フィンジアのキャピキシルとピディオキシジル以外の成分の効果は?

フィンジアにはキャピキシル・ピディオキシジル・カプサイシンの他にも10種類の毛髪成分が配合されています。フィンジアは特にキャピキシルやピディオキシジルという新成分が注目されがちですが、それ以外の成分についての効果はどうなのでしょうか。

 

実際にフィンジアを使って効果がなかった私の意見と、成分についての見解を伝えていきたいと思います。

10種類しか毛髪成分を含んでいないのにアルコールが多すぎる

育毛剤には数十種類の成分が配合されている育毛剤が大い中、フィンジアは13種類の成分しか含まれていません。フィンジアに含まれている成分の詳細は見てみると、

■ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)

■アセチルテトラペプチド-3+アカツメクサ花エキス(キャピキシル)

■パンテノール

■センブリエキス

■ビワ葉エキス

■褐藻エキス

■グリチルリン酸2k

■トウガラシ果実エキス

■ボタンエキス

■フユボタイジュ花エキス

■ヒキオコシ葉/茎エキス

■ヒオウギエキス

■キハダ皮樹エキス

見た感じ効果のありそうな成分が入っているので印象としては悪くありません。でも、注意しておかなければいけないのは成分がそのまま配合されているわけではなく、エキスとして配合されているという点です。

 

エキスとして配合されているということは液体として抽出しているわけなので、本来それらの天然植物が持つ効果をどこまで維持できているかわ微妙なところです。

 

しかも、これらの成分は天然成分なので長期保存が難しい為、衛生的に品質を維持するためにアルコールを一緒に配合します。これは他の育毛剤にもほとんど配合されているのですが、フィンジアは13種類の成分しか配合されていないのに数十種類以上配合も天然成分が配合されいる育毛剤よりもアルコールの割合が多いのです。その証拠に、成分が多い順に記載されているフィンジアの成分表には一番初めにエタノール(アルコール)の記載があります。

 

これが原因でフィンジアを使用した時に他の育毛剤に比べてアルコールの鼻にツーンとくる匂いがするのも納得できます。

 

実は天然〇〇エキスは育毛効果が立証されていない

毛髪成分としてフィンジアに配合されている13種類の成分内、センブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムについては厚生労働省から成分の有効性が認められていますが、それ以外の成分については実は育毛効果が認められていません。

 

これはフィンジアの最も売りの部分であるキャピキシル・ピディオキシジル・カプサイシンについても同様で育毛効果が科学的に立証されているわけではないのです。

 

フィンジアを購入前に公式サイトで『フィンジアはなんか効きそうな成分が入っているな~』とイメージ的にとらえていましたが、現実は全然違いました。もちろん、これは私が事前に育毛成分についてしっかりと勉強しておけば購入後に後悔することはなかったのだと思います。

 

と、いうことでフィンジアは他の育毛剤よりも凄そうな成分が配合しているかのように思われがちですが、実は全然そんなことはなくて、むしろ配合されている成分としては他の育毛剤よりも劣っていると思います。それなのに他の育毛剤よりも量が少ないうえに高額な値段設定というのは個人的に納得がいかないですね。

 

フィンジアの育毛効果がミノキシジルの3倍は真っ赤な嘘!?

多くのフィンジアの口コミサイトで無責任に書かれているフィンジアの育毛効果。フィンジアに含まれるキャピキシルがミノキシジルの3倍の育毛効果がある噂されている為、フィンジアはミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できると何の根拠もなく記載しているサイトが目立ちます。

しかし、フィンジアにはミノキシジルを含む育毛剤の3倍の育毛効果は期待できないので、もし誤解している人がいる場合には注意が必要です。

キャピキシルにミノキシジルの3倍の育毛効果はない?

