかも、更にすごいことに上記で挙げたキャピキシルやピディオキシジルはミノキシジルのような副作用の心配が一切ないという事で、かなり注目されています。実際に私もフィンジアを1年以上使用していますが、副作用は一切出ていません。

なので、もしあなたがリアップX5を使用しないほうが良い人に該当するのであれば、フィンジアを使用してみることをおすすめします。

 

私のフィンジアを10カ月使用した効果レビューはこちら

コメントを残す