フィンジアにミノキシジルのような血管拡張作用はあるのか?

フィンジアにはミノキシジルの分子配列を一部組み替えて出来ているピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)と言う成分が配合されています。

実はミノキシジルは育毛剤として使用される前に、高血圧患者の為の血管拡張剤として使用されてきました。そして、ミノキシジルを処方された患者に薄毛が改善すると言う副作用の報告が多数出てきたことから育毛剤に使用する事が出来るのではと言う事で開発がが進められました。

ミノキシジルはこの血管拡張剤作用によって血流がよくなる事で毛乳頭に栄養が行き渡り育毛促進されているのではないかと言われています。では、ミノキシジルと良く似た成分であるピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)についても血管拡張作用があるのでしょうか。

私の個人的な見解なのですが、ピディオキシジルには血管拡張作用がある可能性は極めて低いと考えられます。その理由はフィンジアは高血圧の人の使用を禁止していないからです。

ミノキシジルは低血圧の人の使用を禁止している

ミノキシジルを配合している国内唯一の発毛剤は大正製薬から販売されているリアップのみです。そして、このリアップの取り扱い説明書を確認すると高血圧の人の使用を禁止しています。

これはやはりリアップに含まれるミノキシジルの血管拡張作用によって低血圧の人の血圧が更に下がってしまう危険性があるからです。

 

また、同じくミノキシジルを含む育毛剤のロゲインにも低血圧の人が使用する事を制限しています。ま〜、そもそもリアップはロゲインを元に作られた育毛剤なので、ロゲインで低血圧の人に使用できなければリアップも使用する事はできないのは当たり前ですが。

と、言う事は血管拡張作用がある成分を配合している育毛剤は低血圧の人は使用すべきではないと言う事です。

・フィンジアには使用制限がない

一方、ミノキシジル誘導体を配合しているフィンジアにはリアップのような制限はなく、低血圧の人でも使用することは可能です。

私はフィンジアを販売しているメーカーに副作用がないかを直接メールで問い合わせたのですが、その際に副作用の心配がないとはっきりと回答が返ってきました。つまり、フィンジアに含まれるミノキシジル誘導体には血管拡張作用はないということがないからこそ、低血圧の人も使用する事が出来るのだという事です。

そうでなければ低血圧のの人がフィンジアを使用すると副作用が起こってしまう危険性があるからです。

血管拡張作用がないということは育毛効果もない可能性が・・・

はじめに言いましたが、ミノキシジルに育毛効果が認められる原因は血管拡張作用より、頭皮の血流よくなる事で毛乳頭に栄養が行き渡ることで育毛促進されるからです。

そして、ミノキシジルと成分構造が似ているミノキシジル誘導体には血管拡張作用がない事は説明しました。

つまり、仮にミノキシジルに似た分子構造だとしても、育毛効果に直結する血管拡張作用がないのであれば育毛効果は期待できないと言うことが言えます。

と、言うことはフィンジアにミノキシジル誘導体が配合されていることで育毛効果が期待できるかと言うと、決してそうとは言えないと言うことがわかると思います。

コメントを残す