あまり知らない方も多いかもしれませんが、フィンジアの最も特徴的な部分はキャピキシルという成分が配合されていることです。このキャピキシルという成分は、カナダの化粧品会社が開発した新しい育毛成分でアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3で出来ています。

このキャピキシルは育毛業界で今注目を集めているのですが、その理由は副作用がないにも関わらず、実験結果にってある数値がミノキシジルの3倍の数値を示したからです。その数値というのが発毛シグナルです。

しかし、これは言葉のマジックで髪の毛が成長する過程で毛母細胞から出される発毛シグナルの量が3倍出ているというだけで、キャピキシルの育毛効果がミノキシジルの3倍の効果があるというわけではありません。

しかも、データの出所が・・・・

しかも、そのキャピキシルがミノキシジルの3倍の数値を示した研究データを公開しているところが、キャピキシルの開発メーカーの実験データです。つまり、自分のところで開発した成分を自分のところで実験し、自分のところに都合のいいデータだけを公表している可能性も十分に考えられるので、データの信憑性にも疑問が残ります。

また、現在の医学で育毛効果に医学的根拠があるとされている育毛成分はミノキシジルとフィナステリドだけだということは、日本皮膚科学会が発表している男性型脱毛症(AGA)診断ガイドラインでもハッキリと記載されている為、そもそもキャピキシルにどれだけの育毛効果があるのかも微妙なところです。

そういった観点から言っても、フィンジアよりもミノキシジルの方が育毛効果があるのは一目瞭然であり、育毛剤を使用するならミノキシジル成分を含む育毛剤を使用すべきです。

 

キャピキシルの知名度の低さと話題性の無さが証拠

フィンジアを使っている人であれば『キャピキシル』という成分を聞いたことがあるかもしれませんが、フィンジアを使ったことがない人はキャピキシルという成分を初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか?

それも、そのはずでキャピキシルという成分は知名度が全然ありません。開発されてからすでに数年経過しているのにですよ?しかも、育毛にもっとも効果があるとされているミノキシジルが日本に上陸した時には、日本でかなり話題になったのに対してキャピキシルに関しては全く話題になっていない有様。

もし、本当にミノキシジルの3倍の育毛効果がある上に、副作用の心配がないのであればミノキシジル以上に話題になってもいいはずなのに、ならないということはやはりミノキシジルほどの効果は期待できないという証拠です。

実際に、キャピキシルを含むフィンジアは医薬品どころか医薬部外品にも認定されておらず、化粧品に分類される育毛剤です。そんな化粧品育毛剤がミノキシジルを含む医薬品育毛剤よりも効果があるはずがないのです。

医薬品育毛剤の副作用が気になるなら医薬部外品育毛剤

薄毛に悩む人の中にはミノキシジル成分を含む医薬品育毛剤を使用したいけれで副作用の心配があったり、今まで今まで使っていたけど副作用に悩まされて使用を止めたという人も多いようです。そういう方たちがミノキシジル成分によく似たピディオキシジル(別名:ミノキシジル誘導体)とキャピキシルを配合したフィンジアを購入するようです。

 

しかし、先述した通り、フィンジアは化粧品育毛剤なので育毛効果はほとんどありません。なぜ、フィンジアが医薬部外品に認められていないかと厚生労働省が育毛効果を認可した成分が配合されていないからです。つまり、フィンジアに含まれている育毛成分の効果には疑問があることから医薬部外品としても認定されていないのです。となると、厚生労働省が育毛効果を認可している成分を配合している医薬部外品育毛剤を使うほうが育毛効果が期待できるというわけです。

 

と、言うことでキャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があるというのは真っ赤な嘘であり、なおかつ医薬部外品育毛剤よりも効果が期待できないということもフィンジア購入前に頭の中に入れておいたほうがいいですね。

フィンジアより安いキャピキシル育毛剤最安値のボストンを買うべき?

2015y12m06d_235008135

 

今、育毛業界でも大注目の新成分のキャピキシル。まだまだ、市場に出てきて間もない成分なだけに他の育毛剤と比較しても価格が高いです。

 

しかし、キャピキシルを含む育毛剤の種類が少しずつ増えてきて価格競争が起こり、その結果、キャピキシル配合の育毛剤の価格が安くなり始めています。

 

キャピキシル育毛剤最安値はフィンジアではない?

