キャピキシルは効果がないと思ったら実は・・・

キャピキシルは育毛業界でも話題の新成分という事で、あのミノキシジルの3倍の効果があるとまで噂されている成分です。

しかし、実際には男性の薄毛治療の指針でもある男性型脱毛症診断ガイドラインにも、育毛効果がある成分というような記載はなく、またキャピキシルを配合している育毛剤は医薬品どころか、医薬部外品ですらなく、化粧品に分類される育毛剤です。

私は肌が弱くてミノキシジルは使用できないので、正直言って化粧品に分類されるキャピキシルにミノキシジルを配合する医薬品育毛剤のような高価なないだろうなと思いながらもダメ元で使って見たら・・・・

想像以上に効果がありました!!

そこで、キャピキシルに興味があるあなたにキャピキシルはそのような成分なのか?や、どれぐらい効果があるのかについて解説したいと思います。

キャピキシルとは?

キャピキシルとはカナダの化粧品会社であるLucas Meyer Cosmetics社が開発した成分で、『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド3』という成分を組み合わせて出来た成分です。

アカツメクサ花エキスとは?

アカツメクサ花エキスとはヨーロッパ原産のハーブの一種で、喘息やがん、肌の疾患などに使用されてきました。そして、アカツメクサ花エキスにはイソフラボンが豊富に含まれていることから育毛成分としても注目を集めるようにありました。

イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きがあり、薄毛の原因となる男性ホルモンを生成する5αリダクターゼを抑制して薄毛の進行を止める働きがあります。

アセチルテトラペプチド3

アセチルテトラペプチド3とは4つのアミノ酸を人工的に組み合わせて作ったアミノ酸分子の事で、細胞修復作用に優れた成分です。

細胞修復作用が高いという事は老化した頭皮や毛坊細胞を修復することが出来るので、加齢による脱毛症の予防に効果的な成分だと言えます。

キャピキシルに副作用はあるのか?

キャピキシルにはミノキシジルの3倍の育毛効果があると噂されるほどの育毛成分なので、ミノキシジルような強い育毛効果があるのであればミノキシジルのような副作用があるのではと不安に思っても仕方がないと思います。

しかし、キャピキシルにはミノキシジルのような副作用の心配は一切いりません。なぜなら、キャピキシルというのは上記でも説明した通り、アカツメクサ花エキスという天然成分とアセチルテトラペプチド3というアミノ酸分子で出来た成分であり体に害のない成分だからです。

天然成分というのはシャンプーや化粧品などに含まれている成分であり、外用として使用するだけではなくて内服として使用されることもあるほど安全性の高い成分です。又、アミノ酸についてもスポーツドリンクやプロテイン等の体内に取り入れる商品にまで使用されるほどの安全性です。

そんな天然成分とアミノ酸分子から作られたキャピキシルにはミノキシジルのような医薬品に見られる副作用の心配はないというわけです。

因みに、キャピキシル開発メーカーであるLucas Meyer Cosmetics社の公式サイトにも『副作用を起こすことはない』としっかりと明記されています。

開発メーカー側は注意喚起をする立場にあるので、万が一副作用の危険性がある場合にはしっかりの記載しなければいけませんが、『副作用を起こすことはない』とあえて明記するという事はそれだけ安全な成分だということが分かります。

実際に私も育毛剤としてキャピキシルを使用しましたが、本当に副作用は一切出ませんでした。

キャピキシルは女性にも効果的?

