フィンジアは医薬品育毛剤ではないから効果がないというのは本当か?

使用前に育毛剤の効果を推し量る目安として、その育毛剤が薬機法(旧薬事法)の定義によりどのように分類されるかということがあります。

薬機法では医薬品等の品質、有効性及び安全性を示すうえで、医薬品・医薬部外品、化粧品という3つのグループを設けており、そのうちフィンジアは化粧品に分類されます。

化粧品に分類されるフィンジアの育毛効果は薬機法ではどのように示されているのかを詳しく解説します。

薬機法とは?

化粧品として分類されるフィンジアの効果を考察する上で、そもそも薬機法とはどのような法律なのかを簡単に解説します。

薬機法とは医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の事で薬機法第1条にその目的が記載されています。

薬機法第一条:(目的)
この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。

つまり、要約すると医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品をハッキリと分類し規制することで、品質や有効性、安全性を確保するための法律です。ここで規定されいる事を医薬品、医薬部外品、化粧品を販売する業者守らなければなりません。

そして、医薬品・医薬部外品・化粧品はそれぞれによって扱いが変わり、規制される内容も違ってきます。

医薬品・医薬部外品・化粧品の定義

薬機法では医薬品・医薬部外品・化粧品を以下のように分類しています。

分類名 定義
医薬品 ・診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているもの

・身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされているもの

医薬部外品 ・吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止、あせも、ただれ等の防止、脱毛の防止、育毛又は除毛を目的として使用されるもの

・人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用されるもの

・人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用される若しくは化粧品に分類されるもののうち厚生労働大臣が指定するもの

化粧品 ・人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの

つまり、医薬品育毛剤は治療や予防のために頭皮に影響を及ぼす事を目的として使用され、医薬部外品育毛剤は脱毛の予防や育毛を目的として使用され、化粧品育毛剤は頭皮や髪の衛生を保ち毛髪を健やかに保つことを目的としてしようされるものといえます。

これらの分類から見ると育毛剤が髪に与える影響の強さとしては医薬品育毛剤>医薬部外品育毛剤>化粧品育毛剤とハッキリとみて分かります。

化粧品であるフィンジアを使っても望みは薄い?

フィンジアには医薬品育毛剤に配合されているミノキシジルとよく似た成分ピディオキシジルとミノキシジルの3倍の効果があるとも噂されるキャピキシルという二大新成分が配合されています。

 

ただ、厚生労働省からこれらの成分が承認・認可をうけているわけではないので薬機法での分類は化粧品ということになります。つまり、本来であれば化粧品に分類されるフィンジアは医薬品や医薬部外品育毛剤よりも効果が期待できない可能性が高いといえます。

 

ですが、フィンジアが化粧品に分類されているのは効果が期待できないという以外に理由があるのです。それが、キャピキシルとピディオキシジルです。これらの成分は開発されてまだまだ新しい成分なので実績や使用例がなく、国としては効果や安全性を保障できないので医薬部外品として認定されていないのです。

 

その証拠に、フィンジアを販売するメーカーはフィンジアを販売する前にプランテルという育毛剤を販売しているのですが、プランテルは医薬部外品として認定されており、メーカーには医薬部外品育毛剤を作るノウハウはあるという事です。

つまり、フィンジアは医薬部外品という国の認証を得て医薬部外品として販売するよりも、キャピキシルやピディオキシジルを配合してあえて化粧品として販売する道を選んだという事になります。それだけ、キャピキシルとピディオキシジルには効果に期待が出来るのかもしれませんね。

フィンジアを10か月使用した私の効果レポートはコチラ

コメントを残す