よくネットの口コミサイトなどではキャピキシル育毛剤の最安値はフィンジアだと言っている口コミサイトがあります。

 

しかし、この情報は完全に間違っています。実際に、キャピキシルを配合している育毛剤で最安値の育毛剤はフィンジアではなく、ボストンスカルプエッセンスという育毛剤です。

 

フィンジアの最安値・・・9,980円2016y01m06d_223423778

 

ボストンスカルプエッセンスの最安値・・・8,267円(24,800円÷3本=8267円)2016y01m06d_223410472


それでも私がフィンジアをおすすめする理由は・・・

上記の通り、フィンジアの最安値とボストンスカルプエッセンスの最安値を比較すると1700円ぐらいボストンスカルプエッセンスの方が安いです。

 

しかし、それでも私はキャピキシル育毛剤を初めて購入する方にはキャピキシル育毛剤最安値のボストンスカルプエッセンスではなくて、フィンジアの購入をおすすめします。その理由は・・・

 

3本ずつの定期購入だから1回あたりの出費が大きい
ボストンスカルプエッセンスの定期コースは全額返金保証の対象外
スポイトタイプの育毛剤なので気になる部分への塗布が難しい

 

以上が、ボストンスカルプエッセンスをおすすめしない理由です。一方、フィンジアの場合は①定期コースは1本ずつの購入なので出費が最小限②フィンジアは定期コースも全額返金保証の対象③スプレータイプなので、ワンプッシュで簡単に気になる部分の塗布できる。

 

というわけで、キャピキシル育毛剤の最安値はフィンジアではなくて、ボストンスカルプエッセンスなのですが、キャピキシル育毛剤を初めて使用するという方にはフィンジアの方が出費が少なく、しかも、全額返金保証がついているのでおすすめです

フィンジアで初期脱毛がおこる可能性が低い理由

育毛剤を使用する前に気になるのが初期脱毛ですよね。髪の毛を増やす目的で育毛剤を使用するのに、初期脱毛によって結果的に抜け毛が増えてしまっては本末転倒です。そこで、フィンジアには初期脱毛があるのかを調べてみました。

 

フィンジアで初期脱毛が起こる可能性は2%以下

フィンジアを使用するうえで気になるのが、使用して1週間~1ヶ月程度で起こる初期脱毛です。しかし、過去にフィンジアを使用していた人や現在も使用している人のほとんどに初期脱毛の症状は起こっていません。

 

私を含め、50人のフィンジアを使用した経験がある人の口コミ情報をすべてチェックしましたが、50人中にフィンジアを使用して初期脱毛の症状が出たといっている人は1人もいませんでした。それを確率で表すと2%以下!!

 

まずは初期脱毛が起こるメカニズムを知る

では、初期脱毛とはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。初期脱毛とは育毛剤を使って、ただただ抜け毛が増えるわけではなく理由があります。まずは、初期脱毛のメカニズムを理解することでフィンジアに初期脱毛が起こる要因があるのかを見ていきます。

 

髪の毛は成長期・後退期・休止期という3つの期間を経て髪の毛が生え変わります。成長期は3~6年の期間があり髪の毛が産毛として生えてから成長するまでの期間を言います。後退期の期間は2~3週間で髪の毛の成長が止まります。そして、休止期は髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えてくるまでの準備期間で数カ月の期間を要します。

 

そして、初期脱毛というのはこの休止期の期間にある髪の毛に働きかけることで起こります。休止期の髪の毛の下には次に生えてくる新しい髪の毛が少しずつ成長しています。初期脱毛はこの新しく生えてくる髪の毛に栄養を送ることで、通常よりも早く髪の毛を成長させて古い抜ける準備をしている休止期の髪の毛を押し出すことから起こります。

 

