フィンジアのキャピキシルとピディオキシジル以外の成分の効果は?

フィンジアにはキャピキシル・ピディオキシジル・カプサイシンの他にも10種類の毛髪成分が配合されています。フィンジアは特にキャピキシルやピディオキシジルという新成分が注目されがちですが、それ以外の成分についての効果はどうなのでしょうか。

 

実際にフィンジアを使って効果がなかった私の意見と、成分についての見解を伝えていきたいと思います。

10種類しか毛髪成分を含んでいないのにアルコールが多すぎる

育毛剤には数十種類の成分が配合されている育毛剤が大い中、フィンジアは13種類の成分しか含まれていません。フィンジアに含まれている成分の詳細は見てみると、

■ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)

■アセチルテトラペプチド-3+アカツメクサ花エキス(キャピキシル)

■パンテノール

■センブリエキス

■ビワ葉エキス

■褐藻エキス

■グリチルリン酸2k

■トウガラシ果実エキス

■ボタンエキス

■フユボタイジュ花エキス

■ヒキオコシ葉/茎エキス

■ヒオウギエキス

■キハダ皮樹エキス

見た感じ効果のありそうな成分が入っているので印象としては悪くありません。でも、注意しておかなければいけないのは成分がそのまま配合されているわけではなく、エキスとして配合されているという点です。

 

エキスとして配合されているということは液体として抽出しているわけなので、本来それらの天然植物が持つ効果をどこまで維持できているかわ微妙なところです。

 

しかも、これらの成分は天然成分なので長期保存が難しい為、衛生的に品質を維持するためにアルコールを一緒に配合します。これは他の育毛剤にもほとんど配合されているのですが、フィンジアは13種類の成分しか配合されていないのに数十種類以上配合も天然成分が配合されいる育毛剤よりもアルコールの割合が多いのです。その証拠に、成分が多い順に記載されているフィンジアの成分表には一番初めにエタノール(アルコール)の記載があります。

 

これが原因でフィンジアを使用した時に他の育毛剤に比べてアルコールの鼻にツーンとくる匂いがするのも納得できます。

 

実は天然〇〇エキスは育毛効果が立証されていない

毛髪成分としてフィンジアに配合されている13種類の成分内、センブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムについては厚生労働省から成分の有効性が認められていますが、それ以外の成分については実は育毛効果が認められていません。

 

これはフィンジアの最も売りの部分であるキャピキシル・ピディオキシジル・カプサイシンについても同様で育毛効果が科学的に立証されているわけではないのです。

 

フィンジアを購入前に公式サイトで『フィンジアはなんか効きそうな成分が入っているな~』とイメージ的にとらえていましたが、現実は全然違いました。もちろん、これは私が事前に育毛成分についてしっかりと勉強しておけば購入後に後悔することはなかったのだと思います。

 

と、いうことでフィンジアは他の育毛剤よりも凄そうな成分が配合しているかのように思われがちですが、実は全然そんなことはなくて、むしろ配合されている成分としては他の育毛剤よりも劣っていると思います。それなのに他の育毛剤よりも量が少ないうえに高額な値段設定というのは個人的に納得がいかないですね。

 

コメントを残す