フィンジアのゲートアクセス理論が全然理論的ではない!

フィンジアが成分の他に推しているのがフィンジア独自のゲートアクセス理論です。しかし、このゲートアクセス理論をよくよく調べてみると全然理論的ではないことに気づきました。

 

と、言うことはキャピキシルやピディオキシジルがゲートアクセス理論によって頭皮に浸透すると言っていますが実際には全然頭皮に浸透しないのでは?と思った次第です。それでは実際には私がゲートアクセス理論について調べた個人的な見解をどうぞ!

 

ゲートアクセス理論とは?

まず、はゲートアクセス理論がどういうものなのかをわかりやすく解説します。

 

ゲートアクセス理論の鍵となるのはカプサイシンという成分です。カプサイシンは唐辛子の辛味おもたらす主成分で結構有名な成分なのであなたもカプサイシンという言葉を聞いた事があるのではないでしょか?

 

そして、ゲートアクセス理論はこの辛いものを食べた時にドット汗が吹き出る原理を応用して固く閉じられた状態の毛穴を一時的に柔軟化して開きキャピキシルやピディオキシジルなどの育毛成分を毛根まで届けるとい理論です。

 

頭皮にカプサイシンを塗っても意味がない!

フィンジア独自のゲートアクセス理論には決定的な穴があります。それがカプサイシンによる毛穴の開く原理についての認識です。

フィンジアのゲートアクセス理論はカプサイシンそのものが毛穴を開いて汗を拭き出させるという認識のようですが実はそうではありません。

 

辛いものを食べて汗が吹き出る原因は「味覚性発汗」という生理現象が関係しています。

 

例を出して説明すると、唐辛子などの辛味を食べた場合に汗が吹き出た経験がないですか?この時、舌で感じた刺激が味覚ではなく痛さや熱さを感じる感覚神経で脳に伝えられることにより生理現象として発汗するように人の身体は作られています。(ただし、なぜ汗が出るのかは今の所わかっていないようです。)

 

つまり、辛味を食べた時に刺激を味覚ではなく感覚神経で脳に伝えた場合に起こる現象であって、カプサイシンの作用で汗が吹き出ているわけではないのです。

 

その証拠に、辛いものをではなくレモンなどの酸っぱいものを食べた時にまパッと毛穴が開いて汗が出てくる経験があると思います。つまり、別にカプサイシンのような辛味ではなくても起こりうる現象だということです。

 

その点から考えるとカプサイシンを育毛液に配合して頭皮に塗ったところで汗は吹き出ないという結論に至りました。

 

想像してみてください。仮に七味唐辛子を手に吹きかけたところで毛穴が開いて汗が出てくるということはないと思います。でも、唐辛子をそのまま口に含むと汗が吹き出てきます。

 

やはり、ゲートアクセス理論はカプサイシンと汗の関係性を全く理解せずに、イメージだけで導き出した理論的ではない理論だと思います。

Next.フィンジアは医薬部外品ですらなく化粧品

コメントを残す