つまり、初期脱毛とは育毛剤のはたらきかけにより、今後生えてくる新しい髪の毛が育毛されているいわばサインなのです。

 

フィンジアでは初期脱毛はおこらない

そして、フィンジアで初期脱毛が起こるかについてですが、起こる可能性はかなり低いといえます。そもそも、フィンジアに含まれる成分は効果が高い医薬品や医薬部外品に分類されおらず、効果が緩やかな化粧品に分類されるからです。

 

つまり、髪の毛に働き掛ける作用はかなり緩やかなので新しく生えてくる髪の毛を急速に育毛する可能性は低いといえます。また、体への影響が少ないことからフィンジアには副作用がないと言われている所以です。

 

実はミノキシジル育毛剤(外用)でも初期脱毛はあまり起こらない

フィンジアでは初期脱毛が起こる確率は低いといいましたが、実はミノキシジル成分を含む外用タイプの育毛剤でも初期脱毛はあまり起こらないといわれています。

 

なぜなら、ミノキシジル外用の育毛剤は頭皮からの育毛成分の吸収率はそこまで良くないため、使用してすぐに育毛効果が出てきにくいからです。一方、内服タイプの育毛剤(ミノキシジルタブレットなど)については、成分の吸収率が高いので初期脱毛の起こる確率はグーンと上がります。

 

つまり、ミノキシジル外用よりもさらに効果が薄いフィンジアに至っては初期脱毛が起こる可能性は極めて低いと言えます。
言い換えると、初期脱毛というのは育毛効果が表れている指標のようなものであり、初期脱毛の起こる可能性が低いフィンジアに関しては育毛効果があまりないともいえるのです。

フィンジアの2チャンネルの評価が酷評過ぎてヤバい!w

2016y01m05d_231437487

話題の成分が配合されている育毛剤フィンジア。ネットの口コミサイトではまずまずの評価のようですが、大手掲示板2chでのフィンジアの評価はかなり悪いようです。

 

フィンジアの2チャンネルの評価は?

2016y01m05d_2318573892ch住人のフィンジアの口コミ評価の大半は効果があるのか疑問視する声や怪しいという声が多く、ミノキシジルやフィナステリドの使用を推奨する人が大半です。

  • フィンジアに含まれるキャピキシルの効果が3倍と言われているけど、何が3倍なのかはハッキリしない。
  • 本当にキャピキシルに効果があるんだったら、ミノキシジルのような飲むタイプのタブレットを作ればいいのに。
  • フィンジア自体がそこまで話題になっていないのがその育毛効果を物語っているにでは?
  • 量の割に高すぎる!!

 しかし、中には・・・

2016y01m05d_231842738しかし、2ch掲示板の書き込みの中にも、若干フィンジアに希望をもっている人もいるようです。

  • リアップは頭皮が荒れて続けられなかったけど、フィンジアは今のところは頭皮の荒れたいない。後は効果が出てくればいいけど・・・。
  • 液はミノキシジル系の育毛剤のようにベタつきはなく、夜寝る前に付けてもサラサラな感じ。
  • ミノキシジルタブレットと併用して使用すると髪が生えた。
  • フィンジアって通販で買える普通の市販されている育毛剤でしょ?怪しさしかないけど気になる・・・

 

結局のところ・・・

結局のところ、2chの掲示板でのフィンジアの評価は大半がフィンジアよりもミノキシジルやフィナステリドの使用をすすめる人が多かったです。

 

実は、私自身もフィンジアよりもミノキシジルやフィナステリドの方が育毛効果が高いという意見には同意です。

 

しかし、ミノキシジル・フィナステリドには副作用がある為、すべての人におすすめできる育毛法ではありません。私もミノキシジルの副作用が原因でミノキシジル育毛剤の使用を辞めました。

 

そして、そういったミノキシジル・フィナステリドの副作用が心配な方にはフィンジアを使ってみる価値は十分にある育毛剤だと私自身が実際に使ってみた思った率直な感想です。