フィンジアの育毛効果がミノキシジルの3倍は真っ赤な嘘!?

2016y01m07d_220605155

 

多くのフィンジアの口コミサイトで無責任に書かれているフィンジアの育毛効果。フィンジアに含まれるキャピキシルがミノキシジルの3倍の育毛効果がある噂されている為、フィンジアはミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できると何の根拠もなく記載しているサイトを目にします。

 

しかし、フィンジアにはミノキシジルを含む育毛剤の3倍の育毛効果は期待できないので、もし誤解している人がいる場合には注意が必要です。

 

キャピキシルにミノキシジルの3倍の育毛効果はない?

2016y01m07d_220805943あまり知らない方も多いかもしれませんが、フィンジアの最も特徴的な部分はキャピキシルという成分が配合されていることです。

 

このキャピキシルという成分は、カナダの化粧品会社が開発した新しい育毛成分でアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3で出来ています。

 

このキャピキシルは育毛業界で今注目を集めているのですが、その理由は副作用がないにも関わらずある数値の実験結果がミノキシジルの3倍の数値を示したからです。

 

その数値というのが発毛シグナルです。

 

しかし、これは言葉のマジックで髪の毛が成長する過程で毛母細胞から出される発毛シグナルの量が3倍出ているというだけで、キャピキシルの育毛効果がミノキシジルの3倍の効果があるというわけではありません。

 

しかも、データの出所が・・・・

2016y01m07d_220911063
しかも、そのキャピキシルがミノキシジルの3倍の数値を示した研究データを公開しているところが、キャピキシルの開発メーカーの実験データです。

 

つまり、自分のところで開発した成分を自分のところで実験し、自分のところに都合のいいデータだけを公表している可能性も十分に考えられるので、データの信憑性にも疑問が残ります。

 

また、現在の医学で育毛効果に医学的根拠があるとされている育毛成分はミノキシジルとフィナステリドだけだということは、日本皮膚科学会が発表している男性型脱毛症(AGA)診断ガイドラインでもハッキリと記載されている為、そもそもキャピキシルにどれだけの育毛効果があるのかも微妙なところです。

 

そういった観点から言っても、フィンジアよりもミノキシジルの方が育毛効果があるのは一目瞭然であり、育毛剤を使用するならミノキシジル成分を含む育毛剤を使用すべきです。

 

ただ、ミノキシジルは育毛効果が高い反面、副作用の症状が現れる危険性が高いため、薄毛・抜け毛予防や軽度の薄毛の方にはあまりおすすめしません。

 

そういった方には副作用がなく、ミノキシジルのような効果も期待できる可能性が最も高い育毛剤のフィンジアをお勧めします。

コメントを残す