キャピキシルに関する知恵袋での参考になる書き込みまとめ!

2016y06m06d_234919294

キャピキシルに関する知恵袋の書き込みまとめました!

キャピキシル含有の育毛剤が医薬品と認可されれば効果があるでしょうが、ネットでしか買えないのであればほとんど効果は期待できませんね。プロペシアにしても脱毛を防ぐ薬ですが効果があるのは10人に1人です。インポになるどの精力減退があります。生活習慣を見直すことをお勧めします。

確かに、ネットでしか買えないという点に疑問があります。しかも、頭皮に塗るタイプの育毛剤は育毛成分の吸収率が悪く、そこまで劇的な効果は期待できないといわれています。

 

ミノキシジル⇒発毛を促す薬。

血管拡張剤として開発された成分。発毛効果があるとされタブレットの他外用薬がある。国内ではリアップX5等に使用されている。

フィナステリド⇒脱毛を抑制する薬。

抗アンドロゲン薬(男性ホルモンが髪に悪影響を及ぼすメカニズム自体を抑える薬)。似た作用を持つの薬にデュタステリドがあり、アボルブという商品名で販売されている。数か月前にザガーロという同成分の医薬品が厚労省から製造販売承認を取得したが2016年1月現在、未だ販売に至らず。

キャピキシル⇒発毛を促すと同時に脱毛を抑制する(と言われている)。ただし化粧品区分。

私が個人的に調べた結果も同じでした。だから、ミノキシジルとフィナステリドの服用を行うことで発毛と抜け毛の抑制を同時に行うことができ、より効果的な育毛ができるらしいです。

 

カナダのルーカスマイヤーコスメティックス社(Lucas Meyer Cosmetics)が開発した育毛成分。
ミノキシジルの3倍、毛包を成長させたというデータがある。

これがひとり歩きしてミノキシジルの3倍の効果となっている。読めばわかるが必ずしも効果が3倍ではない。しかし、ある程度のエビデンスが実証されており一概にバカにはできない。国内ではスカルプ・エッセンスとして販売されている。

まさしく正しい意見で、ミノキシジルの3倍毛包を成長させるデータが出ているのであって、育毛効果が3倍なわけではありません。多くの口コミサイトではあたかもミノキシジルの3倍の効果があるとご表記しているので注意が必要です。

コメントを残す