フィンジアのキャピキシル・ピディオキシジルは最も効果があるのか?

フィンジアにはキャピキシルとピディオキシジルという育毛業界で話題の新成分が配合されていますがこれらの成分は本当に有効なのでしょうか?

 

実際にフィンジアを使ってみて効果があった私の立場からするとこれらの2成分の育毛効果については効果があるように思います。しかし、フィンジアの使用者の中には効果がなかったとい言っている人もいるのは事実です。

 

そこで、この疑問について詳しく調べてみました。その結果、フィンジアに配合されているキャピキシルとピディオキシジルは最も効果がある成分ではなく、ミノキシジルとフィナステリドという成分が最も育毛効果が期待できる成分だということが分かりました。

 

しかし、それらの成分は医薬品に分類される成分なので副作用の危険性があります。そして、副作用の危険性がない育毛成分の中ではキャピキシルとピディオキシジルが最も効果がある育毛成分なのではないかという結論に至りました。

男性型脱毛症診断ガイドラインから成分を考察

男性型脱毛症診断ガイドラインとは公益社団法人である日本皮膚科学会が作成した薄毛治療についてのガイドラインです。このガイドラインを作成した経緯はこのように記されています。

最近になり男性型脱毛症に有効な外用,内服の育毛剤が開発され,皮膚科診療においても積極的に使用されるようになってきた.しかし,それでもなお皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が社会的に横行し,無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくない。
このような現状の中で,科学的根拠に基づいた情報を選び出し,男性型脱毛症の診療ガイドラインを作成することは,医師,患者双方にとって標準的治療法を促進するために重要である.欧米では既に診療ガイドラインが作成・公開されているが,人種,医療制度,社会的背景などに大きな違いがあり,そのままわが国の診療ガイドラインとして受け入れるのは難しい.そこで,わが国の実情に即した男性型脱毛症診療ガイドラインの作成にとりかかった。

つまり、現在販売されている育毛剤や育毛治療の中には科学的根拠に基づかないモノが多いく、そういった意味のない治療や育毛を行う人を減らす為に作成されたのです。

 

 

A 行うよう強く勧められる(少なくとも 1 つの有効性を示すレベルIもしくは良質のレベルIIの科学的根拠があること)
B 行うよう勧められる(少なくとも 1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベルIIか良質のレベルIIIあるいは非常に良質のIVの科学的根拠があること)
C1  行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がない(質の劣るIII~IV,良質な複数のV,あるいは委員会が認めるVI)
C2 根拠がないので勧められない(有効の科学的根拠がない,あるいは無効であるエビデンスがある)
D 行わないよう勧められる(無効あるいは有害であることを示す良質の根拠がある)

このガイドラインでは薄毛の治療を行う上で上記の成分の推奨度がA、B、C1、C2、Dの5段階で判定されています。そして、育毛に有効だと言われている成分の中でミノキシジルとフィナステリドだけがA評価を獲得しています。

 

私も調べて驚いたのですが、実は育毛に最も効果があるとされている成分はミノキシジルとフィナステリドです。これは人工知能やら無人で車を運転することが出来る科学技術が発達している2018年現在においても20年前から使用されているこの二つの成分に変わりはないようです。

ということはキャピキシルとピディオキシジルには効果がないのか?

育毛効果が最もある成分はミノキシジルとフィナステリドということはわかってもらえたと思います。では、キャピキシルとピディオキシジルには育毛効果はないのかというとそうではないと思います。

 

まず、ピディオキシジルについては別名でミノキシジル誘導体と呼ばれる成分で、成分構造がミノキシジルに酷似した成分なのです。というのも、ミノキシジルには副作用の危険性があるので、万人に使用できる育毛成分として副作用のないミノキシジルに改良しようとして開発された成分がピディオキシジルなのです。

 

ただ、構造が違うのでミノキシジルと全く同じ効果は期待できないとは思いますが、成分の構造がほとんど同じであれば多少の違いはあっても育毛効果が全くないと言う事はないのではないでしょうか。

 

次に、キャピキシルについてです。キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があると誤解されているのですが、ミノキシジルの3倍の効果はないと思います。なぜ、そのように誤解されたのかというと、キャピキシルとミノキシジルの毛髪成長率を比較した実験結果が原因だと思われます。