日本国内ではミノキシジルが配合されている医薬品育毛剤であるリアップはミノキシジル成分を5%配合しているリアップX5と、ミノキシジル2%配合しているリアップレディースと言うように男性用と女性用に分けられています。

これはなぜかというと、ミノキシジルというのは男性よりも女性の方が副作用の危険性が高いために配合されているミノキシジルの濃度が抑えられているのです。

では、キャピキシルについても男性については副作用はないけど、女性に関しては副作用の危険性があってもおかしくありません。

実際にキャピキシルが配合されている育毛剤というのはキャピキシル濃度がミノキシジルと同じく5%で配合されているものがほとんどなので、リアップレディースのようにキャピキシル2%の女性用育毛剤があっても不思議ではありません。

しかし、キャピキシルは女性が使っても男性と同じく副作用の心配はありません。その理由は、上記の『キャピキシルに副作用はあるのか?』でも説明した通り、キャピキシルは副作用の心配のない天然成分とアミノ酸分子で出来ているからです。

というよりはむしろ、キャピキシルは男性よりもミノキシジルの副作用の危険性がある女性の方が育毛に効果的な成分ではないかと思います。

キャピキシルの2ちゃんねるでの評価は?

キャピキシルのような新しい育毛成分の世間の評価を知りたいなら日本最大の掲示板サイトの2chでキャピキシルに関するスレッドを確認するのが手っ取り早いです。

そこで、実際に2チャンネルでキャピキシルに関する参考になる書き込みを抜粋してみました。

キャピキシル育毛剤を使い始めて一ヵ月ぐらいが経ったが、正直言って目に見えた変化はまだない。ただ、ミノキシジルの時はべたつきが不快だったがキャピキシルは使用後も頭皮がサラサラなので夜寝る前や、朝出かける前に使用しても気にならない。

しかも、自分ではあんまり変化がないと思っていたが、奥さんが『最近髪の毛ボリューム増えた?』って何気なしに言われたときはガッツボーズした。

朝にキャピ使って、夜のミノキ使って早3ヵ月。

少しずつではあるが生え際に産毛が生え始めてきた。キャピとミノキ併用したら副作用のリスクも下がるからおすすめ!

ミノキシジルやフィナステリドで副作用が出ない人は絶対にミノキシジルとフィナステリドの方が効果があるのは明白。ミノキシジルやフィナステリドよりもキャピキシルの方が効果があると言っている奴は問題外!

しかし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用で使用できない人に関してはキャピキシルは今までにない良い選択の1つだと思う。

ダメ元でリアップからキャピキシル育毛剤(フィンジア)に乗り換えて1年ぐらいたつけど、かなり想像していた以上にいい感じ。頭頂部も分け目もリアップ使ってた時と同じくらい効果があるように感じる。

抜け毛もかなり少なくなったので言うことなし!と言いたいところだけど・・・・値段が高い。後は満足!

AGAクリニックの先生が言っていたけど、間違いなくキャピキシルよりもミノキシジルやフィナステリドの方が薄毛治療に効果的だと言っていた。

ただ、ミノキシジルやフィナステリドが副作用で使えない人の取ってはキャピキシルを試してみるのもアリらしいぞ。

以上のように2chでもキャピキシルが賛成派と反対派がいるようです。ま~、これはキャピキシルだけではなくミノキシジルやフィナステリドでの賛成・反対の意見というのは存在するのでそこまで珍しい事ではありません。

ただ、やはり多くの人の意見としてはキャピキシルという成分自体の効果は期待できるかもしれないけど、ミノキシジルやフィナステリド程の効果は期待できないというのが大方の意見ではないでしょうか。

やはり、本気で薄毛の治療を行いたいのであればミノキシジルやフィナステリドを使用する方が効果が期待できます。しかし、副作用の心配がある人にとってはキャピキシルという選択肢も良いのではないでしょうか。

実際に、2チャンネルの書き込みの中にはロゲインやリアップなどのミノキシジル育毛剤からキャピキシル育毛剤に乗り換えて効果に満足している人もかなりたくさんいたように思います。

キャピキシルは効果がないと思ったら実は・・・な私の体験談

これまでいろいろとキャピキシルの成分や副作用、世間の評価などについて記載してきました。ですが、やはりあなたが気になるのは『キャピキシルって本当に効果があるの?』という部分だと思います。

