全額返ってこないフィンジアの全額返金保証

フィンジアには薬局やドラッグストアなどで販売されている育毛剤とは違い『全額返金保証制度』が設けられています。フィンジアは他の育毛剤に比べて相当値段が高いので『フィンジアを使ってみて効果がなかったらどうしよう?』という購入者の不安を解消してくれる制度といえます。

 

又、公式サイトにも大々的に『万が一実感できなければ全額返金します。』と書かれているので、育毛効果を実感できることが前提だというメーカー側のフィンジアへの自信すら感じることが出来ます。でも実際にはフィンジアの全額返金保証制度こそが落とし穴だったんです。

フィンジアの全額返金保証

全額返金保証期間は30日以内

まず、フィンジアの全額返金保証が利用できる期間は30日以内と期間の設定がされています。『万が一実感できなければ全額返金します。』とかなり自信満々に謳っているわりには全額返金保証期間が短いように感じます。それだけ自信があるのであれば保証期間を設けなくてもいいはずなのに、期間を設けている時点で全額返金保証を利用されることにビビっているのではとも感じました。

 

『もしかしたら、30日以内に効果を実感できるのでは?』とも思ったのですが、そもそも医薬品の育毛剤ですら30日で育毛効果を実感することは難しいのに、医薬部外品ですらないフィンジアが30日以内に効果を実感することが出来るはずはないのです。

 

そう考えると、この全額返金保証を設けている目的は『フィンジアを使ってみて効果がなかったらどうしよう?』という購入者の不安を解消し、取り合えずフィンジアを購入させるための制度ではないかと感じました。

 

30日以内でも返金してくれない事も・・・

フィンジアの返金保証の適用期間は30日なので30日以内でも全額返金してもらえないケースがあります。それは以下の3つ場合です。

以前にもフィンジアを購入したことがある人
フィンジアの2本目を使用している人
返品前に事前に連絡していない人

③に関しては仕方がないと思いますが①と②に関しては“効果を実感できなければ”という文言を入れているのであればそれぐらいは大目に見てもらってもいいと思うのですが・・・。

 

やはり、この点からも取り合えず取り合えず商品を買わせようというメーカー側の思惑が伺えます。

 

返金額は全額ではない

全額返金保証というぐらいだからお金を払った分全額返金してくれるのだろうと思っていたらそうではありません。実際には以下のお金を購入者が負担しなければなりません。

・商品購入時の送料・・・640円

・返品にかかる送料・・・1000円

・返金にかかる振込手数料・・・300円

・代引き購入者は代引き手数料・・・420円

※合計・・・2360円は購入者が負担しなければならない

全額返金保障と言っておきながら実際には2000円前後の金額は購入者が負担しなければいけません。購入者がいくらかお金を負担しなければいけない時点で全額返金保証ではなくただの〝返金保証〟と表記すべきではないでしょうか。
ただし、同じような制度が設けられているネットで販売されている育毛剤はフィンジアと同じく〝全額返金保証〟という表記をしながら購入者に同じように色々な金額を負担させているようです。

 

これはフィンジアに限ったことだけではないので育毛剤業界全体として〝全額返金保証〟という表記の見直しを行ってもらいたいものですね。

 

その他にもこんなことが・・・

フィンジアの全額返金保証を利用すると今後一切フィンジアの購入が出来なくなってしまうようです。そもそも、全額返金保証を利用している時点で再度フィンジアを購入しようと思う人はあまりいないと思いますがそれでもわざわざそういう規定を設けているところがどうかと思います。

 

だって、返金保証を利用した後で『やっぱり効果あったかも!』って思う人も中にはいるかもしれないじゃないですか?でも、そういう人は無視して“全額返金保証を利用したら今後フィンジアを購入できない”という規定を設けることで全額返金保証を利用しようか悩んでいる人を脅しているのだと思います。

 

そもそも、フィンジアを使って30日以内に効果なんて実感できるはずないのに、実感できなかったから全額返金保証を適用しようとしている人を脅して全額返金保証を適用させないというやり口は正直汚いと個人的には感じました。

 

こんな規定を設けているのはフィンジアだけではないでしょうか?

 

Next.ゲートアクセス理論は理論的に無理がある

コメントを残す