 

キャピキシルとミノキシジルの毛髪成長率を比較した結果、キャピキシルからミノキシジルの3倍の毛髪成長率があったようなのです。ただ、これはあくまでも毛髪成長率の数値だけであって、実際の薄毛を改善するには発毛作用が大きく影響するのでミノキシジルの方が効果があるというわけです。

 

ですが、毛髪成長率に関しては確かにミノキシジルの3倍の数値を出しているのでキャピキシルに全く効果がないとは言えないと思います。

キャピキシル・ピディオキシジルは国から有効成分として認められていない?

実は、キャピキシルとぴでピディオキシジルは国から有効成分としては認められていません。この点だけを切り取って多くの人はキャピキシルとピディオキシジルには育毛効果はないと言っている人がとても多いです。

 

これだけ育毛業界でも話題の新成分であるキャピキシルとピディオキシジルはなぜ有効成分として厚生労働省から認められていないのか?

 

これはあくまでも個人的な推測なのですが、キャピキシルとピディオキシジルはまだ開発されて間もない成分であり、国が有効成分として認めるためにはある程度の期間と実績やデータが必要なので、その条件を満たしていないのではと思います。

 

育毛成分として最も有名であるミノキシジル育毛剤はアメリカで開発されたらしいのですが、そのミノキシジル育毛剤でさえ日本国内で販売できるようになるには5年以上かかったと言われています。

 

なので、もしかしたらもう少し時間が経過したらキャピキシルやピディオキシジルも有効成分として認められる日が来るかもしれませんし、育毛成分の新常識として配合されている可能性もあるのではないでしょうか。

キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルとフィナステリドの関係に似ている

最近では薄毛をAGAクリニックの知名度も上がってきて、薄毛を病院で処方される薬によって治療する人も増えてきているようです。

 

そして、病院のAGA治療でよく使われるのが上記の男性型脱毛症ガイドラインでも紹介されているミノキシジルのフィナステリドの組み合わせでの治療です。多くの人はミノキシジルとフィナステリドを同じような効果が期待できる育毛成分だと勘違いしているのですが、実は期待できる効果は違います。

ミノキシジル・・・育毛、発毛促進を行う

フィナステリド・・・脱毛の抑制を行う

ミノキシジルで育毛・発毛促進を行い、フィナステリドで脱毛抑制を行う事でより効果的に薄毛を改善することが出来るというわけなのです。

そして、この仕組みは実はキャピキシルとピディオキシジルでも同じような関係になっています。

キャピキシル ⇒ 脱毛抑制効果が期待できる

ピディオキシジル ⇒ 育毛効果が期待できる

キャピキシルとピディオキシジルの効果に関しては別の記事で詳しく説明しているのでここでは割愛しますが、キャピキシルには脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制する作用があり、ピディオキシジルは別名でミノキジル誘導体と呼ばれるほどミノキシジルによく似た成分であることから育毛効果が期待できます。

 

つまり、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルとフィナステリドのように成分としての相性が良いのです。

まとめ:ミノキシジル育毛剤の方が効果があるのは確か!

という事で、フィンジアに配合されている成分であるキャピキシルとピディオキシジルは本当に効果があるのか?という事について徹底的に調べてきましたが、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルとフィナステリドには効果が劣っていることは確かです。

 

これは日本皮膚科学会が公表している男性型脱毛症診断ガイドラインを見てもはっきりと分かりますし、ミノキシジルとフィナステリドが医薬品成分として国から認められていることから考えても明白です。

 

ただ、だからと言ってキャピキシルとピディオキシジルは全くダメなのかというとそういうわけではありません。ミノキシジルとフィナステリドには副作用の危険性がありますが、キャピキシルとピディオキシジルには副作用の危険性がありません。

 

また、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルとフィナステリドのように育毛と脱毛予防を効率的に行うことができる成分です。

 

なので、確かにミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品成分のような効果は期待できませんが、副作用のない育毛成分の中ではキャピキシルとピディオキシジルが最も効果が期待できる成分なのではないかと思います。
 

コメントを残す