私はキャピキシル育毛剤を使う前にキャピキシルについて上記で解説したような情報を色々調べてみました。そして、『多分、あんまり効果がないだろうな~』とほとんどダメもとで使用しました。

私が使用したキャピキシル育毛剤は『フィンジア』という育毛剤で、キャピキシル育毛剤の中では一番効果が期待できて人気の育毛剤でした。

しかし、使い始めて1カ月が経過した頃『やっぱりキャピキシルって効果ないのか・・・。高いお金を出してフィンジア買って損した』と半ばあきらめていました。

しかし、少しだけ、ほんの少しだけ何か今までの自分の髪の毛と違ったような気がして、3ヵ月だけ継続して使って見ることにしました。

3ヵ月使用して効果がなかったら辞めようと心に決めて使い続けてみると、3ヵ月が経過したころには髪の毛1本1本が太くなって、見た目的にも髪の毛が増えてきたのです。

そして、更に10カ月後にはキャピキシル育毛剤を使い始める前では想像も出来なかったぐらいに薄毛が改善してきました。

初めはキャピキシルなんて効果ないだろうなと思っていたのに実は・・・想像以上に効果があったのです。

キャピキシル育毛剤は化粧品なので効果がないと言っている人がいるけど・・・

因みにこれは余談ですが、キャピキシル育毛剤は医薬品でもなければ医薬部外品でもない化粧品に分類される育毛剤なので効果があるわけがないと批判している人がいますがこれは的外れな指摘です。

そもそも、フィンジアは医薬部外品に配合されている成分も配合されているのですが、キャピキシルやピディオキシジルという開発されて間もない成分が配合されている育毛剤なので厚生労働省から医薬部外品として認可がなかっただけなのです。

つまり、今後はキャピキシルやピディオキシジルの認知度が高まり、キャピキシル育毛剤が医薬部外品に認定されることも十分にあり得ます。

つまり、配合されている成分は医薬部外品と同等以上なのに、新成分が配合されていおることが原因で厚生労働省から認可が下りないだけで、効果がないと断言するのは浅はか過ぎると思います。

キャピキシル育毛剤を比較

実際に私はキャピキシル育毛剤で想像以上に薄毛を改善することが出来たので、個人的にはキャピキシル育毛剤はおすすめです。

ただ、キャピキシル育毛剤にもいくつか種類があって、中にはただただ価格が高いだけであまり効果が期待できない育毛剤もあるので、最後に私がおすすめするキャピキシル育毛剤を紹介して終わりにしたいと思います。

やはり1位は私が使用しているフィンジア!キャピキシル育毛剤の中でも配合されている成分・コストパフォーマンス・保証制度などを総合的に判断した結果、ダントツの1位です。特にキャピキシルの他にミノキシジル誘導体というミノキシジルによく似た成分のピディオキシジルも配合されているので他のキャピキシル育毛剤よりも効果が期待できます。まさに、キャピキシル育毛剤を初めて使うという人が手に取るべき育毛剤です。

2位はキャピキシル育毛剤のパイオニアであるディーパー3Dです。キャピキシルという成分がここまで人気になる前からキャピキシルという成分に注目して配合してきた育毛剤です。ディーパー3Dはキャピキシルのほかにアデノシンなどの注目成分も配当されているのでフィンジアのような効果も十分に期待できるのですが、全額返金保証期間が14日間と短い事と価格が高いことがネックで私は購入を避けました。

3位はザスカルプ5.0Cです。60日間の全額返金保証がついている上に、2本分まで全額返金保証の対象というかなり保証制度に優れたキャピキシル育毛剤です。せっかく高いお金を出して育毛するなら、絶対に効果のない育毛剤は使いたくないという人におススメ。ザスカルプ5.0Cを60日間で2本使い切って髪の毛に全く変化が感じられなければ全額返金保証でお金を返してもらいましょう!

私のフィンジア体験談はこちら

コメントを残す