フィンジアの育毛効果がミノキシジルの3倍は真っ赤な嘘!?

多くのフィンジアの口コミサイトで無責任に書かれているフィンジアの育毛効果。フィンジアに含まれるキャピキシルがミノキシジルの3倍の育毛効果がある噂されている為、フィンジアはミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できると何の根拠もなく記載しているサイトが目立ちます。

しかし、フィンジアにはミノキシジルを含む育毛剤の3倍の育毛効果は期待できないので、もし誤解している人がいる場合には注意が必要です。

キャピキシルにミノキシジルの3倍の育毛効果はない?

あまり知らない方も多いかもしれませんが、フィンジアの最も特徴的な部分はキャピキシルという成分が配合されていることです。このキャピキシルという成分は、カナダの化粧品会社が開発した新しい育毛成分でアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3で出来ています。

このキャピキシルは育毛業界で今注目を集めているのですが、その理由は副作用がないにも関わらず、実験結果にってある数値がミノキシジルの3倍の数値を示したからです。その数値というのが発毛シグナルです。

しかし、これは言葉のマジックで髪の毛が成長する過程で毛母細胞から出される発毛シグナルの量が3倍出ているというだけで、キャピキシルの育毛効果がミノキシジルの3倍の効果があるというわけではありません。

しかも、データの出所が・・・・

しかも、そのキャピキシルがミノキシジルの3倍の数値を示した研究データを公開しているところが、キャピキシルの開発メーカーの実験データです。つまり、自分のところで開発した成分を自分のところで実験し、自分のところに都合のいいデータだけを公表している可能性も十分に考えられるので、データの信憑性にも疑問が残ります。

また、現在の医学で育毛効果に医学的根拠があるとされている育毛成分はミノキシジルとフィナステリドだけだということは、日本皮膚科学会が発表している男性型脱毛症(AGA)診断ガイドラインでもハッキリと記載されている為、そもそもキャピキシルにどれだけの育毛効果があるのかも微妙なところです。

そういった観点から言っても、フィンジアよりもミノキシジルの方が育毛効果があるのは一目瞭然であり、育毛剤を使用するならミノキシジル成分を含む育毛剤を使用すべきです。

 

キャピキシルの知名度の低さと話題性の無さが証拠

フィンジアを使っている人であれば『キャピキシル』という成分を聞いたことがあるかもしれませんが、フィンジアを使ったことがない人はキャピキシルという成分を初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか?

それも、そのはずでキャピキシルという成分は知名度が全然ありません。開発されてからすでに数年経過しているのにですよ?しかも、育毛にもっとも効果があるとされているミノキシジルが日本に上陸した時には、日本でかなり話題になったのに対してキャピキシルに関しては全く話題になっていない有様。

もし、本当にミノキシジルの3倍の育毛効果がある上に、副作用の心配がないのであればミノキシジル以上に話題になってもいいはずなのに、ならないということはやはりミノキシジルほどの効果は期待できないという証拠です。

実際に、キャピキシルを含むフィンジアは医薬品どころか医薬部外品にも認定されておらず、化粧品に分類される育毛剤です。そんな化粧品育毛剤がミノキシジルを含む医薬品育毛剤よりも効果があるはずがないのです。

医薬品育毛剤の副作用が気になるなら医薬部外品育毛剤

薄毛に悩む人の中にはミノキシジル成分を含む医薬品育毛剤を使用したいけれで副作用の心配があったり、今まで今まで使っていたけど副作用に悩まされて使用を止めたという人も多いようです。そういう方たちがミノキシジル成分によく似たピディオキシジル(別名:ミノキシジル誘導体)とキャピキシルを配合したフィンジアを購入するようです。

 

しかし、先述した通り、フィンジアは化粧品育毛剤なので育毛効果はほとんどありません。なぜ、フィンジアが医薬部外品に認められていないかと厚生労働省が育毛効果を認可した成分が配合されていないからです。つまり、フィンジアに含まれている育毛成分の効果には疑問があることから医薬部外品としても認定されていないのです。となると、厚生労働省が育毛効果を認可している成分を配合している医薬部外品育毛剤を使うほうが育毛効果が期待できるというわけです。

 

と、言うことでキャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があるというのは真っ赤な嘘であり、なおかつ医薬部外品育毛剤よりも効果が期待できないということもフィンジア購入前に頭の中に入れておいたほうがいいですね。

コメントを残す