ピディオキシジルは効果ないのか本当の事を教えて欲しい!!

ミノキシジルと良く似た成分のミノキシジル誘導体(別名:ピディオキシジル)。このピデオキシジルですが、ミノキシジルと同じような育毛効果が期待されるうえに、ミノキシジルの唯一の欠点でもある副作用がないということで注目を集めている成分です。しかし、本当にそんな都合のいい成分があるのでしょうか。実際にいろいろ調べてみました。

成分構造がほぼ同じ?

ピディオキシジルは育毛に最も効果があると言われている成分であるミノキシジルとほぼ同じ分子構造をした成分です。と、言うよりは、ミノキシジルの育毛効果を残したまま、副作用を無くすことが出来ないかと考えて開発された成分がピディオキシジルなのです。

つまり、ピディオキシジルはミノキシジルを元に作った成分であり、似てて当たり前というわけです。

どこが違うのか?

ミノキシジルとピディオキシジルの原子構造の違いについてですが画像の丸で囲んでいる部分がミノキシジルは六角形なのに対してピディオキシジルは五角形になっています。

これはミノキシジルを構成する丸の部分の分子の炭素が1つ少ない事を示しています。つまり、簡単にいうとミノキシジルを構成する成分の一部分の分子から炭素を1つ取り除いたものがピディオキシジルというわけです。

ピディオキシジルの効果は

ピディオキシジルはミノキシジルとほとんど分子構造は変わらない事は説明しましたが、実際に効果に違いはあるのでしょうか?化学的な観点から見ると分子構造の違いは小さいとしても効果に大きな違いがある事は珍しくありません。

事実、ミノキシジルは副作用の危険性があるのに対してピディオキシジルには副作用の危険性がないとい事から見ても成分の違いは明らかです。

ミノキシジルは血管拡張作用により育毛促進する

ミノキシジルの体に及ぼす作用として最も影響が大きいのが血管拡張作用です。ミノキシジルはもともと低血圧患者の治療薬として使用されており、その副作用として育毛効果が認められた事から育毛剤として使用される事となりました。

そして、ミノキシジルに育毛効果があるのはこの血管拡張作用が大きく関係しています。ミノキシジルにより、血管が拡張される事で血流が良くなります。血流が良くなると血液によって毛根に言えようが行き渡り育毛促進されるというメカニズムです。

ピディオキシジルには血管拡張作用はない

一方、ピディオキシジルについてはミノキシジルと似た分子構造ですが血管拡張作用はありません。その理由はピディオキシジルが含まれる育毛剤フィンジアの使用上の注意を確認すれば明らかです。

ミノキシジルを含む大正製薬から販売されているリアップには使用上の注意のところに使用規制が設けられており、低血圧の人は使用しないように禁じられています。これは低血圧の人がミノキシジルを使う事で血管が拡張されてしまい、更に血圧が下がって健康被害が出る可能性があるからです。

一方、ピディオキシジル成分を配合しているフィンジアの使用上の注意には低血圧の人のへの使用は制限されていません。これは、ピディオキシジルには血管拡張作用がないため低血圧の人が使用しても特に問題がないからです。

血管拡張作用がないという事は効果もない

ミノキシジルに育毛効果が認められている理由は血管拡張作用による血行促進です。そして、ピディオキシジルには血管拡張作用がないという事はいくら成分の構造が似ていたとしても育毛効果は似て非なるものと言わざるを得ないと思います。

その他にも、ミノキシジルを配合している育毛剤は医薬品という言わば薬としての位置付けであるのに対して、ピディオキシジルを含む育毛剤については医薬品どころか医薬部外品にすら認定されておらず、位置付けとしては効果が気休め程度の化粧品という扱いです。

と言う事で、多くの口コミサイトではピディオキシジルはミノキシジルと同等の効果を持ちながら副作用の心配がない成分と言うように言われていますが、決してそんな事はないと個人的には思いますのであまり口コミサイトの情報を鵜呑みにしない方がいいですね。

コメントを残す